懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kaniさん

キット名:1/48 オーガス オーガロイド 桂
登場作品:超時空世紀オーガス
発売元:有井製作所
管理サイト:kani@models (URL:http://kani9721.blog95.fc2.com/)

登場作品について:
西暦2062年、起動エレベータを巡る2大国間の争いの中、超時空震動兵器が炸裂、
時空の混乱により、主人公桂木桂は乗機のブロンコIIもろとも20年後の地球に飛ばされてしまう。
混乱した時空を修復させる存在「特異点」として、桂は戦いに巻き込まれていき、やがて彼の愛機、ブロンコIIは戦いの中で大破するが、改修・改造されて「戦闘ドリファンド・オーガス」として生まれ変わる。
なお、「オーガス」とは作品世界に登場する、竜のような姿をした民族の「戦いの神」の名である。

社会現象とも言えるほどの人気を博した「超時空要塞マクロス」の後番組であったが、SFテイストの強い世界観や登場人物像などやや難解な作品となっており、マクロスほどのヒットには至らなかった。
ただし、オーガスを初めとする作品に登場するメカ(作品中ではデバイスと呼称)のデザインはかなり先進的であり、放送から25年を迎える今日にあっても古さを感じさせないと思います。

キットについて:
「オーガス」のキットは、前番組の「マクロス」と同様にイマイとアリイが大小スケール(基本1/48と1/72)のキットを分配してリリースする形となっていた。
1/48のオーガスはアリイが担当し、オーガロイド(人型)、ガウォーク、フライヤー(飛行形態)、タンク(戦車w)の4形態と、さらにこれら4形態に変形可能な可変タイプが発売された。
しかし、4タイプ個別と可変タイプはほとんどのパーツが共通となっており、キットごとの違いは極一部パーツのみであるらしい。

今回作製するオーガロイドについても、本来不要な可変の為のギミックが多く盛り込まれており、またプロポーションも他形態を意識している為にバランスが悪い。

製作ポイント:
前述のとおり、非常にキビしい出来のキットでして、ち~っともカッコよくありません。
なので、まずはプロポーションをどうにかしたい。
全体のモールドやエッヂもヌルヌルのダレダレなのでここもどうにかしたい。
可動についてもデザイン上の制約があるとは言え、かなりキビしく、ここもどうにかしたい。
一言でいうと、劇中のしなやかなイメージに少しでも近づけたいと思っています。
(本当にどうにかなるのか・・・??)

#今回製作するキットは数年前にネットオークションで購入した物で、単色刷りパッケージの「完成見本」用キットという事になっていますが、中身は通常版と相違ないものです。

オーガロイド オーガロイド オーガロイド オーガロイド

関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:コブレッティさんURL
完成見本用キットだったんですね!(笑)
過去に某オクで、イシュキックの完成見本バージョンを見かけた事があります。

他にもサザンクロスのラーナ少尉やガルビオン・3タイプなども完成見本バージョンでの出品を見た事があるので、それなりに種類はありそうですね(笑)

2009/02/11(Wed) | #-[編集]
投稿者:kaniさんURL
同じく見本用で、同時に購入したイシュキックとオーガスのミニ4タイプキットを所有していますwこういうの店舗に配られてたんでしょうね。
通常版とパッケージが変えられてるから普通に売り払ってしまうわけにもいかず、けっこう余っていたんでしょうかね。
こっちのパッケージだからってプレミア付いてる分けでもないでしょうし、ホント言うと通常版を入手したかったものです(^^;)


2009/02/11(Wed) | #MAUeFodI[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。