懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.951 アイラさん:スカイハイヤー

■作者名 
アイラ

■管理サイト
積みプラ賽の河原
http://blogs.yahoo.co.jp/ailakd

■キット概要
バンダイ ベストメカコレクションNo.7
UGM秘密兵器 スカイハイヤー
NONスケール
キット自体にはスケールの表記は無いですが、Wikiによれば設定全長が19メートルという事で、キットの完成全長が105ミリなので、約1/180ぐらいになります。

■登場作品概要
「ウルトラマン80」
1980年放送の円谷プロ製作のウルトラシリーズ9作目。
M78星雲から地球に派遣されたウルトラマン80が、地球人・矢的猛という仮の姿で中学校教師と地球防衛軍極東エリア・UGMの隊員という二束のわらじを履きながら怪獣と戦っていく物語。
ぶっちゃけこの頃って、ガンダムをはじめとするロボットアニメに一番傾倒してて特撮にあまり関心が無かった頃だったので、いちおう見ては居たものの、それほどハマってはいなかった覚えがw
しかも肝心のウルトラマンがすげぇパチモノ臭い顔しててカッコ悪かったし(爆
それでも登場するメカはカッコ良くて好きでしたね。
母艦であるスペースマミーはもちろん、スカイハイヤー、シルバーガルも。
個人的にはタロウのZATメカのカッコ良さに痺れた後のレオのMACメカがあまりにもあまりというか、どうにもカッコいいと思えなくて、その後数年空いた後のこのUGMメカのシルバー地にカラーラインという、いかにもな円谷特撮メカの記号を備えたメカには素直に惚れました。

■製作について
キットは以前に未組立品ではなく、接着剤ベットリなベタ組になぜかラインだけ塗ってある状態のジャンクを安く手に入れていた為、今回はそれをバラしてレストアしました。
もともとスカイハイヤーは、地上攻撃用のタンクモードに変形するギミックが設定されていて、キットも一部差替えながらその変形を再現してはいたのですが、劇中では結局一度もその変形形態が登場しなかった事と、そのギミックのためにせっかく良好なフォルムながら、蝶番状パーツが表に露出していたり軸が飛び出していたりと、どうしてもオモチャ的な印象が強かった事、そして加えて重要だったのが、元の持ち主が半端に完成させた後に遊びまくったのか、折りたたむ主翼の軸部分が磨耗してブラブラになっており、このまま素組でレストアしても主翼が保持できないかも、という状態だった為、変形ギミックは潔く切り捨てる事にして、航空機、戦闘機としてのフォルムを優先しつつ、プロップ的な方向に振って製作することに決めました。
一度バラせるところまでバラした後、主翼は変形のための蝶番部分の成型のために欠損してる部分をプラ材で補完しつつ接着。不要な蝶番状パーツは切り飛ばして均し、パッケージアートを参考にして流用パーツで作った非可動の蝶番調パーツを見た目重視で位置を変えて取り付け。
可変ギミックのために大穴の開いた機体下面は大穴を0.3ミリプラ板で埋め、可動着陸脚の為の穴を着陸脚収納部状に切ったプラ板でふさいで、凸モールドでそれっぽくでっちあげましたw
コクピットはモールドされた部分を切り取った後プラ板で作ったシートを収め、例によって折り曲げた透明ブリスターをはめ込んでます。
塗装は今回も筆塗り。まず銀一色で塗った後に大まかに筆で塗り分け、その後ラインはマスキングして重ね塗りしてます。
一通り塗装が済んだ後、そのままではどうにもノッペリし過ぎてたのですが、もともとキットに付いてた凸モールドのパネルラインは塗装落しと主翼の面あわせでヤスリがけした時にみんな消えちゃってたので、どうしたもんかと思案した後、そういえば昔の特撮メカのパネルラインは鉛筆で書いてたって前にどっかで聞いたな?と思い出し、ものは試しでやってみるか、と百均で買ってきたシャープペンでフリーハンドでパケ絵を参考に書き込みました。
微妙な部分もありますが、まぁそれなりにそれっぽくはなったんじゃないかと。
加えて、ジャンクとしてキットを入手した時になぜかシルバーガルに付属のデカールも入っていたので、そのデカールのUGMマークとUGMの文字、加えて家にあった航空機関係デカールの余ってるのからコーションマークなんかをうるさくならない程度に貼りました。
今回銀地の為か使った塗料が悪かったのか塗りムラが結構出てたのと表面のツヤがバラバラになってしまってたので、ひさしぶりに外で缶トップコートを吹いたのですが、使わないまま1年以上放置してた為か吹き始めに盛大にかぶってしまい、一部にクリア塗料のダマが出来てしまい、その後再び表面を均してリタッチするハメに…。
結局、塗りムラがそのまま残ってる部分も一部ありますが、まぁどうにかそれっぽくなったので、生暖かい目でご笑覧頂けると幸いです。

スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー スカイハイヤー
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:ろでむさんURL
箱が大きそうに見えたので中身もそうかと思えば、塗料ビンとの比較を見ると結構ちさいキットなんですね。ジャンク品をここまでレストアするのはさぞご苦労があったようだろうと想像します。シャーペンを使ったパネルラインの表現ってスケールモデルでやってる方もいると聞いた事がありますが実際どうなんでしょうね?
製作おつかれさまでした!
2012/02/20(Mon) | #-[編集]
投稿者:geneiさんURL
キットも実物も始めてみました。
ウルトラマン80自体を見た事が無いのですが、これってかなり現実的なデザインですね。
ジャンクからの再生とは、大変御苦労様です。
自分的には中途半端に放置されたキットを、こうして完成させる事は大変素晴らしい事だと思います。
2012/02/20(Mon) | #2Z5jlXfU[編集]
投稿者:真キムさんURL
おー格好いいですな~
キットは持ってないし見たこともないんですが・・・
ジャンク品を再生してここまで!!とは恐れ入りました。

やはりコクピットのキャノピーの透明化が効果高いですよね~
塗装もこれで筆塗りならば正直、エアブラシ必要ないんぢゃ??

製作お疲れ様でした
2012/02/20(Mon) | #-[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
歴代ライドメカ中でも屈指の、本当に飛びそうな機体ですね。
キャノピーの工作・デカール処理など、いつかやろうと思ってることを一通り先回りされてしまいました…

このキット、昔作った事は有るのですが、コメントにあった「元の持ち主」さん同様、
さんざん遊び倒してプランプランにしてしまったのでした。
今手持ちに残っていないのは、きっとなんかの改造用パーツに使っちゃったんだと思います。
羽とかキャタピラとか、色々と具合いいものでv-398
こりゃちょっとオクで散在せねば

ちなみに、私の脳内ではUGM基地の跡地は現GUYS基地になってることに・・・
2012/02/20(Mon) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:woody01さんURL
こんばんは。アイラさん。

おー完成しましたね。
ブログの方では製作途中を拝見させていただいていて(あの時は見事はずしてしまいました(恥!))楽しみにしておりました。

現用機っぽいというか、地球防衛軍UGぽいというか、かなり格好よく出来上がってますね。

ジャンク再生もひとつの選択肢という事を学ばせて頂きました。

製作お疲れ様でした。
2012/02/20(Mon) | #-[編集]
投稿者:アイラさんURL
>ろでむさん
コメントありがとうございます。
今回のレストアに関しては、まだ基本的に本体の大半が成型色のままだったので塗装落としの手間がそれほどではなかった分楽でした。
キットはベストメカコレの当時定価300円のなので、サイズは結構小さいですね。

パネルライン書き込みは、もともと筋彫りがヘタなので逃げの一手だったんですが、こういう小さいキットだとごまかしは利きますね。線が曲がっても消しゴムで消せるしw


>geneiさん
コメントありがとうございます。
ウルトラマン80、自分もリアルタイム当時に何度か見た事がある程度なので、本編の話は全然覚えてないです。
過去のウルトラメカと比べると、曲線、曲面の少ない平面構成デザインなのが、SFビークルとして「なんとなく飛びそうに見える」ポイントなのかもしれませんね。
絶版キット専門でやってると、作りかけジャンクでも手に入れば御の字って事も少なくないので、ジャンクレストアはこれからもいろいろやる事になると思います。


>真キムさん
コメントありがとうございます。
ジャンク再生でも、全塗装されてたりするとかなり余計な手間がかかるので、そういう意味ではまだ楽な状態でしたw
30年以上前の乗り物系キャラキットは、コクピットの透明化でだいぶポイント稼げますよねw
ソロン号もこいつも、実物よく見ると結構汚い部分多いんですけど、キャノピー周りは不思議と遠目や写真だとキレイに見えます。
塗装は、自分では後から見ると塗り斑が気になったりはするんですけどね。
プラモを買うので月の小遣いがいっぱいいっぱいなのでエアブラシやコンプレッサーを買うお金も無く、まぁこれからも筆塗りで頑張るか、ってとこですw
誰かタダで一式くれないかなぁ(爆


