懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.805 へてかるぴさん

コン・バトラーV コン・バトラーV コン・バトラーV コン・バトラーV コン・バトラーV コン・バトラーV コン・バトラーV コン・バトラーV コン・バトラーV コン・バトラーV 

作品名:『1/144超電磁ロボ (おまけ付き)』

製作者:へてかるぴ

■ 使用キット:バンダイ製「バトルジェット」「バトルクラッシャー」「バトルタンク」「バトルマリン」「バトルクラフト」(再販品)



■登場作品:「超電磁ロボ コン・バトラーV」

 1976年から1977年にかけてNET系及びテレビ朝日系にて全54話で放送されたアニメ。

それ以前のロボットアニメと決定的に異なる点は、「実際の商品でも再現可能な合体のできる、玩具メーカー主導のデザイン」という事で、また、エンディング曲により、「日本一身長と体重が世間に知れ渡っているロボット」でもある。

 リアルロボット物というカテゴリーが未だ発生していなかった時代ではあるが、本作とその前後(勇者ライディーンと、いわゆる長浜三部作)は、まさにその直接の始祖といえる。



■機体説明:身長57m・体重550t。飛行速度はM11を誇り、これはゴッドバード(M3.2)やグレートブースター(M5)をはるかに凌ぎ、スペイザーの大気圏内速度(M9)よりも高速である。

全身に40種類を超える多数の武装を内蔵しており、その数は、ロボット単機の内装兵器数としては2010年時点でも未だに最高記録ホルダーである。(次点はライディーンらしい)

大きな特徴として「ワンダーレスト」と総称される手首の武装切り替え機能があり、必殺技「超電磁スピン」に使用する超電磁ギムレットも、この機能で出現する。超電磁タツマキを使用しなくても超電磁スピンを使用できる事は、意外と知られていない。ちなみに一度超電磁タツマキを食らって磔状態になってから脱出できた敵は、全話通して一体もなかった(緊急脱出装置のみなら一例あり)。



■追加装備について:双葉社スーパーロボットマガジン誌上にて2001年7月~2003年7月まで連載された、長谷川裕一作「超電磁大戦ビクトリーファイブ」の第一部後半にて登場した、コン・バトラーV用追加装備。新設定のバトルマシン6号機「バトルアーマー」(パイロットはロペット)が機体各部用の装甲に分解し『アーマード・コンバイン』して完成する。アーマー装備状態では『コン・バトラーV6』と名称が変わる。両腕のブレードを衝角にして発動させる「超電磁スピン・ファイナルストライク」、両足首の「超電磁ヨーヨー・ハイパー」、胸部と頭部からの同時発射である「ダブル・V・レーザー」が追加された。旧来武装もそのまま使用可能。



■ キット概要と懐かしポイント:今回のコンセプトは『あくまで改造であってフルスクラッチではない』という事です。なので、確かにほぼ全身に亘って徹底的にいじりはしましたが、逆に、関節部分と追加装甲パーツを除いて全てキットパーツからの改造で、コンV本体部分でキットパーツ不使用の部位が全く無いのも、今回こだわりの一つです。

使用したキットは、確か96年か97年辺りに再販されたときに購入したものです。放送当時は小学生で、プラモを一度に5個も買って貰えるはずも無く、欲しくてたまりませんでしたが端ッから諦めていました。

 再販がかかった当時には既に妻子持ち、乳飲み子を抱えたカミサンの目も気にせずまとめ買いをして、いそいそと仮組み・・・アレ?なんじゃこれカッコ良くないぞ?(改修前の写真をご参照下さい)そうです、今回の作品はそのときから始まったのです。

改造のプランは、概ね当時から温めていた物ですが、どう見ても大仕事になりそうなので気後れしてしまい、他に色々と手を出してるうちにすっかり棚で埃まみれ。いつの頃やらジャンク箱の住人となったのでした。

今回参加する作品を選ぶ際に、腐るほど有る同様な連中の救済を考えました。で、手元に有る分と実家保管の両方を漁ってみると有るわ有るわ、埃にまみれてくたびれてはいるけど、ほぼパーツの揃った連中がゾロゾロと。それらの中から、色々と考えてこいつにしました。(コンV着手後も、まだ色々と発掘作業が進んでいます)

