懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.702 メロウリンクさん

「超時空要塞マクロス(TVシリーズ版)」より
1/72 VF-1D可変バルキリー (バンダイ製)

VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D VF-1D 
「超時空要塞マクロス(TVシリーズ版)」より
1/72 VF-1D可変バルキリー (バンダイ製)

『可変VF-1Dバルキリー』
作者名:メロウリンク
使用キット:1/72VF-1D可変バルキリー(バンダイ製:97年再販版)


■登場作品概要

番組名『超時空要塞マクロス』
1982年(昭和57年)10月3日~1983年(昭和58年)6月26日 
毎日放送 JNN系
毎週日曜日午後2:00~2:30 全36話 企画スタジオぬえ  タツノコプロ製作 

本放送は、開始からしばらくして観始めました。
もちろん、「レインボーマン」と続けてです。
翌年には木曜夕方から再放送が始まり、第1話から観てましたが、修学旅行で観れなかった思い出があります。
「マクロス」はクラスでもマイナーな方で、休憩時や給食時間での雑談でも話題になりませんでした。
確か、アニメは「ザブングル」「ダンバイン」「パタリロ」ぐらいしか男女クラスメート共通の話が出来なかったような記憶があります。

■VF-1Dの特徴
可変戦闘機への機種転換用に改修された複座型訓練機。
コクピットの延長により、機体上面パネル(バトロイド時の胸部)の形状が異なる。
頭部側面にROV-20を各1門装備(装備方はJ型と同じ)し実戦参加も可能。
作品冒頭で一条輝が成り行きで搭乗し(機体番号はVT-102)、劇中で最初に変形を披露した機体である。
(wikiより)

■キット概要
「1/72可変バルキリー」は本放送当時、番組提供をしていた今井科学より発売された。
当時、同じくスポンサーであったタカトクトイスがバルキリーの可変トイを発売、大ヒットしており、プラモデルも「完全変形キット」を期待されていたが発売される事なく、VFバルキリーの変形パターンをミニモデルとして再現していた「4タイプバルキリー」を発売。
その後、しばらくしてファン待望の可変可能のプラモデルが発売された。

しかし、ファイター→ガウォークへの変形はほぼ設定どうりであるが、ガウォーク→バトロイドへはネックとなる機首部分を丸ごと差し換えという処理がなされている。
が、強度を保つために金属&ABSパーツ使用・関節ポリパーツ等、当時としては非常にクオリティーの高いキット内容であった。
最初に発売されたのは輝機のJ型であり、D型は1/72としては最後の発売であった。



D型は特徴的な頭部・胸(前後)・機首(2種)等が追加されている以外は、パーツ構成はJ型等と同じである。
残念なことに武器であるガンポッドは、伸縮ギミックが再現されているのにもかかわらず、前腕に装着できないばかりか、ファイター時にも取付ける事が出来ない。

その後、85年に今井科学の経営危機の際に金型はバンダイへ移り、パーツ追加(タイヤをゴム製へ、ミサイルキャリアなど追加)
されて「バンダイブランド」として継続発売された。
90年代初頭、97年に15周年、08年に20周年と再販されたが、可変D型は08年下半期に再販されている。
ご存知のように、再販のたびに値段が上がっているのは言うまでもない。
なお、なぜか輝仕様のJ型は再販されていない(マックス&ミリア仕様でのみ再販)

■キットの思い出
当時、D型を作りました。
バンダイのプラモと違い、金属・透明パーツが付属していて「超豪華」な印象でした。


特に驚いたのは、拳が収納出来る事。
D型はS型と並んで好きなバルキリーで、当時はイマイのガウォーク、アリイのファイターを作りました。

最初に作ったマクロスシリーズは、アリイのデストロイドモンスターで、あまりの作り難さに捨ててしまった
のですが、後々、それが相当な値段が付くとは当時は思いませんでした。

