懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.1077 メロウリンク:エイリアン

『エイリアン』
作者名:メロウリンク
使用キット:ALIEN(mpc社製プラキット)1/9スケール


■登場作品概要

『ALIEN』 1979年公開

製作 ゴードン・キャロル デヴィッド・ガイラー ウォルター・ヒル
監督 リドリー・スコット
音楽 ジェリー・ゴールドスミス

『スター・ウォーズ』公開後の大作SF映画ブームの最中で製作され、宇宙物=SF物にホラーを加味した記念碑的作品。
もっとも、ルーツは『恐怖の火星探検』などの1950年代のB級SF映画と言われている。

一作目はイギリス出身でCM監督出身のリドリー・スコット(『デュエリスト/決闘者』)
二作目はB級SF映画『ターミネーター』をヒットさせたジェ-ムズ・キャメロン、三作目はR・スコットと同じくCM監督出身で映画監督デビューとなるデビッド・フィンチャー、
四作目はフランス出身で『デリカテッセン』『ロストチルドレン』で注目された鬼才ジャン=ピエール・ジュネなど、個性豊かな監督が起用された。

なお、同じ20世紀FOX社出身の『プレデター』と共演している(『エイリアンvsプレデター』2004年)

スーツの製作はデザインを担当した、H.R.ギーガーによるもので、スーツアクターはナイジェリアの留学生とのこと。


■キットの特徴

劇場公開年に発売され、頭部フードは透明パーツ、首・両肩・インナーマウスが可動する。
古風な挟み込み関節であるため、基本的に「プラプラ」である。インナーマウスは奥まで収納は出来ない。

ただし、モールドは素晴らしく、後年他社から90年代に発売された「エイリアンウォーリアー」「エイリアンクリーチャー」と比較しても
も決して劣るものではなく、往年のオーロラ社のモンスター系プラモを彷彿とさせる。

惜しむらくは展示ベースが付属しないというぐらい。


■製作について

首・両肩はボールジョイントを埋め込み、微妙に表情が付けられます。
ただし、左肩が塗装中に折れてしまったので可動範囲が右肩と比べると微妙になってしまいましたが・・・・
下顎は切り離してポリキャップで関節を新造して可動式とし、インナーマウスは取外式としました。
ベースはジャッジ・ドレッドのベースを流用・加工して、ノストロモ号かナルキッソスの床をイメージさせたベースにしたかったのですが色をどうするかでイメージが湧かなかったので、未完成にしてます(逃げたとも言う)

塗装は全身をフラットブラックで吹いて、ジャーマングレイ→ミッドナイトブルー+ニュートラルグレイでドライブラシ。
頭部透明フードは裏側をエナメルのブラウンを筆でボカしながら塗装(数回やり直し)
ツメと歯はニュートラルグレイ+フラットホワイト。

エイリアンというと個人的に「ヌルヌルしてる」イメージがあるのですが(昔作ったウォーリアーはクリアーをベタベタ塗っている)
ギーガー氏のイラストぽくしたかったので、クリアーは塗布してません。
なんとなく、水木しげる氏が貸本作家時代に描いた物の怪みたくなりましたけど。


■最後に

エイリアンの頭部は男性器(チなんとか)がモチーフなんだそうですが、個人的に背中の4本のエントツみたいなのはなんなのか?というのが気になります。

エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン エイリアン

関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:kopannさんURL
当時物の洋物キットでは出来が良くて、その後も現行商品として長く出てたと思います、二個セットとかもありましたよね~

モールドもビシバシ入ってるので、側面の合せ目処理が面倒で、とりわけ前面の透明フードが合わないで苦労したと記憶してます。

当時のSF特集のHJ誌でも、ここのフードの改修がキモだとやってましたが、自分にはこういう大きいもののヒートプレスや透明レジン化などできないし、いろいろな要因で完成できなかったおぼえがあります(まあ単に私がダメダメなせいです)

ということで完成品自体が上がるというのは、非常に貴重だと思います。

塗装もつかみにくい色をバッチリ再現して(黒なのか、金属色なのか生物ぽいのか)
素晴らしいですね。

後のガレキやらの素晴らしいエイリアンも、このアイテムが出ればこそだと私は思ってます、貴重なものありがとうございます、製作おつかれさまです。
2013/07/04(Thu) | #wMURzdEY[編集]
投稿者:iyahhoさんURL
うわぁ、これは不気味な色使いがすごいですね
頭の部分の透けてんだか透けてないんだかわかんない感じが凄いです
手のデザインが面白いというか、AGEで出てきたガフランはこいつがモデルだったのかもしれませんね

放送当時にグロくて観られなかったんですが、今はそのグロさが逆に魅力に感じます
映画ではぎりぎりまでエイリアンの姿が見られなくて、こうしてじっくり見られる機会があるのは本当に幸せな事だと思います

説明文も興味深く読ませていただきました
2013/07/04(Thu) | #EBUSheBA[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
>kopannさん
>>二個セットとかもありましたよね~
ありましたね~
これって日本だけのオリジナル商品ではなかったですかね?