改造内容としては、まずプロポーション重視で手足の延長と頭部の縮小。次におまけとして後付け設定の追加装甲部品の新造です。

工程は、まず一度仮組み状態でのデジカメ写真をPC上で切り貼りして改造箇所と寸法を見極め、後は迷い無く大胆に進めました。形状的に最もサイズ変更が困難そうなバトルクラフトを基準に各部のサイズ決定を行いましたが、画像加工後に、もしや?と思って計測すると、全高が見事に1/144スケールに乗っかっていました(約40cm弱)。それ以降、明確に1/144を意識して作業を進めました。比較のため同スケールで並べてみると、ガンダムなど玩具のように小さいです。ゲーム等ではともかく、実際マトモにやり合ったら、これはどう考えても「スーパー系」圧勝でしょうね。何せロックファイター(いわゆる指マシンガン)でさえ、口径がハイパーバズーカ並みなのです。

実際の作業内容は基本的工作の繰り返しですが、その大きさ故に重量と強度への配慮は必要でした。表面処理やディテーリングはもっと凝ればよいのでしょうが、デザインセンスが無いのでヘタに手を出すのはやめときました。

関節部分は、かなり頑丈な物を組み込んだのですが、自重に負けてしまってあまり派手なポーズは無理で、せいぜい素立ちをやや自然な姿勢にする程度にしか効きませんでした。今後の課題です・・・

いざ完成してみると、通常状態では「シュッ」としたスマートな体型ですが、V6では上半身と手足のボリュームUPですごくマッシブになります。個人的に、元デザイン・追加装備のデザイン共に大好きなロボです。

本来、追加装備が再合体して6号機になれるのがベストなのでしょうが、そこはさすがに画面上の矛盾があり、不可能ではないまでも不恰好になりそうでした。今回はオミットです。



■特記事項

上記のような出自ゆえに、元キットの箱やら説明書やらも保存しておいた筈なのですがどうにも見つかりませんでした。今回、如何様鍼灸師さまよりそれらの資料供与を頂きました。スペシャルサンクスです!!
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:真キムさんURL
これは大仕事でしたね!

というかむちゃくちゃ格好いいです。

合体/分離については・・・なにかの記事で読んだ内容ですと、、、
このコンVはたしかスタジオぬえデザイン→安彦氏クリンナップ
・・で、玩具メーカー(ポ〇ー)が玩具での再現に苦労したので、次回ボルテスでは合体変形を優先してデザインした(デザインは大河原氏(メカマン))とのこと。

・・・・なので体型&可動重視のが吉かな~とか思ってましたWW
が、正直ここまでやられたのには頭が下がります。

V6というのは初見でした。
工作/塗装ともに丁寧で美麗な完成品が拝めて春から縁起がいいやWW
2011/01/05(Wed) | #-[編集]
投稿者:如何様鍼灸師さんURL
おー どこのガレキですか?
ってホビーショウでは聞かれそう♪

箱 間に合ってよかったです。 お互い同じ穴の・・・
歳末助け合いでよろ! ってなもんで、みんな まぁ死蔵の品ダブりだけでもトラックがいる様なありさまっぽいww

ちなみにUSAのコミックにも登場(人が乗ってるロボット というよりこれ自体がヒトのような解釈でわらえた) でライディーンやらほかのスパロボとたこみたいな異星人と戦う話を見たことあります。

製作コメからV6やアーマードってなに?と思ってましたが、漫画であったんですか。
やるなぁマップス!(これしかしらない)

