懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

No.821 如何様鍼灸師さん

ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト

コスモタイガーⅡ バンダイ キットではノンスケール

 説明不要? 日本アニメの2大巨頭として今も人気の不沈船 宇宙戦艦ヤマト

その2作目(TVと劇場版も)から艦載機となり ヤマトを守る
地球防衛軍の戦闘機。

しかし なんで2? 最初の艦載機はブラックタイガーだし名前違うよね?
って疑問は在るんだが なんか色々在るみたい。
(ブラックタイガーは じつは部隊名だとか)

懐かしさ という点では 今もって継続されていますが
(去年に初の実写映画が。 ってコメントが後々時代を語る♪)
 
最初のキット製作は6年以上前、 一度完成させたが武装強化で改造を。

 そのあいだにEXモデルで出たときは危機感感じたが
スケールが小さいことで安堵し そして数年が過ぎる・・・


ロスタイムからの製作で管理人様には多大なご迷惑をおかけしましたが
自分ではかなり自信作(じぶんでいうなよww)



○改造?解説。

キットではノンスケールとなってます。
なのでコスモゼロとかは機体が小さく そのままでは並べられませんな。

ってことで、ちゃんとした飛行機を作ろうということで
スケールキットに合わせ1/72としました。

コクピット 窓枠ごとF-104スターファイターから切り取り移植。
後ろのバーニアラインまではエポパテで修正。

垂直尾翼や腹のフィン? そしてへさきの角をプラ板で作り直し
翼を薄く。 そのため翼前のビーム口がなくなりました・・・

全体のモールドは浅く細く付け直し 一部追加してます。
機首の4連ビームも2次改修の時にプラパイプで作り直し。


エンジン。 ブロックごとエバーグリーンのプラ板で箱組み(5mmほど伸びてます)
中にコトブキヤか?のバーニアを付けディテールアップ
各部のノズルも同じく追加して、
エンジンの赤いところにも機動変更用のバーニアを追加。 

ベクタースライド(推力方向を変える可変のフィンね)も追加したので
真ん中だけ1cmの延長。これにより寸詰りなデザインは解消されたかと。
(EXは細身のデザイン変更で解消されているような)

飛行機のかなめ、脚!
脚収納部 前はそのまま裏から F-104の前脚のブロックを張り合わせましたが問題は後ろ。

翼には収納できる厚みなんかねぇ!
ってことで胴体に穴を開け プラ板とスケールキットの部品で作り直し 
F-16のタイヤを移植し 脚とびらはプラ板で。

 胴体のキットでは透明ブルーのよくわからない部分はレーダーだろうとおもい
現用機と同じくレドームイエロー(少し濃かったか)

爆装パイロンはハセガワの現用セットから。
武装もそのままなので、宇宙では使えないとか突っ込まないでねww



塗装ですが 元のカラーを尊重しつつ ハイビジカラーで裏は白に。

 地球防衛軍では日本人ばかりで 外人がいない?
ってことでF-104の自衛隊デカールをそのままチョイス。
部隊マークだけは垂直尾翼に合わなかったので 少しいじってます。


 スケールイキットにしたら中途半端感は残るんでしょうが
これがわしの今のMAX・・・


いかがなもんでしょうか?



注) スケールキットは作らないとかミリタリーに知識の無い人がいるかとおもい
いくつか注釈はしてますが 足りないところがあればごめんしてね♪ 


 ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト 

感想を書く(18件) | TOP▲

No.822 真キムさん

プラレス三四郎 プラレス三四郎 プラレス三四郎 プラレス三四郎 プラレス三四郎 プラレス三四郎 プラレス三四郎 プラレス三四郎

「プラレス三四郎」よりバンダイ1/3「柔王丸」

製作コメント

実は結構出来が良いと個人的に思いますので(?)ほとんどキットのまんまです。
改修点は・・
首を新造&ボールジョイント(以下BJと表記)接続
腕の付け根(胴体側)、二の腕回転軸をポリキャップ(以下PCと表記)接続に変更
肩の内部にはポリを入れられずそのままです。
股関節にBJ、モモと脚の付け根はPC接続
足首はダブルBJ接続
元々一体成型だった胸~腰を切り離し腹部をエポパテで造形、内部にBJを組んでます。
肘、膝はポリランナーを軸にしてます。(可動範囲や可動の構造は変えてません)
手首は元がジャンク品で紛失してましたので・・
指を2mmプラ棒、親指やその他はエポパテから自作してます。

