懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロウリンクさん

ニチモ製 30cmシリーズ 戦艦大和

■キットの説明

マブチモーター内蔵で水上走行可能なキット。
1960年代、『ゼロ戦と大和は必ず売れる』と言われた模型業界において、
小スケールから特大スケールなどの数々の戦艦大和を発売してきたニチモが70年代に入って発売したプラモデル。
70年代に入って、艦船モデルはタミヤ・ハセガワ・フジミ・アオシマが
共同で企画・発売を始めた「1/700ウォーターライン(WL)」が人気を集めていた。
その中でニチモが発売した「30cmシリーズ」は、初心者向けとも言えるキットだが、
細部再現・考証もそれなりで、モーター走行可能なプラモは時代に取り残される結果となった。

とはいえ、「30cmシリーズ」は90年代初めまで断続的に商品が発売され、現在では旧日本海軍の戦艦・空母のみ発売・入手可能である。

■懐かしポイント

私は小学2年生のころに作りました。
ただ、モーター内蔵させたかは記憶にありませんが・・・・
黒の糸で張り線したり、紙切れで日章旗を作って付けたりしました。
思えば最初のプラモ改造だったかもしれません。

最近は新規金型によるリニューアルキット発売や、精密なエッチングパーツ発売やらで盛り上がってる艦船モデルですが、
今回はモーター内蔵なのはもちろんですが、「ほどよくリアルでほどよく玩具」
なコンセプトで作ってみようと思います。

■30cm戦艦大和 2009年9月 第一次改装時

・静協の戦艦用ディテールアップパーツ使用
・1/700大和でエッチングパーツ使用により不要になるパーツを移植
・金属チェーン・真鍮線・伸ばしランナーで省略部を再現

大和 大和
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:へてかるぴさんURL
ちょうど、私がガンプラにはまる直前までよく作っていた分野で、
ガンダムと続くと、軽く「お前は俺か」感をw
モノは決まって「大和」。ガキで戦史とか知らなかったもんで、
とにかく最大最強の一番艦として、大和ばっかり作ってました
(プラス、「ヤマト」の影響も多分に有ったはず)

メーカーは覚えてませんが、スクリュー軸にグリスかポマード詰めるように指示されてて、
親父がポマードを使ってなかったので、代わりにマーガリン入れた覚えがあります。
脂が接着剤のジャマして、フタがちゃんとくっつかず、浸水→沈没とかw
いゃー、なんか色々思い出しちゃいますね。
2009/11/14(Sat) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
>へてかるぴさん
このキットもポマードかマーガリン使用を推奨してるのですが、
こういう油系を使うのは苦手なので、エポパテ詰めてます。

艦船モデルは考証やらで、工作時には苦心する(技術的にも金銭面でも)のですが、
『玩具だからパーツがオーバースケールでも格好良ければ無問題』
で作っているので結構楽です。
2009/11/15(Sun) | #-[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。