懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シツレンオーさん

参加部門 スクラッチ部門
作者名 シツレンオー
登場作品名 闘将ダイモス

使用キット(と言うより材料)
バンダイ ミニプラ兜折神、1/400 バイオロボ、カプセルポピニカ ジョーカー
アオシマ 合体ザンボット3
カバヤ ケイタイチェンジャーモバイーグル
タミヤ プラ板、プラ棒、光硬化パテ
その他、ウェーブ、コトブキヤの市販パーツや、ABSパイプ、ABSとプラ製配線カバー、極小ネジ、真鍮丁番、エポパテ、ABSランナー等も使用
(適当だなぁ)

登場作品概要

番組名 闘将ダイモス
昭和53年4月1日~昭和54年1月27日 
テレビ朝日系 土曜日午後6:00~6:30 全44話

懐かしポイント

これも、ライディーン同様、本編より、玩具の方が懐かしいです。
当時は、スタンダート超合金とプラデラを持ってました。(中途半端)
プラデラは腕をまるごと取り外して、差し替え変形だったと思う、、。

製作コンセプト

当初、懐コン番外編用作品は、二度落とした、ライディーンをスクラッチ部門にエントリーし直すつもりだったが。
スクラッチ部門は「必ず、別機体にしなければ、ならない」事になっていた為。
とりあえず保険として、素組部門を作り、スクラッチ部門はライディーンの代役に前々からやりたかったダイモスを作る事にした。
製作動機は、ライディーンと同じく、超合金魂にガッカリしたからです。(手が出ない値段だし、変形が設定と違い過ぎるから)
製作中に、「別機体にしなくてもOK」になったのには、参りましたが。(苦笑)
今にして思えば、玩具限定のブラックライディーンにすると言う手もあったか、、。
それはさておき、肝心の製作コンセプトは、未だに迷ってます、理想は、金魂とは、違う方法で、完全変形させたかったが。
現実は、今から、非変形に、変更しても、間に合うかどうか、、。
とにかく、外装を作ってから考えよう。(おいおい)

ダイモス ダイモス ダイモス
関連記事

【この作品へのコメント】

【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。