これでキットは報われますな。
あと 掲示板にでも ペットボトルとの対比があれば笑えるかもー♪

ライディーン そんなに武装あったっけ?
それよりバスターマシンのほうがありそうだけどな。。。
 
2011/01/05(Wed) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:ToshikiさんURL
超合金に手が出なかった自分も、当時お小遣いをセコセコ貯めて揃えました。
バトルジェットから始めたのでホレボレしましたが、揃えて合体させていくうちにプロポに幻滅していったというw
アタマデッカチのコミカルスタイルをここまで人型にするご苦労は想像に難くありません。
残念ながらV6とやらは存じ上げませんが、ツインランサーがアタマにあった所為か、
それほど違和感は感じませんね(゜_゜)
制作お疲れ様でしたm(__)m
2011/01/05(Wed) | #kLCZl7R6[編集]
投稿者:くろたけさんURL
すごい、こんなかっこいいこのキットを
始めてみました。
まさに、旧超合金と超合金魂ぐらいの差がありますね。
V6初めて知りました。追加武装はボルテスにもあるし
後の戦隊シリーズにも繋がる基本なんですかね?
でも、商品としてみたことがないな~。
2011/01/05(Wed) | #-[編集]
投稿者:岩蝙蝠さんURL
お疲れ様です。
え?これが「あの」バンダイの奴?うっそや~ん!あれチッさい時作ったけど、こんなシュっとしとらんかったわ~っという偽関西弁が出るほど凄いです(笑)前にアオシマのザンボット弄った人も凄かったけど今回は原型が分からん位強烈です。いい物見せて貰いました。
2011/01/05(Wed) | #mQop/nM.[編集]
投稿者:portalflowさんURL
完成おめでとうございます。スタイルも然ることながら、とても美しい塗装にほれぼれします。この大きさは撮影も大変だったでしょう。お疲れ様でした。
2011/01/05(Wed) | #e3a0.amw[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>真キムさん
どうも恐れ入ります(^_^;ゞ
正直、少し調子に乗っていじりすぎたかもしれませんね・・・
コメントにも書きましたが、一応、「キット改造」です。
よく見ると胸とか足首とか、キットパーツそのままの部分もいくらか残っています。
今でもなんとか、五機相当の部位に分離できます(バトルマシンというよりロボパーみたいなバラバラっぷりですが)

>如何様鍼灸師さん
箱画像、本当に有難うございました。参加表明(↓)に掲載されています。
http://natsucom.blog21.fc2.com/blog-entry-385.html#Comment
なんせ、自分を追い込むためにいきなりノコでズタズタにしてしまった以上、完成させるしか道はありませんからw
確かに、もっとサイズのわかりやすい写真をいくつか用意しておけばよかったですね~
適当なものと一緒に追加で撮影してBBSに乗せてみます。
(今日から仕事始まったので土日くらいかな)

>Toshikiさん
ワタシ小学生の頃はお小遣い制ではなく、本などは親に言えば結構潤沢に買ってもらえた一方、
玩具類はなかなか入手の機会がありませんでした。何とか積年の恨みを晴らせてスッとしてます。

>くろたけさん
ワタシのような古参の長谷川裕一ファンはともかく、フツウはV6はご存じ無くてむしろ当たり前です。
とっくに無くなったマイナー月刊誌の漫画作品で、しかも重版なしですからw
今コミック買おうとすれば、オクではプレ値ついてます。
権利関係もややこしいだろうし、商品化なんぞ不可能でしょうね。
(同じ長谷川裕一作品の)クロスボーンガンダムの例も有るので、万が一も無いとはいえませんが・・・

>岩蝙蝠さん
ワタシ先祖代々生粋の関西人ですが、単語の用法はバッチリ問題ないですよ♪
関西人が敏感なのはむしろイントネーションの方で・・・って、話題が違うか。
今度何かレストアする際には、もっと元キットのままいわば完全復刻的な方向で行きたいなぁと思います。
何せ手間かかってばっかりで年一個のペースじゃ寿命が持ちませんw