>へてかるぴさん
コメントありがとうございます。
いやぁ、同じネタをへてかるぴさんにやられてしまったら、俺は穴掘って隠れなきゃいけなくなっちゃいますよw
もともとの設定上、なんでスカイハイヤーにはマーキングもエンブレムもついてないのかがよくわかんないですが、やはりそれっぽくデカールを貼ると、なんとなく航空機っぽく見えてはきますよね。
自分は次にまた同じキットを作る機会があれば、今度は差替え変形の機首の可動をアーム付けてトイと同じ様な可変ギミックを仕込みたいです。

GUYSと言えば、ガンフェニックスはかなり好きな機体なんですが、昨今のウルトラ関係はトイや食玩こそ恵まれているものの、ずっとプラキットが出てないのが残念です。


>woody01さん
コメントありがとうございます。
いやぁ、確かによく見るとヤマトメカコレに有っても不思議じゃなさそうな形状のパーツに成型色ですしねぇw
実際当初はメカコレコスモタイガーの増槽を割って貼り付けようかと考えて倉庫から引っ張り出してきたんですけど、これがヒケが物凄くて、とてもじゃないけど使い物にならない状態だったもので…。
ジャンク再生は、やはり余計な手間がかかるのも事実なので、使用キットが安価に潤沢に入手出来るなら、やらずに済むならやらない方がいいですw
2012/02/21(Tue) | #EBUSheBA[編集]
投稿者:如何様鍼灸師さんURL
 以前シルバーガルの新品を持ってましたが、資金なんで手放し。。。
ウルトラシリーズで乗り物のデザインは80が一番好きでしたのでキット再販しないかねぇとひそかに望むところですわ。

しかし変形が、この大きさではかなりムリムリですねぇ~ 
デスクトップモデルのほうが断然かっこいいわ♪
2012/02/21(Tue) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:くろたけさんURL
かっこいいっすな~

特にキャノピーの透明化がうまくいってますね。

シャーペンのパネルラインって知らなかった。
とても雰囲気が良くていいですね~今度試してみよう。

制作お疲れさまでした。
2012/02/24(Fri) | #-[編集]
投稿者:アイラさんURL
>如何様鍼灸師さん
コメントありがとうございます。
シルバーガルの方も持ってるので、先々きちんと作って並べたいなぁと思っております。
本当、この辺りのベストメカコレの再販から漏れてる一部のアイテムをなんとか再販して欲しいですよね。バンダイの通販サイトでの受注生産とか、極力ロスの出ない形での再販も今なら可能じゃないかと思うんですが…。
確かに、変形はもともと差替えですが、コンパクト過ぎるのでアームを仕込んで完全変形は大変そうです。


>くろたけさん
コメントありがとうございます。
自分も以前に洋物SFキットを中心に製作されてるモデラーさんのブログで見たおぼえがあるかも?ってぐらいのうろ覚えなんですが、実際昔の特撮のプロップでは良く使われてた技法らしいです。
もう少し大きいサイズなら、もっといい感じに出来たのかもです。
2012/02/29(Wed) | #EBUSheBA[編集]
投稿者:シツレンオーさんURL
当時、裏番組の鉄腕アトムとどっち見るかで悩んだ記憶が、、。
正直この作例を見るまで、スカイハイヤーの存在を忘れてました(オイ)
アーケイドゲームのウルトラ警備隊に出てくるのも、シルバーガルだし。
タンクモード変形をオミットしたくなる気持ちは分かりますね劇中未使用じゃあね。
しかし、トップコートの効果なのか、筆ムラが全然気にならない良い出来ですね。
制作お疲れさまでした。
2012/03/24(Sat) | #g8Z8kEYQ[編集]
投稿者:kmasaさんURL
当時作った事があります。
番組自体での活躍は全然知りませんが合体変形が好きで買った覚えがあります。
ジャンク品の再生!しかも変形をオミットしての仕上がりがとても決まってます。
制作お疲れさまでした。
2012/03/30(Fri) | #RkYyCwXg[編集]
投稿者:アイラさんURL
レスが遅くなってすみません。

>シツレンオーさん
おお、そういえばカラー版アトムと同時期でしたか。
そっちも見てた覚えはあるなぁ。

筆ムラは、リターダーで薄めた塗料を重ね塗りしてるのと、おっしゃる様にトップコート厚吹きのおかげであまり目立たなくなってるんだと思いますw


>kmasaさん
自分も当時の番組内での活躍はあんまり覚えてないんですが、このプラキットとトイで、カッコイイと思ってた覚えがあります。
ジャンク品再生は、これ系の絶版キット専門だと避けては通れない道ですねw
2012/05/11(Fri) | #EBUSheBA[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。