懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.1095 バトっち:バトルフィーバーロボ

 いわずと知れた、知ってたけど、忘れていた、スーパー戦隊シリーズ、「バトルフィーバーJ」より 「バトルフィーバーロボ」戦隊シリーズ初の巨大ロボですね。
 ボクはガンプラブーム直撃世代ですが、スクラッチの対象としてガンダムやマクロスを避け、誰も造らないモノを目指すと、大体こういう選択になるんです。コイツの製作に当たり掲げた課題は三つ。 一つは可能な限りABS樹脂製のオモチャを流用パーツとして使用すること。 もう一つは、自作パーツや形状の修正をする場合も、出来るだけABS素材でおこなうこと。 日頃から、メタルヒーロー系のオモチャ、百均TOYをコツコツ集め、さらに食玩ロボの見切り商品を投入。 使えそうなパーツを必要な形に近づけるべく切り張り、斬り貼り、キリ盛り・・・モリモリ。それでも足りないところは各種ABC材料を東Qハンズにいったときに買い揃えて補いました。プラモデルの流用パーツは頭部ぐらいで、主要パーツの大部分をABS樹脂で構成されております。 それゆえに製作期間の多くは流用パーツの収集に費やされた、といっても誇張ではありません。 まあ、パズル的な遊びを追及した結果だと思ってください。 そのおかげで、ずいぶん時間はかかりましたが、およそ26cmの大型モデルにふさわしい強度を確保、安心して飾れます。  そして、三つめの課題。このサイズで製作するにいたる真の目的・・・・。それは、「歴代戦隊ロボのDX超合金シリーズと並べられること!」でした。 大きさはいうに及ばずプロポーション的にも初期のスーパー戦隊シリーズのオモチャと並べて違和感の無いように心がけました。 ゆえに、「超合金・魂版」のような各関節可動は、製作当初からまったく考えておりません。 (ちなみに、戦隊ロボのオモチャは好きな戦隊を中心に無理をせず、ゆるゆると集めてます。殆どがジャンク品だったりして・・・) 
 以下、主な流用パーツと工作です。
 ☆頭部:SD武者ZZガンダムをプラ板とエポパテで整形。今回唯一プラモのパーツを使ったところ。 鍬形はABS板。本当はニンジャマン(サムライマンの頭)を使ってみたかった。
 
 ☆胴体と肩:Bファイターを芯に、ここはポリパテで形状を修正しました。肩当ては当初、バキュームフォームで製作したのですが、塗装する段階になってディテールのはく離がおきてしまい、仕方なく型取りしてレジンの複製品と 交換しました。 ここは、カラーレジンの赤にしても良かったかもしれませんな。
 
 ☆腕部:DXビクトリーマーズよりグリーンマーズ。合体すると、太腿になるところです。こちらジャンク品でした。下腕部は適当なサイズの車輪をいくつか重ねたもの。手首はBファイターから流用。
 
 ☆脚:食玩ダイゴヨウと同トラベリオン、プラレールなどをABS板やポリパテで加工。
 
 ☆細部:膝の横の丸いパーツは、仮面ライダークウガのドラゴンロッドより流用。リント文字は意図的に残しました。いいじゃん、別に。武器類は無し! 少々疲れました。 
 
 製作中、胴体に使った流用パーツに合わせて簡単な図面を引いたものの、手足が付いたら思った以上に大きくなり、全長30cmに迫るほどに。 これでは少し大きすぎるので、全長で4cmほど詰めました。 それでもライブロボより大きくなってしまい、それが今作品、最大の誤算でした。武器類を作らなかった理由もこの辺りにあります。

 塗装:基本色は半ツヤです。 半ツヤ黒+青少々、キャラクターレッド、MSイエロー、 メタリックブルーは焼鉄色の上からディープ・クリアーブルーを吹き付けました。他にグリーンゴールド。 シルバーはガンクローム。腕にのみ、ハセガワのメタリックシールを貼りました。
 
 完成後、自宅にある歴代の戦隊ロボと比較写真を撮影。 コレクターとしてはいい加減ですが、これでいいんです。  まぁ、よく見りゃアラもありますが、それほど違和感はないと思います。いかがでしょうか? もし、このサイズで「魂版」のようなプロポーションを目指すなら、アトランジャーを使いフル可動に挑戦しただろうけど、他のロボと並べたら、かなり違う印象になっただろうな。 超合金トイの拡大版ということで、模型としてはあまり例がない作品だと思いますが、放映当時に発売された超合金は、劇中のプロップを参考に設計されていたようです。 

バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち バトっち
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:如何様鍼灸師さんURL
 あ、やっと書き込める。

 画像見るかぎり超合金TOYニしか見えねーですよ。
身長30cm? かなりの大物ですわね。 しかしこれだけポリパテつかってTOYの感覚で子供に触られたらと思うとガクブルですなww

ABSにポリパテ接着や加工 劣化や剥離しないのか?という不安があり手を出しませんが(エポキシ樹脂での製作はあるけど)大物ならではのつくりでしょうか。

今の巨大ロボはごちゃごちゃしすぎて やはりこの年代のほうが見てて落ち着きますなぁ♪






2013/09/04(Wed) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:iyahhoさんURL
模型というのは自己満足の世界だと思っています
フルスクラッチというのはその究極形で、ここまでくると自己満足の域を超えて他をも満足させる迫力があります

とかいう理屈はさておき、とても重量感がありそれが迫力に繋がっております
なんといいますか、オトコノコのハートを鷲掴みというか見れて良かったと思います
それと同時に何も考えずに無邪気にバトルフィーバーを見ていたあの日を思い出します、なんとも懐かしい

ポーズ固定も男らしくていいです
フル可動とかそういうのはバンダイにやらせときゃいいんですよ
兎にも角にも全力で「この人馬鹿だよ!最高の馬鹿だよ!」と褒め称えたい作品です
2013/09/04(Wed) | #EBUSheBA[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。