塗装については、、
白・・ガイアの大瓶ホワイト
黒・・ガンダムカラーの紺
黄色/赤/青・・・・すべてガンダムカラー
腹・・・ガンダムカラーの紫がかったグレイ(グレー11)
顔や二の腕・・適当に混色

アニメの表現ではかなりテカってる感じでしたので本来なら光沢若しくは半光沢
で仕上げる予定でした・・が、マスキング失敗(またか)したり細部を筆で塗ったりしたのでつや消しクリアーを吹いて誤魔化し・・・もとい、、艶の統一感をもたせました。

顔等については「フレッシュ」色をまんま塗るとナマっぽいかな?
と思いトーンを暗めにしたつもりが・・・・血色わるくなりましたW

反省点としては、、、
首が細い。手首がデカイ(握りきれてない)。可動範囲や関節の処理がイマイチ

など多々ありますが、、在庫がもう一個あるので何時の日かリベンジしたいと思います

プラレス三四郎 

感想を書く(17件) | TOP▲

No.823 ろでむさん

アクロバンチ アクロバンチ アクロバンチ アクロバンチ アクロバンチ アクロバンチ アクロバンチ アクロバンチ アクロバンチ

■ 製作キット:アオシマ教材『1/100アクロバンチ』

■製作者:ろでむ

■ 登場作品:『魔境伝説アクロバンチ』
1982年(昭和57年)5月5日から同年12月24日まで日本テレビ系で放送されロボットアニメ。全24話。
住居であり、探索メカであり、戦闘メカでもある万能ロボット『アクロバンチ』に乗って、地底人『ゴブリン一族』と戦いつつ謎の大秘宝『クワスチカ』を求めて世界遺跡めぐりをする蘭堂ファミリーの物語。

■製作ポイント:
今回製作にあたり、『アクロバンチ』の数話を見直しましたが、ツッコミどころがたくさんあって別の意味で面白いアニメでした。戦闘シーンよりハッタリの利いた金田作画の飛行ポーズが印象的だったので、オープニングアニメの飛行ポーズを参考に、パースモデルとして製作しました。あと幅詰めやパテで形状の加工などを極力をせずにカッコいいアクロバンチを作る!が今回の裏テーマです。
手足の間接は使用せず、接続位置を変更して真鍮線にて胴体に繋いでます。首はパテで上向きに修正し、耳の部分はモールドがダルかったので削り落として市販パーツとプラ材に変更。手首は市販パーツ。羽根は1/144ガンダム00のランドセルとアームを移植してます。別の方向から見るとバランスが悪く破綻してますが、パースモデルなので気にしないw
ベースはタミヤのモデリングペースとスタイロフォームで雪山風に。タイトルは箱から切り抜いてます。主人公のかわりに余っていた聖剣エクスイサーチを刺しときました。

塗装は当初玩具版に合わそうかと(羽根赤かったり差異がある)迷いましたが、結局箱絵に合わせており、汚しも追加してメカ感を強調しております。デカールは市販のものとガンダムデカール各種を使用。羽根の「AKB」表記はもちろんアクロバンチの略ですww

最後に、今回投稿が遅くなってしまい、ばっちさんにご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申しあげます。これに懲りず来年もまた参加できればいいなあ~と思います。

