懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.B22 Ohojiroさん

参加作品:フェラーリディノレーシングスペシャル(サーキットの狼仕様)
参加部門:スクラッチ部門
使用キット名:フェラーリディノスペシャルレーシング
スケール:1/24
発売元:日東科学
管理サイト:「ohjiroのひとりごと」http://d.hatena.ne.jp/ohjiro/

懐コンに参加するキットの選定のときにはいつも、子供の時に一番好きだったプラモデルをまず考えることにしています。さらに今回は番外編ということでスケールキットが認められるとのこと。そうなると条件にピッタリきたのが、「フェラーリディノスペシャルレーシング」。小学生の頃スーパーカーブーム真っ直中、何度も作ったキットです。これを赤く塗って狼の17番デカールを貼り、サーキットの狼流石島レース仕様で作成しました。

<実車について>
実はこの車、実車が存在しません。コミックの原作者池沢さとし(現池沢 早人師)先生のオリジナルです。ただフェラーリのショーカーを参考にしておりましてwこれが版権をややこしくしてます。人気の割にキット化には恵まれていないのはそのためでしょう。この車のキット化はコミック連載当時まだ版権に対する考え方が緩やかだった頃、日東科学から1/24(今回作成)と1/26(1/28表記もあり)の2種類が発売になったのみです。後日再版もされていますが、この金型を使用しています。多分この車を製品化しようとすると、原作者とフェラーリの2者から版権を取得する必要があり、原作者の方はそれほど難しくないでしょうが、問題はフェラーリの方。もともと版権に厳しい会社の上、ディノRSは本来フェラーリとは無関係だし、フェラーリ側から見ればデザイン流用した海賊版ですから、そりゃ版権下りませんw近年ミニカーとして発売されたようですが、そのときはフェラーリの名前は使わなかったようですね。

また先日フジミからこのショーカーの方がキット化され、赤く塗ればと思った方も多いと思いますが、実は並べてみればまったくの別物。仮に改造しようとするとちょっと苦労します。

<製作について>
・ボディ。流石に30年以上前の金型だけにダルなディテールではありますが、そこに目を瞑ればプロポーションは絶品。メッチャカッコイイ。

・スポイラー。外観の主な改造箇所はここです。フロントはコミックなど資料を参考にパーツを削りこんで形状を変更。リアはステーが独立しているので、設定通りにリアハッチの壁とツライチになるようにステーを埋め込んでラインがなだらかに繋がるようにパテ盛りしました。

・内装。フジミのディノ206コンペティツィオーネから流用しました。ただしステアリングが逆なので、ダッシュボードのみキットのものを使用しました。ボディとの間に隙間ができたのでプラ板で適当にデコレーション。

・塗装。フィニッシャーズのディープレッドを基本色に、下地はファンデーションピンクを使用。実は私が子供の頃からもっているこの車のイメージカラーがあずき色といいますかマルーンなんです。1/26版の箱画の強烈なイメージから来ているのだと思います。さすがにマルーンはちがうなと思ったので、イメージを少しだけ反映して暗めの赤を採用しました。

・クリア。フィニッシャーズのウレタンクリアGP1を吹いて研ぎ出し。良い光沢が出たと思います。

・デカール。今回のハイライト。いろいろ試しましたが結局インクジェット用のデカール無地シートが私のノウハウ不足で使い物にならず。定評あるアルプスドライプリンタ用のデカールシートを使用。ただしアルプスプリンタは所有していないので、切り抜いたマスキングテープでマスキングしてからラッカー塗料で塗装する方法で作成しました。プリンタ印刷の製品然としたものでなく手作り感いっぱいの出来になりましたが、気に入っています。

・ヘッドライトカバー。今回のハイライトふたつめ。キットのパーツは分厚く歪んでいるため中のヘッドライトがよく見えないので、0.5mm塩ビ板をバキュームフォームして新造しました。バキュームフォームは高校生の時以来。型はキットのパーツをそのまま使うという少々強引なやり方をしましたが、結果は良好。ただボディへの接着は苦労しました。エポキシ接着剤を使用して何とか固定しましたが、何度もやり直したので、周辺のツヤが失われたのは今後の課題。

