懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.213 てんぐどーさん

「ゲッターロボG」より
ゲッタードラゴン

ゲッタードラゴン ゲッタードラゴン ゲッタードラゴン ゲッタードラゴン
「ゲッターロボG」よりゲッタードラゴン
バンダイ昭和51年製・歩行版キット

今作は昭和55年頃の復刻版(昭和60年代の説もあり)のため、残念ながら歩行ユニットはついてませんでした。この歩行シリーズは古くは「鉄人28号」に始まり、「マジンガーZ」、「グレートマジンガー」、「ゲッター1・2・3」、「グレンダイザー」、「ライディーン」、「ガイキング」などがあります。

なかでも末期の商品にあたる(?)「ガイキング」はプロポーション、ギミックともに秀逸なのですが、それはまたの機会に。

近年復刻された「ゲッター1・2」や「グレートマジンガー」をお持ちの方はお分かりでしょうが、このシリーズ、歩行のために(といっても脚、動きません)かなりプロポーションが犠牲になっています。特に足首のあたりで。
ですが、シリーズを続けるうちに、徐々に改善されており、この「ゲッタードラゴン」では少ないパーツ数で比較的良好なプロポーションとなっています。
今回はその素性の良さに敬意を表し、極力いじらない方向で製作しています。

頭部・・・
そのままです。
首関節がボディとの挟み込みのため、5ミリ径のポリキャップを入れました。
もちろん可動軸は増やしていません。

胴体~脚部・・・
モナカ式の2パーツ構成。
もちろんそのままです。
首関節を5ミリプラ棒に換え、肩関節に5ミリポリキャップをいれました。
足の裏は電池ボックスのふたになりますが、歩行できませんのでしっかり接着して段差をうめています。

腕部・・・
肩関節は本来歩行ユニットと連動して腕を前後に振る仕組みのため、歩行ユニットのない状態では腕がだらりと垂れ下がってしまいます。
なので5ミリプラ棒で胴体に仕込んだポリキャップと接続。
下腕部は90度回転させるとばねで飛ばせる仕様になっていますが、そのまま作ると拳をたてて飛んでいってしまいます。
そこで取り付け基部(板状の部分が写真でわかりますでしょうか)を一度切断して90度ずらしてとりつけました。
これで手の甲を水平にした状態でロケットパンチが撃てます。・・・・ってゲッターにロケットパンチは無ええええええええ!
・・・・とにかく「ゲッター1」や「グレートマジンガー」には簡単にして、有効な改造です。
おためしあれ。

武装・・・
武器として、トマホークがついてきますが、持たせられません(泣)。
右手に持たせておきました。
胸部にはミサイルランチャーがついています(なにゆえ!)。
ミサイルが予備含めて4本ついてましたので、内2本をゲッター1の未使用パーツと合わせてガトリング砲っぽくしてみました。
気分はジャンボマシンダー(苦笑)。ええ、もちろんこのガトリング砲も飛ばせますとも。
レンコンミサイルみたいなやつが。

塗装・・・
ラッカー筆塗り。
斑だらけです。
マスターグレードサイズなのでとかく単色での塗り面積が大きいです。
今後このサイズは基本色をスプレーで行ったほうがいいでしょうな(号泣)。
エナメル(ほとんど黒)でウォッシングしてトーンダウンさせています。
ZACKさん、ごめんなさい。
今回もスーパーロボットのくせに小汚いです。

以上、どう考えても1週間くらいでできそうなことなのですが、遅れてしまって申訳。
とにかく、無駄に背伸びをせずに、作らせていただきました。
また次がありましたら参加させていただきましたら幸いに思います。
関連記事

【この作品へのコメント】

【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。