アクロバンチ アクロバンチ アクロバンチ

感想を書く(15件) | TOP▲

No.824 yasさん

レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー レイズナー

蒼き流星SPTレイズナーより1/72レイズナーです。
本編は、当時毎週欠かさず見ていました。
主人公のエイジの誠実なキャラクターが大好きで、
純粋に応援していました。
高橋監督の作品らしく、演出が秀逸で、
幾度と無く涙したりしてましたね。...そんな頃もあったんだよなあ。

このキットは当時確かに手に取り、箱を空けて中身を確認しました。
(当時は自由に箱を開けて、キットの内容を確認させてくれる模型屋さんがほとんどでした。)
その際にどうにもイメージと違っていて、購入をやめてしまったのです。
その後、受験やらほかの趣味に気をとられ、とうとう模型趣味をやめてしまいました。
そういう意味では、あの頃の私が模型をやめる原因になったキットともいえます。

レイズナーは、最近なぜか立体化の機会に恵まれています。
R3をはじめ、各社からトイも続々と発売されました。
ファンとしてはうれしい限りです。

製作に当たっては、設定画を参考に各部調整していきました。
アニメのロボットの場合、各自さまざまなイメージがあり、
実機が存在しない以上、それらすべてが正解と言えます。

それらを手に入れるべくあがくのも、モデラーならではの楽しみ方ですよね。


頭部
前半分はプラ材で製作。後頭部は五ミリくらい幅増し&延長して、エポパテで形を整えました。
キャノピーはエンビ版でバキュームしました。コクピットは設定画を参考に製作。
エイジ君は1/72スケールになるように(大体身長2.4センチくらい)エポパテで製作。
目はどうにか光って見えるようにする手は無いものか?散々悩んでいた所、妻の
「へ?光らせれば良いじゃん。」
の一言で電気工事決定。そんな妻の身も蓋も血も涙も無いところがステキィ~!!
目のパーツをクリアープラで製作し、黄色で塗装。白色&赤色チップダイオードにてレイ&フォロンを再現してみました。
赤のダイオードは透過力が非常に強いようで、黄色で塗装しても、裏から赤色ダイオードで照らせば、赤く見えます。

胴体
キットをカットしながらかなり小型化しました。
おなかの部分はプラ版にて製作。わきの下のバーニアが邪魔でのけぞる方向に可動できなかったので、
バーニア基部をおなかのパーツにスプリング接続してあります。
腰周りは装甲版の形を調整し、スプリングにてつないでいます。

腕部
キットを幅詰め。肩と二の腕は装甲版が開いたV-MAX後の状態を再現したかったので、
ステンレス線とポリランナーで小さな可動軸を製作、仕込んであります。

脚部
腿は幅増し。膝関節はプラ版とポリパーツで製作。すね部分はプラ材にて製作。ここも装甲版展開ギミックを仕込んであります。
膝アーマーのところがせつなかった(泣)。足首は幅つめ。

バックパック
ボタン電池とON-OFF-ONのスイッチを内臓。
バーニアのアームなど、サイズと厚みのバランスをとっています。

ライフル
ダイキャストは重かったので(いや、ホントに)、レジンにて複製しました。


この度は締め切りに大幅に遅れてしまい、主催者のばっち様には大変なご迷惑をおかけしてしまいました。
この場をお借りしてお詫びと、快く参加を許可してくださった事へのお礼を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。

懐コン最高!!

感想を書く(19件) | TOP▲

No.825 イリコ・キュービーさん

テクノポリス21 テクノポリス21 テクノポリス21 テクノポリス21 テクノポリス21 テクノポリス21 テクノポリス21

キット名:テクロイド・ブレーダー 1/16スケール
発売元:(有)アオシマ文化教材社
管理サイト:新旧プラモつくっちゃうぞ!おもちゃもね・・・プラモデル製作日記です!
       http://pramotoy.blog130.fc2.com/

懐コンで発表されていないキットを探して、ふと選定したこの『ブレーダー』・・・
かなりの難物でした。
イデオン・ザンボット3・ダイターン3・アクロバンチなどのアオシマ製品は持っていましたが、出来が**の為に作る勇気がありませんでした。
今回は勇気を振り絞って初改造に挑み、噂のアオシマクオリティーを思い知りました(+o+)