私は何故かバトロイド形態のバルキリーが好きではないのですが、おそらくアリイのプラモの印象
が、ガンダムプラモのパチモン臭い感じがした事からかも知れません(プラモも酷かったですが)

■製作について
・頭
首を少しいじっただけです。

・機首
ミンメイ人形は、付属しているパイロット人形を削ってエポパテを盛って整形。
後述しますが、ファイター&ガウォーク時に必要な前胸上の左右のでっぱりを削ったので、
機首→前胸→背中への接続部をプラ板と真鍮線で新造してます。
画像で確認してください。

・胸
前胸上の左右のでっぱりを削ました。
前胸中央部はディテールがないので、不要部品になるJ・S・A用の前胸パーツから移植してます。
バトロイド時に腋の下が無いので、隠しパーツをポリ・プラ板・エポパテで作ります。



肩関節部のABS製スライドパーツは左右入れ替えて、上のでっぱり部が下になるようにしてます。
これらは画像で確認してください。

・腕
肩が大きいので三分の一削り、中の関節は約半分ほど削って位置を胸部寄りに移動させます。
二の腕部にポリパーツが入ってないので、ポリを埋め込みプラ棒で接続します。
手首はハセガワのバトロイドバルキリーから流用。
スライド部は少し削っています。
これらは画像で確認してください。
このように変形させないと、バルキリー待機状態時にガンポッド装着が不可になるからです。

おまけパーツで第2話での破壊された左二の腕を作りました。

・腰(バトロイド時の胴体)
下部が弱弱しいので不要パーツの機首から先を切取り移植。
両脚接続用の軸は、少し後ろ向きに曲げてます。

・脚
待機時の脚収納用の蓋のでっぱりを削りました。注意しないと奥に入り込み、開かなくなります。

・主翼
ミサイルを取り付けないので、裏部はパテで埋めてます。

・ガンポッド
キットに付属しているガンポッドは十字に切って幅詰めして収納形態オンリーに。右前腕には真鍮線で接続してます(取外可能)
ガウォーク&バトロイド時の展開時のガンポッドはハセガワのバトロイドバルキリーから手首ごと流用してます。

・バックパック
と、言うかは知りませんが・・・・
片側にバーニア状のモールドが無いのでプラ棒を3本植えて再現。
ガウォーク時にアンテナが出てくるのですが、再現されてないのでABS製プラ棒をライターで炙った伸ばしランナーで再現。
引出・収納可能です。

・デカール
キットのものは何故かフニャフニャになって使えなかったので、再販のスーパーバルキリーの物とハセガワの物を流用。
私はベタベタと注意書き等を貼るのが嫌いなので、必要最低限の物のみ貼ってます。

・塗装
本体はセールカラー、オレンジ部はサファリオレンジ、関節部はミディアムブルーのアニメ仕様です。
(一部、好みで指定変えてます)
フィギュア2体もアニメ第1&2話を見ながら塗り分けてます。
仕上げは半つやにしてます。
クリアーパーツはエナメルのクリアーで接着してます。

■最後に
ミンメイ人形とガンポッドを装着した状態で待機状態のバルキリーが再現出来ました。

あまりハードな改造しなくてもそれなりに良いキットなんですが、地元では不良在庫になっているのはちょっと悲しいかな。

→ 参加表明コメント・画像はコチラ
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:真キムさんURL
おおー
ちゃんとミンメイ(私服)が乗ってる!!

