懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メロウリンクさん

「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」より
強力ゼンマイ歩行 みらい怪獣ガイガン(ブルマァク製)

『強力ゼンマイ使用 みらい怪獣歩行ガイガン』
作者名:メロウリンク
使用キット:ノンスケールゼンマイ歩行 ガイガン(バンダイ製:01年復刻版)

■登場作品概要
『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』1972年3月12日公開 東宝映画作品
監督 福田純  特技監督 中野昭慶

『ゴジラ対メガロ』1973年3月17日 東宝映画作品
監督 福田純  特技監督 中野昭慶

『流星人間ゾーン』1973年 東宝製作(TVシリーズ)
第11話「間一髪 ゴジラの叫び!」
・この作品では「未来怪獣」でなく「未来恐獣」である。

当初、『キングギドラの大逆襲』という仮タイトルで製作が始まり、新怪獣ガイガンはギドラの引き立て役に過ぎなかったが、
ガイガンのデザインの良さに急遽、主役級に抜擢され、哀れにもギドラが引き立て役にされてしまった。
予想どおり、子供達の人気者となったガイガンは続編でもないのにも関わらず、
『ゴジラ対メガロ』『流星人間ゾーン』にゲスト出演し、徹頭徹尾、最強の悪役怪獣を演じている。

ただし、『~対ガイガン』『~対メガロ』は低予算で作られたばかりか、ガイガンの仕草が
コンビニ前でたむろしているヤンキーの如くな為、重厚感に欠けるのが残念である。

■未来怪獣ガイガンの特徴
地球侵略を目論む、M宇宙ハンター星雲人が宇宙恐竜をサイボーグ改造した怪獣。
巨大な両手の鉤爪、額から破壊光線、腹部の回転カッターと飛行能力でゴジラを苦しめた。

デザインは当時、少年マガジン等でイラストを多数手掛けていた、イラストレーター水氣隆義氏である。
(長年の間、特撮関係の本では井口昭彦氏とされていた)
誕生と「ガイガン」の名前の由来については水氣氏のサイトをご覧下さい。
http://www.art-micbox.com/w01-gigan01.html

■キット概要
1972年8月発売 初版発売価格¥650。
後に一部パッケージ変更と価格改定がなされ、価格は¥1000に上がっている。

ブルマァク倒産後、金型は奇跡的に残っていたため、2001年にバンダイより再販。
この復刻キットはブルマァクのロゴ入りTシャツ(全6種類)が付属しており、
値段は¥8000(¥5000だったような気もするのですが)と驚きの価格で発売された。
私はTシャツ無しのキットのみの中古品で入手。値段は¥800でした。

通常品と違い、一回り大きい巨大ゼンマイで両手を振りながら歩行。
腹部のカッターはゼンマイによって「上下に動いて回転してるように見える」ギミックは、劇中の気ぐるみと同じである。

■キットの思い出
当時、私は生まれたての赤子なので作った記憶は当然ありません。

ガイガンについては、ポピーの消しゴム人形で遊んだ記憶はあります。
バンダイからブラモが発売されるらしいという情報が、『模型情報』にあったため楽しみにしてたのですが、
結局はゼットンが最後になってしまい、未発売になったのが残念でした。
(ガイガン・ゼットン・カネゴンが発売予定で、ゼットンのみ発売となったそうです)

ツクダホビーから94年ごろにも発売予定があり、原型が発表されたのですが、
これまた未発売になってしまったので、「つくづく不遇なアイテムだのう」と思いました。

■製作について
動力ギミックはそのまま、頭部をメインに少しディテールアップしようと思います。
当時の味わいある造形を極力、殺さぬように。

■資料
・「ゴジラTOY博物館」 バンダイ
・「大ゴジラ図鑑2」 ホビージャパン
・「特技監督 中野昭慶」 ワイズ出版
・「日本プラモデル50年史」 文藝春秋

ガイガン ガイガン ガイガン ガイガン
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:ばっちさんURL
怪獣モノはプラモの歴史も古いですが、ある意味ではスケールモデル並みの拘りコレクターがいらっしゃるのでガレキのクオリティがとんでもなく高かったりしますね。

その反面、古いキットがメチャクチャプレミアモノになってたりする割に完成品はとんと見ない。

それにしても、ガイガン!
私も久しく忘れていたその存在ですが、目、腕、腹、翼に特徴的で明らかに強そーな記号が盛り込まれたデザインには惹かれましたね。

プラモの存在は知らなかったです。
どう調理されるのか楽しみです。
2009/03/05(Thu) | #-[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
先日、仮組したのですが、両手を振りながら口開けっぱなしで歩行する姿は勇ましいものがありました。
ゼンマイの音が結構、うるさかったですけど。

マルサン製電動歩行ゴジラ(ノスタルジックヒーローズ復刻版)と勝負させたら、ガイガンの勝ちでした(苦笑
2009/03/06(Fri) | #mzMb781o[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。