設定画のブレーダーを再現したい!との思いから全身に渡って手を入れました。
頭:芯にしかなっていません。
ボディ:横幅と奥行を詰めて、下半身はほぼ作り直しです。
脚:スネと足は、切・盛・削の作業を繰り返した結果、原型を留めていません。
腕:一番まともでしたが、ここもほぼ原型を留めていません。
製作期間:約2ヶ月
どれ位改造したのか、興味が湧いたらブログでも見てやって下さい。
他の駄作もあるのでよろしければ<(_ _)>

全ての関節をポリキャップとABSボールジョイントに置き換えました。
ヒジとヒザに関しては2重関節にしたのですが・・・
設定画のプロポーションと形状の再現をしたい一念から、可動を犠牲にした結果、旧キットより少し動くかな?程度の可動範囲しか確保出来ませんでした(T_T)。

30年前に出来なかった事を、今やっているので少し大人気ない感じもしますが、最近のプラモを作っているよりず~~~っと楽しいですね。
 これからも旧キットと呼ばれる昔のキットに、当時の思いを込めた駄作を作って行きたいと思います。
 次回開催があれば、スキャニー・ビゴラスで参加したいと思います。
 やっぱり、3体並べたいですな~~
 
 発表の場を作っていだたいた、ぱっち様 有難うございました。

感想を書く(13件) | TOP▲

No.826 真キムさん

イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン 

アオシマ ポケットパワーシリーズ

「Xメカイデオン」「ソロシップ イデオン」

イデオン本体のプロポーションはそのまんまですW
意外に体型は良いのでは?
・・・と思ったワタシの目は節穴??

肩の付け根にポリキャップを埋めたり肘や膝の関節を若干強化して
股関節の接続方法を変更(元キットをお持ちの方は解るかと思います)
拳はキットのものにパテを盛ったり削ったりして加工。
チ〇コ上部の「イデゲージ?」はモールドが潰れていたので携帯デコパーツに置き換え。つま先のカッター?をプラ板から削って作成。
頭部のアンテナ?は真鍮線と1.6mmプラ棒から。
バックパックはノーマル?と羽+ミサイル付のを二個用意WW

あとは・・
ソロシップ/Xメカ 可変時にパーツを配置できる様にネオジウムマグネットを仕込んでありますWW
(首、ランドセル?パーツ、脚部の裏(車輪接続)、スネの前部など)
元キットのギミック
「産卵システム」もとい「カプセル射出ギミック」も健在WW
頭部からカプセル入れて腰の後ろのレバー引いてチ〇コ部から発射!!
脹脛のフタを開けて脚の底から取り出し

なんてこともできますWWW
まあ、、さすがにカプセル内部の「コマ、ヘリコプター、カセットテープ・・・」は面倒になり塗装してませんが・・・・

本来なら箱絵のように(追加パーツ?)デティールアップの予定でしたが・・
気力が続かず断念。。。。。
ソロシップも横のエンジン?の接続用の軸を長くしすぎて肩にあたり失敗WW


以上、黒歴史イデオンでした(爆)

感想を書く(17件) | TOP▲

No.827 如何様鍼灸師さん

イクサー1 イクサー1 イクサー1 イクサー1 イクサー1 イクサー1 イクサー1 イクサー1

戦え!!イクサー1 より イクサー1 
ツクダホビー 1/12

 よく例のジャンボフィギュアと間違えるかと思いますが、
ちゃんとしたプラキットで当時価格1000円。 って再販もないか♪

イクサー1と加納渚との2体セットだが 当時1体500円はかなり高い! 