・その他の流用パーツ。バックミラーをタミヤのカウンタックから。ワイパーをハセガワのジャガールマンからそれぞれ流用しました。

さて今回は〆切を大きく遅れての提出となってしまいました。もしこの文章が皆さんの目に触れているとすれば、それは主催者ばっちさんのお慈悲のおかげです。今後は遅れることのないようにいたします。申し訳ありません。そしてありがとうございました。次回も楽しみにしています。

フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル フェラーリディノレーシングスペシャル 
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:真キムさんURL
目茶区茶、ナツカッコイイです~♪

小学生の頃よく通った「理髪店」にコミックがあってよく待ち時間に読んでました~
まあ今考えたら自動車運転免許がない世代対象?の「ジャンプ」によくこの漫画が掲載されて人気が出たもんだなあーと・・・
それほど「スーパーカーブーム」が凄かったんですよね。

作品のほうですが、ブログも拝見してましたら相当苦労された様ですがこの完成度ならご苦労も報われたのでは?
デカール自作、バキュームフォーム・・・テクを惜しみなく駆使されて、なんというかこの車(模型)への愛というか執念を感じました。

製作お疲れ様でした。
2010/01/21(Thu) | #-[編集]
投稿者:如何様鍼灸師さんURL
ブームのころ フェラーリは512BBとかメジャーしか知りませんが(カウンタック派だったので・・・)、このころの車が一番デザインとして面白かったかもしれませんね。
2010/01/21(Thu) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:ToshikiさんURL
いや、コレはカコイイ。個人的に今大会一番楽しみだったRSですが、予想以上のデキですね。
スポイラーやサイドミラー、色に至るまでエンツオの息子ディノに対する愛の如き拘りは、
エコも電気もなかったスーパーカーがアツかったあの時代を思い起こさせ感涙モノです。
嗚呼フジミのコンペのデキがもう少し良ければ、自分も作りたいのに…。

アルプスプリンター所有者なので、今後白デカールをお使いの時は是非ご連絡をm(__)m
2010/01/21(Thu) | #kLCZl7R6[編集]
投稿者:lc1gr6さんURL
10年程前に永大エアフィックスのキットを赤く塗りましたが、コンナニ格好よくなりませんでした(*^_^*)当時キットをココまで~凄いです!
2010/01/22(Fri) | #0NM5UrOo[編集]
投稿者:OHjiroさんURL
>真キムさん
たしかに当時のブームは凄かったです。当時国道脇に住んでまして、暇さえあれば道路に立ってカメラ構えてました。カウンタックやマセラティボーラは近所にオーナーがいたみたいでそれなりに撮れたんですよ。

今回は初めて試した工作がたくさんあって面白かった反面、失敗の可能性も高くて作りながらドキドキでした。発表できて本当にホッとしました。

>如何様鍼灸師さん
この車は実車がないので、登場したコミックに興味がないとご存じなくても不思議でないです。ちなみに私自身は近所に実車があったことと、コミックのコラム欄で実際に走らすと一番速いと書いてあったマセラッティボーラ派でしたw

>Toshikiさん
少々面はゆいw気に入っていただければ嬉しいです。
ボディの形状自体は当時のままですので、格好良いのは当時の日東科学のお手柄。1/28はコンペの意匠やバランスが混じってくるので、(Aピラーが立ってたり、スポイラーの形だったり)そう考えるとディノRSのベスト造形は1/24ですね。フェラーリ側から見ればこの車は海賊版なんで版権下りることは今後もないことを加味するとこれしか選択肢がない。

いやデカールは苦労しましたwアルプスプリンタは5月で販売終了みたいですね。それまでには何とか手に入れたいと思っているのですが。何かの時には相談させてください。

>lc1gr6さん
永大は多分コンペティツィオーネのキットだと思いますけど、コミック版とはやはりアレンジが違いますよね。池沢先生がインタビューで言ってましたが、どの車も描くときには地面を這うように車高を低くアレンジするとカッコイイとのこと。ディノRSはその典型。キットもそのあたりよく再現できていました。
2010/01/22(Fri) | #YE/cyxYk[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
わーい、スーパーカーだ♪
車は塗装が命。みたいなモンですから、カッコイイ作品はその分の手間がかかってるんですよね・・・
それにしても「アニメの車」みたいなデザインだなぁ。ホントカッコイイです
2010/01/22(Fri) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:ピカさんURL
皆さんおっしゃっていますが、本当に格好良いと思います。
ここまで作るのは大変だったと思います。
自分も何時か車を作りたいと思いました。
お疲れ様でした。
2010/01/23(Sat) | #-[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
昔というか、いつの時代だったか日曜のお昼か正月のお昼間に
「サーキットの狼」の映画を放映したんですよ。
東映制作の実写版(笑

