懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.118 Itaruさん

「伝説巨神イデオン」より
1/600ギラン・ドウ

伝説巨神イデオン・ギラン・ドウ 伝説巨神イデオン・ギラン・ドウ 伝説巨神イデオン・ギラン・ドウ 伝説巨神イデオン・ギラン・ドウ 伝説巨神イデオン・ギラン・ドウ
アオシマ1/600ギラン・ドウです。
今回の制作でのポイントは、余計な手は加えずにヒケの修正やパーティングラインをキレイにし、ちゃんと塗装をしてあげて、とにかく昔のキットを楽しむこと。これに徹することに決めました。が、

・腰部に引きだし式でポリキャップ関節を追加
・正面と側面のカメラ部(実は過粒子砲、だったらしい)にHアイズを嵌める
・「トシちゃん25才口」(実はホーミングミサイル発射口、だったらしい)にハニカム・エッチングパーツを貼るなどしています。

塗装は
本体=タミヤ・エアモデルスプレー ライトグレイを吹き、腰・ロケットノズル=ライトガンメタル
目の縁・腰=ダークアース
関節カバー・腕のポチポチ=フラットブルーを筆塗り。

スジ彫りがやたらと太いもんだから無理にスミ入れはしていません。設定では全長70数メートルとコンバトラーVよりも大きく、ボーイング747並のデカさなのでスケール感なくすでしょうしね。同じ理由でほとんどウェザリングもしませんでした。

「伝説巨人イデオン」放送時、小学生のわたしが作ったのは1/550。今回のキットはその後の映画版上映時にリニューアルされたもの、らしいです。(何せ'81年あたりでプラモは卒業していたので当時のことわからんのですわ)で、今回作ってみてびっくりしたのがプロポーションの良さ! パーツ割、金型や成型技術はさておき、形状のイメージ再現では、おそらく同時期に発売されてたであろうバンダイのMSVシリーズよりも上を行ってたのではないでしょうか。意外とやるじゃんアオシマ。
関連記事

【この作品へのコメント】

【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。