○イクサー1の説明



作品名は『戦え!!イクサー1』

原作 阿乱霊雑誌レモンピープル(この雑誌を知ってる人はかなりアレ♪)
にのった漫画を原案とした1985~87年
に発売されたOVAで全3巻。

このあとイクサー3という子供みたいなのも出てきますが
当時 「アニメ大好き」という某TV局のおかげで見た人のほうがおおいような。

 女子高生の渚の下へ いきなり私のマスタ-になり宇宙人と戦ってくれ!
で始まる内容もかなりキレた物ですが 女性型の巨大ロボットまで出てきて
今考えればかなり度肝抜かれます。


と、先に出した加納渚と ここまではおんなじ。。。 



で今回の延長戦で ムチムチボディのイクサー1も作ってみました。


○製作

 モールドは単純ですがなかなかパーツの合いが悪いので
シーム(足の服の継ぎ目線)やらわさわさした髪の毛を
シャープに削るのがかなりの苦労!

 そしてボディアーマーも塗装の問題から後付けになるんですが
クリアランスを先に取っておかないとボディは傷つけるわ張り合わせられんわで
ここは要注意かと!

時間がねぇのにサーベルは透明プラ板 削りだし。
イメージは実剣とライトサーベルのあいだのような感じか? 



○塗装

ピンクのレオタード? 白サフの上に蛍光ピンクと レッド
目がちかちかするので・・・シロ混色で薄いピンクにした色を吹いて
 これで少し落ち着いたかな?

服のよくわからない装飾 光ったような表現が出来ればと
シルバーベースに エナメルのクリアイエローとレッドで(基本は全部ラッカー)

髪の毛はオレンジイエローとイエローで陰影を。

ブーツその他は
ダグラムカラー(知ってる人はどれだけいる?)のダークブルーと
タミヤアクリルのロイヤルブルーの混色。


人形2体目で勘が戻ってきたのか かなり細い線がひけたので自己満足の境地♪



 時間がないないとかいいつつ
駆け込みはかなりハードでしたが イクサーの2つをセットで出せたことで
心残りがなくなり ご覧頂いてる人も心晴れた かな っと♪

感想を書く(16件) | TOP▲

No.828 ロデムさん

ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト

■ 製作キット:バンダイ『パトロール戦車』

■製作者:ろでむ

■ 登場作品:『ヤマトよ永遠に』
「パトロール戦車」は映画「ヤマトよ永遠に」で暗黒星団帝国の尖兵が使用した軍用車両。
武装は車体上部に装備された2本の触手のような可動式レーザー砲と本体の上部のバルカン砲、そして下部の機関砲3門。
映画の冒頭にしか登場しない脇役とはいえ、「三脚掃討戦車」と「戦闘爆撃機」と共に地球軍を壊滅に追い込む様は
そのフォルムとあいまって不気味さと異彩を放ってます。

■製作ポイント:
固定ポーズのビネット仕立てにしました。
本体はほぼキットのままで、筋彫りの彫りなおし、市販パーツでディテール追加、一部をナニワネジなどの金属パーツに置き換えただけです。
あと頭部に100均のライトを丸ごと仕込んで発光ギミックを内臓。
クリアーパーツのバキュームフォームする技術はないので、元のキットのプラの薄さを利用して光を透過させてます。
中央に切り込みを入れ、光が目玉のように見えて不気味さが出るようにしました。
後部カバーを外すことでボタンが露出しますが、電池の交換はできません。
ベースは石膏を使用してます。破壊された戦車はHGUCの「MS-06ザクⅡ地上戦セット」に付属のもの。
ちなみにパトロール戦車は8m・・・チトオーバースケールかにゃ?まあイメージとうことで。
未来からきた地球人を偽装する異星人が使用していた戦車なのでボトムズのギルガメス文字や、
判別できない模様や文字デカールを中心に使用してます。

なかなか好キットでした。手に入るならまたつくりたいです。
あと「三脚掃討戦車」も欲しくなってきますが、さて?


ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト

感想を書く(14件) | TOP▲

No.829 真キムさん

シャリバン シャリバン シャリバン シャリバン シャリバン シャリバン シャリバン シャリバン

バンダイ Nスケール 宇宙刑事シャリバン

今回は元キットのレッドメッキを剥がして塗装して完成させました。
先ずシンナーでクリアーレッドを落としてその後「ハイター」風呂に・・・・

表面処理した後、関節部をパテで埋めて針金を通して「可動」としました。
その部分には水周りのゴム補修パテ??
「バスコーク」を盛ってゴム生地?を再現しようとゆう試みでしたが見事失敗しました(爆)
クリアランスの調整や盛り方を失敗したため・・・
「ほとんど動かず、しかも見た目も汚くなりました」

個人的に「リボ〇テック化」が好きではなかったので(そういう風に作られた「作品」を否定はしませんが・・・・)なにかいい方法はないものかと試行錯誤したのですが、、、あえなく自爆WW
普通にB/Jやポリキャップ等を仕込んでおけば良かったと後悔。。

ちなみに肩や脚の付け根にはバスコークは盛ってません。

塗装は・・
先ず黒を吹いてその後、スネや肘の後ろ側をフラットクリアーを吹き・・
マスキングしてからクレオス・スーパーメタリックの「クロームシルバー」を吹き付け
上からクリアーレッドを吹き付け。

マスキング手順を間違えた為、シルバー部分は「クロームシルバー」や黒を筆塗りWWWW
額や胸、腰のマークは付属シール。
肩幅を若干、詰めたのと手首や「レーザーソード」を自作した以外は元キットより性能落としてますWWWWW

最後の投稿で御目汚し失礼しました。

感想を書く(15件) | TOP▲

No.830 Toshikiさん

イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン イデオン

【登場作品】伝説巨神イデオン
【キット名】重機動メカ ドグ・マック
【スケール】1/600
【メーカー】アオシマ
【メインサイト】]模型深夜最終便 http://ameblo.jp/mokei/

低価格のアニメスケールとして先行発売されていた1/610キットに、
降着ポーズ再現用・腕部延長パーツやバジンをレイアウトした1ランナーを追加。
1/600の統一スケールモデルとして発売されたモデル。
確かに身長80mクラスのロボ(?)に1/10のスケール差は無意味ですねw
設定では地上・格闘用重機動メカとのことですが、ムチや蒼い機体カラーなどグフを意識したポジションなのでしょうか。
残念ながら、アバデデ・グリマデはランバ・ラル程のカリスマ性を発揮できませんでしたがw

アニメスケールキットは『懐コン』にて真キム氏が過去制作されておりますが、制作のポイントもほぼ同様です。
異星人メカ臭さをが充満している特異なフォルムを表現したプロポーション自体は良好なので、
関節のポリ化・メインエンジン部のディテール追加・腕部のスプリングや金属線への置き換えなど、解像度を上げる作業に終始しました。
また参考資料に頭部(?)のアップ時描画用の上面詳細が記載されておりましたので、ディテールアップの手掛かりとしてみました。
限りなく選択式に近い差し替えで表現する降着ポーズは、根本に関節技を入れ込むことで両立。
見栄え面でのマイナスポイントはあるものの、自立できない問題点を解決するのには有効な手段でした。

いつまでも消えていかない合わせ目や、最後の最後でポッキリ折れる脚部等のプラ強度など、
やはりイデプラの呪縛は30年発っても健在なようで思っていた以上に時間が掛かってしまいましたが、
その分この当時でもアヴァンギャルドであったであろう不可思議なデザインにちょっと愛着が湧きました。
ちょっとですけどww

当初は『イデオン放映30周年』(2010年現在)ということで巨神での参加を検討しておりましたが、
想像以上に手強く締切までに未完成でしたので、ロスタイム中に突貫で代替作品を仕上げました。
他のコンペはともかく、この『懐コン』だけは棄権や放棄をしたくないという思い入れが強く、
完成度が低いのは承知ながらも末席にでも加えて頂ければ、と思った次第です。

編集・更新作業をご担当されているばっち様、およびロスタイムを稼いで頂いた参加者の皆様に感謝と御礼を申し上げます。


イデオン イデオン

感想を書く(17件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。