マクロスて(クラスで)マイナーでしたかね?(笑)
ウチの方ぢゃ結構、話題でしたが・・・ええモデラー(ていうか今でいうヲタク)には。

あと本当に細かいとこまで弄ってあり格好いいです。
製作お疲れ様でした
2009/07/06(Mon) | #-[編集]
投稿者:如何様鍼灸師さんURL
 機首やら胸板の固定やらに真鍮線使いまくりは キットへの苦労の表れか・・・
わしは昔Sタイプで製作でしたがバトロイド変形は強度がなくあきらめました。
ポッドの固定や微妙なライン改造(アンテナ収納が泣ける!) お疲れさんでした。

しかし、見所はやっぱりミンメイですか♪ 
2009/07/06(Mon) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:オ・ノーレさんURL
ガウォーク時のアンテナが出し入れ可能というのが何気に凄いですね。
こういったこだわりがバルキリー好きとしてうれしいです。

「完全変形」を謳ってる物でも、このあたりはほとんどスルーされてる事が多いですから。

製作お疲れさまでした。
2009/07/06(Mon) | #/02qLiNA[編集]
投稿者:コブレッティさんURL
メロウリンクさま、初めまして。

スジ彫りなどのディティールが少ないのもあって、アニメのイメージが強い作品に見えます。
かなり私の好みの作品です。

バルキリーはディティールを入れなければならない物でもないという事を教えられたような気がします。
可変バルキリー作りたくなってきますね~。
2009/07/06(Mon) | #-[編集]
投稿者:ToshikiさんURL
大御所が2番手とは…今回は皆さん巻きで作られたんですねぇ…凄。

旧イマイ製だけあってプロポーションの捉え方は秀逸なんですよね、コレ。
何より可変というイマジネーションを刺激させるギミックは子供心にワクワクしました。

以前アリイ版1/100を徹底改修した時、垂直尾翼の形状と胸インテークのラインが気になり変更。
この1/72もアリイがパクった…否オマージュしただけあって同じ問題を抱えてますよね。
機首も差し替えってのがなー、と気になりだすと不良在庫から救出する気が失せるんですよねw

見かける割にきちんとした完成品の少ないこのキット、完成お疲れ様でした。
2009/07/06(Mon) | #kLCZl7R6[編集]
投稿者:シツレンオーさんURL
やっぱり、フィギュアが凄いですねぇ。
ミンメイに目が行きがちだが、輝のヘルメットとか塗るのきつそう、、。
一方、他の(真鍮線等の)改修箇所は、画像を見ても、私の腐った頭では、理解できず、、(ゴメン)
当時ボンボンがサンライズ系を、コロコロがマクロス、オーガスを取り上げていたから。
マクロスの玩具を持ってる子供は、結構居たと思うが、、。
私は、当時S型を作りましたねー、でも色を塗らずにデカール貼っただけ(恥)
不良在庫と言えば、デオデオ倉敷店のオープンセールでこのキットが投売りされてたのを思い出した、、では失礼。
2009/07/06(Mon) | #g8Z8kEYQ[編集]
投稿者:ばっちさんURL
可変バルキリーというと、このご時世に完成させるってのは何か訳有りではないかと勘繰ってしまうキットの一つ。
1/72でも納得行く出来の良い完成品出てるし…。

とはいいつつも、私も当時、非常に憧れたキットでありました。
が、1500円という値段は高くて手が出せなかったものです。(1/144のMSV2個買った方がマシという考えがあったwww)

で、バルキリーといえばやっぱりSやJが人気だったけど、改めて見るとD型って複座で派手で特別な感じがします。

それにしてもポイント押さえた細かい工作、控えめな仕上げ、変形の為の強度の確保、フィギュアやオマケパーツ
良い仕事っす。
2009/07/06(Mon) | #JalddpaA[編集]
投稿者:OHjiroさんURL
3形態完全再現で手のかかるキットをキッチリまとめてきましたね。

なんでS型でなくてD型なんだろうとちょっと不思議だったですが、なるほどミンメイが乗っかっているんですね。このフィギュアの塗りはちょっと真似できない。だってあのサイズでミンメイと輝と認識できるのが凄い。企画としても秀逸。

いつもながら良い仕事です。
2009/07/07(Tue) | #YE/cyxYk[編集]
投稿者:iyahhoさんURL
いいですね
最近緩やかなマクロスブームが自分の中で来ているのですがよい起爆剤になりそうです

