懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シツレンオーさん

作者名 シツレンオー
登場作品名 勇者ライディーン
使用キット バンダイ メカニックコレクション 勇者ライディーン ノンスケール 2002年6月発売 当時価格1800円

流用パーツの犠牲者達
バンダイ ベストメカコレクション 1/400 勇者ライディーン (肘から先)
バンダイ 旧キット(大) 勇者ライディーン (背中、足、ゴッドバードのクロー等)
バンダイ ミニプラ 炎神獅子之進 (股関節)

登場作品概要

番組名 勇者ライディーン
昭和50年4月4日~昭和51年3月26日 
NET(現 テレビ朝日)系 金曜日午後7:00~7:30 全50話

私は、当時3歳なので、本放送を観ていた記憶ははっきりと憶えていません。
小学生の時に、再放送をよく観てました。
全話観たのは、つい最近だったりします(汗)
どちらかと言うと本編より、玩具の方が懐かしいです。
子供の頃は、ジャンボマシンダーとポピニカのゴッドバードを持ってました。
DX超合金勇者ライディーンは、玩具で初めて変形を再現した事は、あまりにも有名ですね。
そのわりには、完全変形する立体物は、ネット上の個人作例を含めて見た事が無い!
超合金魂にガッカリした事もあって、去年のGWから、完全変形を目指して製作再開したのだった、、。
(実は1998年のベストメカコレクション再販時から製作→放置を繰り返していたのよ)

キット概要

さすがに、2002年のバンダイキットだけに、組み立ててシールを貼るだけで、カラフルなライディーンが出来ます。
プロポーションもなかなか、、だがしかし! 初期のメカニックコレクション全般に言える事だが。
一部のパーツがゴムなので、全塗装派には辛いキットである。(某模型誌の作例ではゴムパーツをレジンに置き換えてました)
後、ABSの可動フレームの出来がマジンガーZ等と比べて、悪い、、って言うか、肩のスイング(?)の部分が最初から緩いです。
変形ギミック面では、当時の目で見ても辛いです。 個人的に最大の不満は肩アーマーが変形しない事だったりします。
フェイスカバーは開閉しますが、腕を外して、肩と腕カバーが一体成型のパーツに付け替える方式です。
よって、ギミック面では、メディコムトイや、ハイコンプリートモデルよりも下だと、思われます。(どっちも持ってないですが、、)
余談だが、2009年1月にマジンガーZ、グレートマジンガー、ゲッター1と一緒に2100円に値上げで再販されました。


懐かしポイント

やはり、メカコレシリーズ初期のスーパーロボット路線が、今となっては懐かしいです。
シリーズ当初は、「昔のベストメカコレクションを復活させる」「超合金魂の弟分」のつもりだったようだが。
マジンガーZ→ゲッター1→グレートマジンガー→ライディーンでスーパーロボット路線は実質打ち止めになり(涙)
その後、エウレカセブン→ゼーガペイン→コードギアスとリアルロボット路線になりましたとさ。(違ってたらゴメン)
なお、真の第一弾はビッグオーらしいが、無かった事にされているようだ。

製作コンセプト

ズバリ!ギミック優先、見た目犠牲です。
画像を見ての通り、ほとんど原型を留めてません(笑)
使ったパーツは、首と上腕と腕カバーと羽と足首位です。
もはや「旧キット(大)でエントリーしてもよくね?」とも思ったが、旧キット(大)は仮組みすらしてないので、メカコレでエントリーする事に、、。
私は、基本パチ組族なのに、無茶しすぎ!はたして完成出来るのだろうか?

ライディーン ライディーン ライディーン ライディーン ライディーン ライディーン ライディーン
関連記事

【この作品へのコメント】

【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。