懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.616 メロウリンクさん

ウルトラマンレオ」より
ノンスケール マッキー3号 (今井科学)

マッキー3号 マッキー3号 マッキー3号 マッキー3号 マッキー3号 
『マッキー3号』
作者名:メロウリンク
使用キット:マッキー3号(今井科学)ノンスケール(約1/72)

■登場作品概要

番組名:『ウルトラマンレオ』
1974年(昭和49年)4月12日~1975年(昭和50年)3月28日 TBS系
毎週金曜日19:00~19:30 全51話 円谷プロダクション製作
ウルトラシリーズ第7作目。
『帰ってきたウルトラマン』(1971年)より始まった、俗にいうところの第二期ウルトラシリーズの最終作。
(同時期、仮面ライダーシリーズは『仮面ライダーストロンガー』で終了、ゴジラは『メカゴジラの逆襲』で終了となる)

ウルトラマンファミリーを前面に打ち出し、明るい作風だった前作『ウルトラマンT(タロウ)』
とはうって変わり、「生きる厳しさと悲しみを鮮烈に謳う」をテーマに、主人公が孤独と過酷な状況に直面するが、愛する人達の叱咤激励と過酷な肉体的特訓等によって乗り越えるという、 『根性ドラマ』的路線がとられる事となった。
路線変更と予算削減の憂き目にあうものの、作品テーマを最後まで貫いたが、タロウ同様、ごくごく一部のファンからはあまり良い評価をされていない不遇な作品ではある。

タロウの後をうけ、地球防衛の任に就いたのはウルトラセブン=モロボシ・ダンだった。

宇宙パトロール隊MACの隊長を務める傍ら、ウルトラ戦士として地球を守っていたが、

そこへ銀河の星々を荒らし回るマグマ星人が魔の手を地球へと伸ばしてきたのだ。

暴風雨吹き荒れる黒潮島を舞台に、双子怪獣ブラックギラス&レッドギラスと対峙するセブン。
しかし、双子怪獣の猛攻の前に遂にセブンは倒されてしまう。
マグマ星人の邪悪なサーベルがセブンに振り下ろされるその時、空の彼方から新たなウルトラ戦士がやって来た。
その見知らぬウルトラ戦士はセブンに協力し、なんとかマグマ星人と怪獣を一時的に撤退させる事に成功する。
しかし、戦闘でセブン=ダンは重傷を負い、セブンへの変身能力を無くしてしまう。
セブンを助けた青年はウルトラマンレオと名乗り、彼の故郷L77星はマグマ星人に滅ぼされ、放浪の果てに地球へ流れ着き、地球を「第二の故郷」とし地球人おおとりゲンとして暮らしていたのだ。
ダンは未熟ながらも戦士としてのレオ=ゲンの素質を見抜き、地球防衛の任を彼に託す。


『あそこに沈む夕日が私なら、明日の朝日はウルトラマンレオ、お前だ!』

■レオの思い出

本放送を観ていた記憶ははっきりと憶えていません。
OPの高層ビルが大津波で倒壊するカットとマッキー2号の分離シーンはよく憶えてますが、それは後年の再放送での記憶でしょう。
タカトクかブルマァクのトイで遊んだ記憶があります。
3号は「ハチみたい」と思いました。
ただし、遊んだトイは私のものではありませんでしたが。

■マッキー3号の特徴

MAC(Monster Attacking Crew)アジア支部所属の乗員2名の小型戦闘機。
主にダン隊長が乗り込む。完全空中静止が可能で、機体下部のランチャーから発射するミサイルやレーザー砲などが武器。
第13話ではダン隊長がこの機体でバイブ星人に体当たりして倒した。2号共々第40話で円盤生物シルバーブルーメに捕食される。

■キット概要

今井科学のウルトラマンレオ「マックシリーズ」の一つ。
シリーズと言っても商品ナンバーは無い。パッケ絵は小松崎茂画伯によるもの。
発売日は1974年7月、他の1号・2号と同時発売だった模様。

完成時全長約16cm。
初版時はゼンマイ走行が可能で、先端部がスプリングにて発射可能。
後部の球状パーツは「秘密兵器」と明記され、本体から外してコロ走行が可能だったりする。
成形色は青と赤いパーツで構成されているが、ディテールがかなり省略(一部はデカールにて再現)されているため、完成させるとかなりオモチャ的な感じとなる。

再販は89年と98年にされているが、最終再販となった98年版はゼンマイが省略され、コロ走行仕様になった。
(同時期のバンダイ製ウルトラホークシリーズと同じである)
値段は98年版は¥800であるが、初版は¥300くらいだったと推測される。
今井科学廃業後、金型はアオシマかバンダイが所有していると推測されるが、再販は無さそうである。

