懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kopann(コパン)さん:妖怪獣蛟竜(こうりゅう)編

はじめまして、よくこちらの懐コン拝見させていただいております、kopann(コパン)といいます、オスですというかおっさんですが・・(汗)

もう第9回ですか、息が長いシリーズですね。

今回は参加させてもらおうと思っております。

使用キットは日東 ゲゲゲの鬼太郎、妖怪獣蛟竜(こうりゅう)編です。

スケール明記は特には無し

購入は発売当時のもので、同時期にSF3DでPkaあたりが出た頃と思いますんで、ざっと30年くらい前じゃないかと~
ずっと倉庫に眠ってたままのものです(当時で仮組はしてましたが・・・)

原作は、いわずと知れた水木先生のゲゲゲの鬼太郎です。
そこに出てくる八百八狸あやつる妖怪獣が蛟竜です。

蛟竜とは、七十年生きた蛇が蜃気楼の中で卵を産み、その卵が孵って地下に潜り、数百年を経ると、丸くなって天に昇り蛟龍となる。その目の光が交わった場所には蜃気楼が生まれ、相手を惑わすことができる。
(ウェブより抜粋)

よく分からない説明ですけれども、キットはその対決の模様を表現してるそうです。

妖怪獣に挑む一反木綿に乗る鬼太郎が、妖怪獣の怪光線によって落ちる場面というものです。

このキット、昔のキャラクターキットの宿命か?滅茶苦茶合いが悪いです(笑)
パテ処理してもおっつかないエゲツナイ箇所には、ハンダゴテでランナーを溶かして付けてます、鬼太郎の頭の合わせ目などがそうです、併せて髪のモールドも付けれたりするんで、これはお得な手法だと思いました。

製作は途中、途中で進めてました、今回妖怪獣から発射される光線を電飾にて表現、電飾用の電池隠しにベース台を付けて、もともとのベースと合わせてます。

と、こんなところです。

私のブログはここでやっております
http://blogs.yahoo.co.jp/kojikopann

以上よろしくおねがいします。

ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲの鬼太郎 ゲゲゲの鬼太郎
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:メロウリンクさんURL
私もこのキット持ってて完成させてるのですが、結構、見る位置が限定されますよね。
右側から見た鬼太郎の顔もポーズもごっつ変だし(笑

原作の話はラスト、入院費が払えない鬼太郎一家に「払えないなら出て行ってください」と言われる救いようのない部分(人知れず日本の危機を救ったにもかかわらず)が印象的でした。
(アニメになると改変されるのはいうまでもなし)
2011/12/05(Mon) | #-[編集]
投稿者:kopannさんURL
メロウリンクさん

こういう金属線固定のパノラマ(ジオラマ?)風のキットって、懐かしいですよね?

見る位置はやはり妖怪獣から見る鬼太郎方向か、またはその逆じゃないかとw
味付けとして電飾してます、光が鬼太郎の顔に当たるのがウリですw

この回の原作では、丸坊主になったり、固まったり、狸になったりで散々な鬼太郎の回で、見所大いにある回でしたね~
2011/12/06(Tue) | #wMURzdEY[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。