>>側面の合せ目処理が面倒で、
そうですね、とくに内股のとことか。指が届かないし。
両腕はヘタするとモールドが消えちゃうんですよ。

>>前面の透明フードが合わないで苦労したと
私も苦労しましたよ。スキマが結構出ましたし。
適当にエポパテで埋めてます。

>>(黒なのか、金属色なのか生物ぽいのか)
これねえ、ぶっちゃけて言うとヤケクソ気味に塗ったんですよ。
メカっぽいモールドしてるのにロボットじゃないし、生物のクセにメカっぽいモールドがあるし、
「コイツはどうやって塗ればええねん!」
っー感じでした。
一般的にエイリアン=ヌルヌルは止めたかったので余計に苦しみましたね。

>>後のガレキやらの素晴らしいエイリアンも
海洋堂のガチャを廻して、このタイプのエイリアンが出てきて相当凹みました。
「キミはしばらく見たくないのだよ」な気分だったし。


>iyahhoさん
>>頭の部分の透けてんだか透けてないんだかわかんない感じが
エナメルクリアーでフードを接着したんですよ。
乾燥させてはみ出した塗料を拭き取ろうとしたら、とれないんですよね(苦笑
しつこく拭いてたら今度はケシカスみたなものが出てきて、フードがまだらに曇ったかんじになったんです。
なので、紙ヤスリやコンパウンドで磨いたり、ラッカークリアー塗装したりしていくうちに
投稿作品みたいになったわけでして(笑
運が良かったというべきでしょうかね。

>>手のデザインが面白いというか
このプラモで形状知りました。
生理的に気味が悪いですよね。
エド・ゲインが作った『人皮で作った手袋』みたいに見てるとゾワゾワしてくる。
2013/07/07(Sun) | #-[編集]
投稿者:やしんたさんURL
第一作上映当時はなかなかエイリアンの全体像がわからなくて
もちろん今のようにネットも映画秘宝もなかったので、こちらのようなキットで初めて全身を見た記憶があります。

映画に迫るほどの不気味さが素晴らしく見ているこちらもシガニー・ウイーバーみたいな怯え顔になりそうです。
2013/07/07(Sun) | #u7mWjnu2[編集]
投稿者:じゅんちゃんさんURL
意図はされていなかったとのことですが
結果的に頭部の半透明感が
まさにギーガーのイラストっぽくて、い~感じです^^

ウチらの趣味は、そーゆーこともありますので
やめられませんね♪

製作お疲れさまでした
2013/07/07(Sun) | #i5dRPET6[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
第一作目当時はまだ免疫がなくって観ててコワ過ぎました・・・
「2」辺りが怖さとエンターテイメントのバランス的に一番好きですね
3以降は、もうちょっと冷めてきてましたし・・・

とはいえ、この生物のデザインは21世紀の今日でもまだまだ古さのないエポックメーキングなモノだと思います
よくもまぁ当時の金型技術でここまでの再現を・・・と感心しますね

作品についてですが、語れるほどギーガーデザインについて詳しくはない私ですが
確かにヌルヌルではなく、なんとなく石像的な質感を感じる仕上がりですね
このキットって頭部は透明ではなかったでしたっけ?別の製品だったかな・・・
2013/07/07(Sun) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
>やしんたさん
>>第一作上映当時はなかなかエイリアンの全体像がわからなくて
映画パンフレットにもエイリアンの画像は掲載されてないんですよね。
解説がウソしか書いてない(笑)

>>シガニー・ウイーバーみたいな怯え顔になりそうです
エイリアン云々より、ナルキッソス内での下着姿が気になって仕方なかったですヨ(汗


>じゅんちゃんさん
>>ウチらの趣味は、そーゆーこともありますので やめられませんね♪
ですよねー
でも相当、精神的に焦りますけど(苦笑


>へてかるぴさん
>>よくもまぁ当時の金型技術でここまでの再現を・・・と感心しますね
実際のスーツのディテールはあっさりしてる(特に頭部)のですが、
ほどよいくらいにアレンジしてますね。

>>なんとなく石像的な質感を感じる仕上がりですね
あちゃーこれは失敗したな~と思ったのですが、
結果的には良かったって事ですかね。


ありがとうございました。
2013/07/13(Sat) | #-[編集]
投稿者:くろたけさんURL
うわ~このキットは知ってましたが
こんな気持ち悪いキットなんですね~
それだけ塗装の雰囲気がいいんでしょうが・・・

あと、なんだかイメージと違いこんな立ち方なんですね・・・
エイリアンって

う~妖怪とかとは違う気味の悪さがありますね~
おいらはこいつを仕上げる事は出来そうにないな~

制作お疲れ様でした。
2013/08/16(Fri) | #-[編集]
投稿者:如何様鍼灸師さんURL
作りかけキットを手に入れ、、、たがこりゃむずい! とほったらかしたのはいつのことだろう。。。

モナカキットにこのディティールは、今見てもすごいですよねぇ

ナルキッソス内での下着姿が気になって仕方なかったですヨ> わしゃこの人ほどそそらない人は珍しいと思ってました(爆w)
2013/08/27(Tue) | #SFo5/nok[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。