可変バルキリーは子供のときからの憧れだったので作ってみたくなりました
完成お疲れ様でした
2009/07/08(Wed) | #EBUSheBA[編集]
投稿者:kmasaさんURL
今井のこのキットは当時から今まで本当に作って見たくなる好キットで、変形キットのお手本みたいな物ですよね。
自分も在庫を持ってます。いつかは作ろうと・・・・。

キットの良さを活かしての改造!丁寧な工作が光る一品ですね。
ご苦労様でした。
2009/07/08(Wed) | #RkYyCwXg[編集]
投稿者:yasさんURL
メロウリンク様、はじめまして。yasと申します。

可変バルキリーは当時の私には敷居が高すぎて、
購入する勇気がもてませんでした。
こうして完成品を拝見させていただくと、
改めて小学生には無理だったなあ。思います。
皆さんも触れていらっしゃいますが、
私もミンメイのフィギュアに目がいってしまいました。
私服のミンメイが乗っている作例は今まで見たことがありません。
アイディアも、そのほかの細かい部分を調整する工作力も凄いです。
いつか、作るときが来たら、是非参考にさせてください。


2009/07/12(Sun) | #sSHoJftA[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
>真キムさん
>>ウチの方ぢゃ結構、話題でしたが・・・ええモデラー(ていうか今でいうヲタク)には。

私は当時、小学生だったんで・・・・
プラモは友人と2人でピタバンとか良く作ってました。
マクロス関係は、その彼と2人だけで細々やってましたよ。

>如何様鍼灸師さん
>>機首やら胸板の固定やらに真鍮線使いまくりは キットへの苦労の表れか・・・

前胸の左右の突起部は結構重要な部分で、これに代わる固定パーツを作るのに試行錯誤の連続でした。

>>ポッドの固定や微妙なライン改造(アンテナ収納が泣ける!) お疲れさんでした。

ガンポッド固定(特にファイター時)は『絶対にやりたい』工作だったのですが、上手く行って良かったです。
まあ、これも試行錯誤の連続でしたけど。。。。
最近の某模型雑誌でも、この作業を実施してなかったんで不満もあったんですけどね・・・・

>オ・ノーレさん
>>ガウォーク時のアンテナが出し入れ可能というのが何気に凄いですね。

最初は極細の真鍮線→硬すぎて収納出来ない
再トライは普通のプラランナーを火で炙って伸ばしランナー→見栄えは良いけど耐久性が無くてボッキリ
再々トライはABS製プラランナーで以下略→耐久性はあるけど見栄えはイマイチ

と、まあ一応またもや試行錯誤してます。。。。

>コブレッティさん
>>スジ彫りなどのディティールが少ないのもあって、アニメのイメージが強い作品に見えます。

ハセガワのキットもありますし、なにしろ私はスジ彫りが苦手なんで^^;
キットは普通に見てもあの程度のディテールで良いかと思います。

>Toshikiさん
>>大御所が2番手とは…今回は皆さん巻きで作られたんですねぇ…凄。

ごめんなさい、実は昨年末には9割完成してたんです^^;

>>胸インテークのラインが気になり変更。

この点は弄ろうかと思ったのですが、私は気になりませんでしたし、なにより当時のまんまで作りたかったので改修は見送りました。

>>何より可変というイマジネーションを刺激させるギミックは子供心にワクワクしました。

当時は下手でもワクワクしながら作って楽しんでたのですが、最近はどうも・・・・

>シツレンオーさん
>>ミンメイに目が行きがちだが、輝のヘルメットとか塗るのきつそう、、。

靴も塗ってるんですが、組み付けると見えません(苦笑
しかも輝よりミンメイの方が「体型がゴツイ」になってます^^;

>>一方、他の(真鍮線等の)改修箇所は、画像を見ても、私の腐った頭では、理解できず、、(ゴメン)