>portalflowさん
お恥ずかしいです。
物がデカいという事は、表面処理に単純に手間がかかるという事でもありますが、
逆に、少々のアラは『相対的に小さく』なるので、写真だとトクするのです♪
現物ご覧になれば「へっ」と鼻で笑いたくなる事請け合いの荒さです。
2011/01/05(Wed) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:akicyanさんURL
うおおおすげ~~~!!
コレはかっこええ!!!作成中の画像でもワクワクでしたが流石です!
当時のドキドキが蘇ります。このあたり小遣いも無かった自分には全く
手が出る世界ではなかったので、あること自体恥ずかしながら知らんか
ったデス。私ら世代のツボはボルテスVよりコンバトラーなのか、ツラもこ
っちの方が好きだったり。
それにしても上手いなぁ・・・
2011/01/06(Thu) | #z6qBnp5I[編集]
投稿者:kmasaさんURL
作りたいなーと思ってもキットを見ると制作意欲がなえてしまうあのスタイルをこんな見違える物に出来るなんて・・・!
しかもデカイですよね!作業がホント大変そうです。
制作お疲れさまでした。
完成品が見れてしかもV6で!本当にありがとうございました。
2011/01/06(Thu) | #RkYyCwXg[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>akicyanさん
どうもありがとうございます<(_ _)>
何を隠そう私も同様で、コンVは大好きなのですがボルテスはもひとつ思い入れが(苦笑)
いわゆるインプリンティング効果ってヤツでしょうか?小学生当時、ボルテスはコレジャナイロボ扱いでした。
(ファンの人いたらすみません)
顔・頭部については、今回一番の改修部分ですが、デザインの立体的把握にちょっと手間取りました。
数年ぶりのロボ物で、よせば良いのにイキナリこんな大物に手を出す身の程知らずと笑ってやってくださいw
2011/01/06(Thu) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>kmasaさん
実際、一度萎えましたw
再起動に10数年掛かりましたよ・・・
その間にV6やらも出てきて、ときどきすこし意欲が↑するんですけど着手にいたらず。
懐コンって背中を押してくれるって言うか、良いチャンスを与えてくれる場ですねw
2011/01/06(Thu) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:OHjiroさんURL
掲示板で製作過程の画像を見せていただいたときから、とても楽しみにしていました。期待に違わぬ素晴らしい出来です。造形、工作ともに改造と言うより、すでに製品のクオリティに感じます。多分完成品だけ見るとまさか元があのキットだとはだれも思わないんじゃないかな。

しかも追加装備のおまけもついて企画としても秀逸です。うーんジェラシーw

心からお疲れ様でした。
2011/01/07(Fri) | #YE/cyxYk[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>OHjiroさん
お恥ずかしい限りですw
もし仮にこんなもん金とって売り出したら、買った人からら訴訟起こされます・・・

今回、結構マメにBBSへ報告させてもらってたのですが、実は自分にハッパ掛ける意味が大きかったです。
(結構なんだかんだで長期間手が止まるんですよね)
でもまぁ、一応形にする程度には間に合いました。やれやれです。
2011/01/07(Fri) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:KAOLUさんURL
 これはお見事ですね。画像のガンダムはハイコンプロかな?と勝手に想像していたらなんと1/144ですか(汗)。関節に負担がかかるのも当然というものですね。はじめて合体作品、しかも素晴らしい完成度のを見せていただきました。ありがとうございました。
2011/01/09(Sun) | #DDLw2HpM[編集]
投稿者:シツレンオーさんURL
BBSの時から思っていたが、胸部アーマーのプラ板工作の正確さとか、スネの延長に使われたエバーグリーン社(?)のプラ板が見事に消えているだけでも、私には絶対無理な領域だな、、。(私はまだ平面しか継ぎ目消し出来ない)
みんな言ってるけど、プロポーションと可動のみにしぼったのは正解だと思います、ギミックに懲りだすとキリが無いからねぇ、、。
ただ、対決シーンは、後で某所に貼られた、セリフ無しの方が良かった。
2011/01/10(Mon) | #-[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>KAOLUさん
どうも有難うございます(^_^;ヾ
手持ちですぐ用意できた1/144スケール物で、誰が見ても判るヤツってこの人位だったのです。
ちなみに、作品の仕上がりは、途中で力尽き感があって、正直結構アラが目立ちますねw

