懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.304 もぐタンさん

「宇宙戦士バルディオス」より
バルディオス (バンダイ)

バルディオス バルディオス バルディオス バルディオス
★ストーリー概要

西暦2100年。人類は太陽系全土に開発の手を伸ばしていた。

一方、銀河の外れに存在する惑星S-1星は、放射能汚染により絶滅の危機に瀕していた。

S-1星では、汚染を浄化する計画を推進していたレイガン博士を代表とする科学者らと、移住を推進するガットラー軍部とが対立していたが、ガットラー軍部は皇帝を暗殺、クーデターによる政権奪取に成功する。

レーガン博士らは軍によって殺され、ガットラー軍は移住先として地球に白羽の矢をたて侵攻を開始する。

レーガン博士の息子マリンは、父の残した戦闘機パルサバーンに乗り込み、ガットラー軍を追うのだった・・・

その後、マリンは地球防衛組織であるブルーフィクサーと共にガットラー軍と闘っていくが、その戦いの中、空しくも地球は滅亡の道を辿って行く。

その運命はS-1星のそれと酷似していた・・・
これの意味することは・・・

このアニメ、当時掻い摘んでみていましたが、ストーリーはさっぱり覚えていなかったという(笑)。
当時は中坊だったためか、とにかくメカにのみ興味がいっていたように思います。

劇中では3体の戦闘機メカ(パルサバーン,キャタレンジャー,バルディプライズ)が変形、合体
してこのバルディオスになりますが、その合体シーンがカッコ良くて好きでしたね。

今回インターネットで検索かけてストーリー概要調べたんですが、シリアス路線で面白そう~
見直して見ようかなぁ・・・

・キット概要
バンダイから大、小2種がキット化されていましたが、これは小さい方のキット。
300円のベストメカコレシリーズとして発売されたやつです。
1stガンダムの1/144シリーズと同じ製品仕様のキットです。

・懐かしポイント
当時のスーパーロボットはとにかくカラフルでした。
このバルディオスも例に漏れずカラフルです。
最近はこういう多色配色のメカってありませんよね~
とにかく綺麗であります。

・製作コンセプト
キット自体は結構良い出来だったので、キットの外観はあまり弄らず可動を仕込んでみました。
外観で変わったところといえば・・・

頭部:かなりデカかったので、1まわりほど小型化。
上腕:短かったので2mmほど延長
手首:カッコ悪かったので自作

これくらいでしょうかね。
可動については自然なポーズがとれるように、首,腰,股間,足首をボールジョイント化しました。
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:ばっちさんURL
キットの外観は変えずに・・・ってことなんですが、一番上の立ちポーズの決まり具合サイコーですよ。

動かなそうなデザインなのに良く動いてるしなぁ…。
可動の仕込み方がソツなく、しかも効果的なんですよねぇ。

仕上げも綺麗!

ブログ拝見してて、間に合うのかな?とか思っていたのですが、キッチリ間に合わせてくれましたし。
流石っす!!!

それにしてもゲッターロボ同様、こいつも合体ロボとは思えませんねwww
2006/01/05(Thu) | #-[編集]
投稿者:さんURL
このキットの完成は早く見たかったものの一つです。パンツ型の腰の
処理はブログで見ていました、是非参考にさせていただきます。

もともと良いキットでなのですが、このように料理されて、すばらしい完成品に生まれ変わった良い例だと思いました。
2006/01/05(Thu) | #-[編集]
投稿者:ToshikiさんURL
間接・塗装・仕上げ、ドレをとっても毎回ホレボレ致します。
特にその王道を外れたセレクションが最高です(笑)

ちょくちょくBlogの方も拝見させて頂いているので、宜しくお願いしますm(_ _)m
2006/01/07(Sat) | #kLCZl7R6[編集]
投稿者:AceさんURL
このカラフルさだけでも気後れしてしまうのに、フル可動まで…
可動工作に関してはちょいちょい真似させていただいてますが、とてもここまでの精度では出来ないっす…
この手の可動工作をやった事がある人なら解ると思いますが、こういう腰の入ったポーズって、的確な位置に可動軸を持ってこないと上手く決まらないんですよねぇ。その辺の見極めと言うかスキルが相変わらずスゴイな、と。
いつもながらお見事です。
2006/01/16(Mon) | #-[編集]
投稿者:ヨッシ~さんURL
もぐさん、ゴブです。

一番下の走ってるポーズ、良いっすねえ!
最新キットでもこれだけ自然なポージングが出来るキットって
ないんじゃないかなあ?
ええモン見せて頂きヤシた~。
2006/01/28(Sat) | #-[編集]
投稿者:てんぐどーさんURL
もぐさんが可動王と言われるゆえんは単に可動工作を施すのではなく
元のデザインを殺さないところにあるんじゃないかと。

大きく動かすからここを切りましたとかほとんどないんですよね。
あくまでもきれいなラインを作る。毎度スゴイなあ。
2006/01/29(Sun) | #-[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。