懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.120 ZACKさん

「銀河漂流バイファム」より
1/144バイファム

銀河漂流バイファム 銀河漂流バイファム 銀河漂流バイファム 銀河漂流バイファム 銀河漂流バイファム
バンダイ1/144バイファムです。
はじめは、フツウに可動モデル、機械としてのRVとかを目指して造ってたんですが、なんか違うな~と。
で、いろいろ考えた結果、ご覧のとおり固定モデルになりました。

1.バイファムは銃を撃つときは「絶対に」両手でかまえなければならない。
2.バイファムは「絶対に」ロディが操縦してるように見えなければならない。

このふたつが可動モデルをあきらめ、固定にした大きな理由でしょうか。

このバイファム、プロポーションはシリーズのうちでも屈指のデキですので、あまりいじる必要もなかったんですが、前後に長く楕円に見える頭部と肩アーマーがちょっと気に食わなかったので、前後に詰めて球形にちかづけました。
あとは、ポーズを決めるために、胴体を集中的にいじりました。
切り刻んで、銃を構えるため前方に向けてすぼまるようにし、さらに前屈させました。
その他、アンテナ・パイプ・バーニアなどを市販のパーツに交換してディテールアップしています。

基本的に一番最初の写真のアングルから見たときに、もっともキマッテ見えるように造りましたので、その他のアングルはイマイチです。
正面から見ると脇が甘かったり…
特に左後方からはとてもお見せできません…左腕が大胆な位置に接続されてるから。

それから主催者でありながら、サフ吹き前の写真がないのは勘弁してください。
デジカメの修理が間に合いませんでした。

それにしても、今回このようなふる~いキット造って思ったんですが、そのまま作ってもそれなりのものが出来上がる最近のガンプラとちがって、なんていうか自分のジツリキがよ~くわかりますね。
改造も、表面処理も、エッジ処理も、塗装も、マスキングも、仕上げも、すべてにおいて試されるなあ~と思いました。
このバイファムを造って自分もまだまだだなあ~と痛感しました。
これからも、ますます精進しなければなりませんね。
関連記事

【この作品へのコメント】

【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。