>シツレンオーさん
貧乏なんで、エバグリのような高級材は使えませんw
実を言うと、部材そのものの精度が必要な部分以外は、前回の番外編で作ったウルトラホーク1号のパーツを切り取った余白のプラ板を廃品利用してるんです。
スジスジに切れ込みいれて、完全に割らずに曲げのガイドにし、溶剤接着でその形に再固定してます。
(以前に作った、スーパースワローの主翼と同じ手法です)
ちなみに、ご指摘の「セリフ」については、まさにセンスの無さが露呈してる感じですねw
2011/01/10(Mon) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:ろでむさんURL
かっこいい!今風スタイルのコンバトラーですね!
ネタの選択も素晴らしいです(笑)
製作おつかれさまでした!
2011/01/11(Tue) | #-[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>ろでむさん
どうも恐れ入ります(^_^;ヾ
『懐コン的』にはどうなんだろう?っていうグレーゾーンな、オマケ部品もひっくるめて、
ホント前々からやりたかったネタでした。

実はそういうネタ系だけでも、まだまだ引き出し有りますw
(いや、引き出しっていうより物置レベルか?)
2011/01/12(Wed) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:ymth613さんURL
コンV、感動しました。コンVとボルテスは、自分の少年時代の一番のあこがれでした。引っ越したり転校したりで、その度に番組が観られなくて、その上大相撲と時間帯が重なり、父にチャンネル権を奪われ(最終回と千秋楽が重なるなんて)、見たくても見られない幻の番組でもありました。
完成作品を拝見したときは、アニメの中のヒーローが、立体となって眼前に現れたような衝撃。正直身震いしました。素晴らしい作品をありがとうございました。
2011/01/12(Wed) | #Hbje2Y.g[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>ymth613さん
何か、状況にすごく共感できます・・・
実を言いますとワタシ、当時通ってた塾の時間帯とカブり気味だったので、どの話もちゃんと見られなくって。
すっきり通しで見た回なんて実はほとんど・・・(汗)
家庭用ビデオなんて存在すらしてなかったですしね。

でも、毎回断片的にしか見られなくっても、カッコよくって大好きでした。
(もっとも、細かい知識は主にヲタ化してから得たものが大半ではあるんですがw)
2011/01/12(Wed) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:geneiさんURL
これは凄いですね。
あの5体のキットをここまでにするとは、制作工程も拝見していましたが、いや~驚きです。
追加装備も決まっていてカッコ良いです。
ボルテスVもこんな感じで仕上げると、かなり良い物になるんでしょうね。
2011/01/13(Thu) | #2Z5jlXfU[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>geneiさん
今回、期日厳守のためと合体後の全体形状を優先する観点から、分離機構の完全再現は行いませんでしたが、
一応元キットと同等の分離能力は残してますので、再改造にていつかどうにか。とは目論んでいます。
(何時になる事やら判りませんがw)
その点、geneiさんのアクロバンチはいい刺激になりました。

ちなみに色々画像を探した結果、ボルテスはこれより大変そうです。手間もお金も。
2011/01/13(Thu) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:yasさんURL
ガンダムとの2ショットを見てびっくりデス。
半端じゃねーなぁ、ほとんどスクラッチじゃん?!
などと思っていたのですが、まさかその上にこれほどのサイズだとは。
工作量を考えると...うーん、くらくらしますね。
塗装も綺麗で、とても見ごたえのある作品ですね。
製作、お疲れ様でした!
2011/01/25(Tue) | #sSHoJftA[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>yasさん
どうもありがとうございます。
本当なら少しディテールに凝って、大きさの表現を工夫するのがいいんですけど・・・
こうやって写真で見ると、1/144スケールというより1/144ガンダムサイズ位に見えちゃいますねw

力不足を感じるトコです・・・
2011/01/26(Wed) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:AceさんURL
うわ!あれをここまで…持ってるから解ります!すっげー
おまけにV6まで…絶句。

すいませんマジで他に言葉もないです。
2011/01/26(Wed) | #-[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
>Aceさん
どうもお褒め頂き恐縮です。レス遅くなり失礼しましたです・・・
こういった大改造のときには
「情け容赦なしに切り刻む」「迷わずくっつける」スタンスが大事なんだと思い知りましたよw
次回は何か、ストレート組みの作品を作りたいモンですね・・・
ボルテスⅦはきっとムリです。一度再販でもかかってくれれば良いんですけどね(^_^;ヾ
2011/01/30(Sun) | #SHLDkvn6[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。