私の撮影技術の責任なので気にしないでください。

>>当時ボンボンがサンライズ系を、コロコロがマクロス、オーガスを取り上げていたから。

ボンボンが「プラモ狂四郎」、コロコロが「ゲームセンターあらし」でマンガとプラモ両方読むのを楽しみにしてました。

>>マクロスの玩具を持ってる子供は、結構居たと思うが、、。

前述の友人の弟がタカトクの可変バルキリー(S型)を所有してたので、遊ばしてもらいました。
当時は「えらくゴツクてデカイ玩具だなぁ」と思ってましたが、近年の再販版でも同じ印象でした。

>>不良在庫と言えば、デオデオ倉敷店のオープンセールでこのキットが投売りされてたのを思い出した

地元のビックカメラ駅前店・メディオ西市店で元気に売れ残ってます
(私が買ったのは中古品)

>ばっちさん
>>可変バルキリーというと、このご時世に完成させるってのは何か訳有りではないかと勘繰ってしまうキットの一つ。

完成出来ませんでしたが、ヤマトとターミネーター同様、偶然ですよ偶然(多分

>>1500円という値段は高くて手が出せなかったものです。(1/144のMSV2個買った方がマシという考えがあったwww)

私は逆でした^^; ごめんなさい。

>>改めて見るとD型って複座で派手で特別な感じがします。

ミンメイと乗ってましたし、ゼントラ人に初遭遇シーンが印象的だったんで。
でもなぜかハセガワ版キットは持ってないんですよね^^;

>OHjiroさん
>>企画としても秀逸。

もうそろそろ可変1/72バルキリーとミンメイ出したかったんで、今回はいいタイミングだったかな。
しかもD型というのが私らしい(笑

>iyahhoさん
>>可変バルキリーは子供のときからの憧れだったので作ってみたくなりました

いっそ、無改造で仕上げるのも良いかと思います。
差替えで変形というのが不満かも知れませんが、設計したのはもうこの世に存在しない模型メーカーなんで。。。。

>kmasaさん
>>自分も在庫を持ってます。いつかは作ろうと・・・・。

返信内容がダブってしまうのですが、もうすでに存在しないメーカーの商品なので、往時をしのびつつぜひ。

>yasさん
>>改めて小学生には無理だったなあ。思います。

この可変バルキリーと、メカニックガンダム&ザクは当時はかなり難易度の高いキットでした(個人的に)

>>私もミンメイのフィギュアに目がいってしまいました。

私はガンポッドに注目して欲しかったんですが、やはりミンメイには勝てませんでしたか^^;
ミンメイ、恐るべし。



今回はどうも有難う御座いました。
2009/07/12(Sun) | #mzMb781o[編集]
投稿者:CUGさんURL
可変バルキリー、良いですね。河森正治も凄いが今井科学も偉い。そして今回難しいキットを徹底工作されたメロウリンクさん、良い作例を見せていただきました!!
 
2009/07/12(Sun) | #mQop/nM.[編集]
投稿者:あきら式改さんURL
メロウリンクさん、お疲れ様でした~!
僕もD型を購入したのですが、完成まで至りませんでした。
番組冒頭の印象があまりに強くていまだにバルキリーといえば最初にこいつが頭の浮かびます。
ファイター時の着陸脚など強度が必要なパーツはメタル製だったですよね。
今のキットならまだしもアノ当時の物をココまで持ってこられてさすがです。

2009/07/13(Mon) | #z.Jczy7U[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
>CUGさん
>>今回難しいキットを徹底工作された
バトロイド形態はほとんどポーズが付けれないんですけどね^^;
気になる部分は納得出来るまで弄れたので満足出来ました。

>あきら式改さん
>>ファイター時の着陸脚など強度が必要なパーツはメタル製だったですよね。
腕のスライドパーツはABS製ですよ。
今井の底力を見せ付けたキットですね。
2009/07/18(Sat) | #mzMb781o[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。