ブログでリアルタイムで拝見してたのですが、完成出来るのだろうかとヒヤヒヤしてたのですが
無事に完成、掲載されて良かったですね。
作品は、シンプルだけどボリューム感があって、マンガちっくじゃなく
まさに王道を行く「スーパーカー」って感じです。

お疲れさまでした。
2010/01/23(Sat) | #-[編集]
投稿者:岩蝙蝠さんURL
お疲れ様です。
・・・正直すごいです(笑)イヤなにがって此れの為(失礼!)にフジミの最新のディー
ノをぶっ潰すとは!或る意味懐コン恐るべしです。というか此れに賭ける情熱が恐るべしでしょうか?
2010/01/23(Sat) | #mQop/nM.[編集]
投稿者:OHjiroさんURL
>へてかるぴさん
うーむその書き方だとこの車ご存じないですか?この車は我々世代の共通言語だと思ってたのですが。
でも考えてみればブームになったとはいえ一コミックのそれも何台もある主人公の愛車の一台にしか過ぎないんですよね。でも格好良いでしょw

>ピカさん
気に入ってもらえれば嬉しいです。
カーモデルぜひ作ってみてください。私もこの車でまだ完成品は2台目ですけど(一台目はこの車のための習作w)、すっかりはまっています。キャラモデル作成の良い息抜きにもなると思います。

>メロウリンクさん
役者さん確か一文字違いの風吹「真」也でしたっけw

ご心配おかけいたしました。締め切りすぎてロスタイムになると急にブログの記事が増えるというw普段からコツコツやってればいいのに。今回は主催のばっちさんにもご迷惑かけましたし、反省。

>岩蝙蝠さん
ディノコンペ含め3台からパーツ流用しております。大好きな車なので後先分からなくなったかもしれません。流用は確かに勿体ないのですが、足りなくなったパーツは後で部品請求して将来は作りますのでご容赦を。
2010/01/23(Sat) | #YE/cyxYk[編集]
投稿者:シツレンオーさんURL
サーキットの狼はよく知りませんが(オイ)
「作りたい物を作る!」と情熱をぶつけて、完成まで持っていけるのが羨ましいです。
四年ごしの夢(だったか?)がかなって良かったですね。
私が、本気で作ると、自分の技術以上の事をやろうとして、挫折するパターンばかりだから、、。
製作お疲れさまでした。
2010/01/24(Sun) | #g8Z8kEYQ[編集]
投稿者:gonzoさんURL
サーキットの狼は記憶にないのですが、スーパーカーブームは薄っすらと記憶に残っているかな。ディノとは違うかっこよさ。いいですねー しかもあの時代のキットをここまでに仕上げるとはOHjiroさんのキットへの愛すら感じてしまいます。本当にお疲れ様でした。
2010/01/25(Mon) | #BxQFZbuQ[編集]
投稿者:OHjiroさんURL
レスが遅くなって申し訳ないです。

>シツレンオーさん
日記を確認すると手をつけたのは2005年なんですよ。時間がかかりまししたw遅れの主な原因は私自身にカーモデルの経験が皆無だったこと、デカールや研ぎ出しなどカーモデル独特の技術にたいして尻込みしてたんですよね。今回初めてスケールモデルが参加可能になったことで背中を押され、習作を一台経てついに完成となりました。結局懐コンがないと何も完成しないということですw

>gonzoさん
確かに古いキットなんですがボディのプロポーションは最高に格好いい。私のやったことはディティールアップのみ。日東のお手柄です。

それにしてもお二人とも元ネタをご存じないんですね。でもあえておすすめするほどのコミックでもなかったりします。我々は当時の思い出フィルターがかかるのでメチャメチャ燃えるんですけどね。もし気が向いたらマンガ喫茶で読んでみてください。
2010/02/07(Sun) | #YE/cyxYk[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。