懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.1085 kopann:バットミサイル

AMT製(海外メーカー)プラスチックモデル/バットマンリターンズ バットミサイル


出展: ティム・バートン監督のバットマンシリーズ第2弾、1992年の映画とのことで懐コンというよりかは幾分とあたらしめのようで・・

バットモービルが緊急離脱用に部品を脱落させて、この形態になります。

模型は部品点数が少なく、組むだけなら殆ど簡単に出来ます(スナップキットに近い)
しかしながら、合わせ目処理やヒケや歪みの成型は結構手間がかかります。

まあ、昔から海外のキットってこんな具合なんですけどね、昔よりかは精度は上がってるようです。

組むだけで特徴あるデザインを充分再現してます。
このキットの白眉はキャノピー部とボディとの合いが天才的にパチピタであることです。

ポリパテなどを使い合わせ目処理などした上で、サフ→ヒケ処理などうねりをとって→セミグロスブラック(捨色)→アルティメットブラック(ガイア)と塗装してます。

仕上げとしてウレタンクリアーを吹いてます。

ハンズで買った2液式(ナカジマというメーカー)のもので、専用の薄め液で割ります、多分ガイアのシンナーでも大丈夫だと思うんですが・・・

こちらの塗装環境は、クレオスのL5コンプレッサーの0.5クレオスのハンドピースです。

充分シンナーで割ってやれば吹き付けるのは大丈夫みたいですが、途中重たくなります(粘度で)、塗装時間も素早くやる必要があります、ハンドピースは後で充分シンナーで空吹きしてやれば問題ないと思います。

約1~2時間で硬化し始めます、まあ一日おけば大丈夫かと、私は半日で研ぎ出しとコンパウンド処理しました、汗

後部ジェットとコクピットに電飾を施しました、電源は9V電池を台座の下に設置。

フィギュアは付いてませんで、こういうのは演じた役者の権利関係があるのかもしれません。

劇中、ボディがマットなのかグロスなのか不明であり、ガンメタぽく見えたり色々に見えます、撮影ミニチュアの他に等身大のモデルも作られたようでです。

他の作例なども参照しようとも、完成作例自体が出てなく、海外サイトのものを参照した次第です、コクピット周辺はあっさりし過ぎてるので、デッチアップしました。

バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル バットミサイル
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:iyahhoさんURL
第二弾って事はキャットウーマンが出てきた奴ですね
新し目といっても20年以上前・・・もうそんなになるんだなぁ
今回でファイナルですが、このまま行くと最近発売になったコトブキヤのガンヘッドなんかもOKになってたのかしらw

電飾がオサレですな
塗装もバットマンのイメージを醸し出していていい感じです
2013/07/28(Sun) | #EBUSheBA[編集]
投稿者:やしんたさんURL
二作目といえばダニー・デビートとの対決の映画ですね。
キートン、デビートといえばどちらもコメディ畑出身の人で日本で例えるなら誰になるかわかりませんが。
バットモービルの分離形態のキットが単品で存在していたとは、、、世界は広いですね。

塗装のアルティメットブラックの響きがティム監督のゴッサムシティにマッチして実にいいですね。
さらに噴射口の赤と室内灯の青の電飾も抜群です。
2013/07/30(Tue) | #u7mWjnu2[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
実のところこの映画見て無いのですが、このクルマにはなぜか覚えがあります・・・
確か、バットモービルが変形した奴でしたよね?って、イラスト有りますね(^^;

キャノピーは開閉可能なんですか?差換え選択なんでしょうか
閉鎖時の「合い」がホントに隙間無くてイイ感じですね
ツヤの具合もテラテラしててキレイですね~♪
2013/07/30(Tue) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:kopannさんURL
iyahhoさん

キャットウーマンとペンギンが出てた映画ですね。

バットマンはほとんど黒なんですが、ツヤあったりなかったり、ライティングの関係か青みがあったりガンメタだったり判別不明なんで、ここらは自分のイメージでいきました(笑)


やしんたさん

はい、ペンギンが出てたやつですね。

この映画キャットウーマン含めて3者の対立構造を上手く描いてます。

キットは映画上映時に出てたんですが、やはりマイナー感があるようで、そんなに売れた感じがしません。

今ではこういう組立てより、トイやマケット関係での良いものが多いですからねぇ。


へてかるぴさん

キャノピー部分はかぱっと外れます、合いはとても良いんです。

ラッカークリアー重ね塗りとか考えたんですが、乾燥時間考えてもウレタンの方がよいと思いまして今回そうしてみました。
2013/08/25(Sun) | #wMURzdEY[編集]
投稿者:如何様鍼灸師さんURL
 ケーブルTVでなんどか映画見ました。 が、このデザインを見たときはすんげぇセンスだと転げましたよ。

艶ねぇ~ バンダイの戦車みたいなやつ作りましたが光の加減でかなり変わりますよね。実物大モノはフラットでミニチュアはグロスっぽかったような(統一しとけよ!)
 オマケに黒でもないしでステルス機の如く何色だよ?と。

 AMTはいい思いではなく車両は特にひずみがひでぇ(ねじれてないだけましか。) 
見た目とコメント以上に苦労してそうwww
2013/08/28(Wed) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:kopannさんURL
如何様鍼灸師さん

映画はミニチュアワークと車内撮影用の等身大内部コクピットのみのモデルだけでよかったんですが、全体的な等身大モデルも作られたようで、たぶんキートンがバットケイブで修理してるシーン用ですかね。

照明関係でも統一してないのか、色んな色に見えてイメージがはっきりしないのです。

いまだに色んな解釈のが世に出てますね。

洋物キットは少ない部品でイメージ再現してるんですが、こういう特徴的なキットなんでひずみが凄かったですね、ツヤにすればするほどそれが出るんで、結構サフして磨いてた気がします(笑)

まあ、よく見ればひずんでますが、光の加減で屈折してるんだと(誤魔かします)
2013/08/28(Wed) | #wMURzdEY[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。