タロウ放送時、『モデロック』を発売していた今井科学だが、レオではタカトクが同名で発売。
金型共有でタツノコランドからも発売していた(今では考えられない事だ)
ブルマァクは『ユニパズル』シリーズで過去のウルトラメカも同時期に発売していたが、ソフト人形しかり、あまり積極的に商品展開していたとは感じられない。
これはブルマァクが当時流行していた「スーパーロボットアニメ」の合金トイに力を入れていた為であろう。
ウルトラシリーズ最高の6社からプラモが発売されていたが、その6社はすべて廃業・撤退している。

ブルマァク倒産後、バンダイ(ポピー)がウルトラシリーズの商品を積極的に発売し、今では独占状態である。

■製作について

へてかるぴ隊長殿から資料を頂いたので相当助かりました(多謝)

全体のプロポーションは良いのでそのまま。
銀と赤の塗り分けラインが違う上に、スジ彫りが凸だったり凹するので全部埋めて彫り直し。
本体と後部球状パーツの間にある、赤いフィンは数が足りないのでプラ板で追加。
デカール処理されているモールドは、デザインナイフとピンバイスで彫り直し。
本体下部はゼンマイボックスを取り付ける為、大きくえぐられているのでエポパテで埋めてます。
本編で搭載しているミサイルポッドはプラ板積層で作ってますが、形状・色が不明なので自分流に勝手に推測してデッチあげてます^^;

塗装は
・本体の銀・・・クレオスのシルバー
・本体の赤・・・クレオスのモンザレッド
・黄色・・・・・・・クレオスのRLM04イエロー
・青色・・・・・・・クレオスのキャラクターブルー
・後部球状部側面の球状パーツ・・・シルバー+インディブルー
・仕上げ・・・・クレオスの半つやクリアーと一部にタミヤアクリルつや有りクリアー

スミ入れはエナメルのジャーマングレーを一部に施したのみです。

で、最後に主翼部端の赤いパーツの形状が違う事に気付いたのですが手遅れでした(苦笑)

■最後に

マッキー3号製作中に、ウルトラシリーズの特撮監督を多数手掛けられた、高野宏一さんがお亡くなりになられました。
氏の日本特撮映像史における多大なる功績を偲びつつ、筆を置きます。
高野さん、安らかに。

■参考資料

・へてかるぴ隊長殿からの提供いただいた資料
・日本プラモデル50年史(文芸春秋)
・ウルトラマンプラモデル大鑑(竹書房)
・作品内容&機体解説などはwikiを参考に作成しました。

マッキー3号 マッキー3号 マッキー3号 マッキー3号
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:如何様鍼灸師さんURL
大きさがわかりにくいので、知らない人にはかっこいいねぇくらいでしょうが 良くぞここまで完成させましたな。。。
わしも3号と1号をもってますが・・・そのまま組んで おもちゃどころじゃないですよ?
レオは たしか別の星の宇宙人で弟のアストラ(罪人だっけか) ウルトラセブンが責任者と、かなり変わった趣だったのは覚えてます。
しかし、何を思いこれを完成させられるんでしょうか? 愛情? それとも業?
グリコのおまけがポピニカ魂に変化したような感じ、天晴れですじゃね♪
2008/12/31(Wed) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
ご多分に漏れず、私もこのキット持ってますが、大雑把なフォルムは悪くないものの
かなり省略とか(抜きの関係上?)ディフォルメがあって、
小サイズキットの割りに手間かかりそうだなぁ。とか、ワタシ結構弱腰だったんですが、見事に仕上げられましたねぇ。
途中写真で台になってるタミヤセメントの瓶と見比べてもその小ささがよくわかりますが、
出来上がって単体で見るとその小ささをまったく感じませんね。
モノが小さくなるほど相対的に荒が目立ちやすいので、これはスゴイことだと思います。

今後、自分で作るときには立体見本として活用させてください。お疲れ様でした。
2008/12/31(Wed) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:真キムさんURL
以前、此方のBBSでも書いたような気もしますが、、、、
イマイ製でバンダイから再販されてる「ウルトラセブン」のシリーズ(?)と同類なんですよね?
あれの「ホーク1号」が未だに弄る気が起きません・・・

仮組画像とサフ吹き画像を見て・・ああ元はこんなんだったんだ・・て思いました。
完成画像だけ見てたら元が・・・・・・だなんて・・

製作、お疲れ様でした。
2009/01/03(Sat) | #-[編集]
投稿者:ばっちさんURL
このメカへの愛を感じさせる作品ですね。

私はウルトラマンレオを見ていないので、当然登場するメカの活躍も知らず、このマッキー3号のデザインに関しては、後部の球体ダサーっってくらいに思ってしまいましたし、仮組み画像からの印象も良くありませんでした。

箱絵が良いなぁ…って思いましたが。(箱綺麗ですねー再販もの?)

作品はキットを尊重しつつ丁寧に工作&渋く仕上げられてますよね。
暴走し過ぎることなく、この辺のあたりまえのことをこなして完成させられる(作品を増やす)ことが大切だよなぁ…って最近思ってます。
2009/01/05(Mon) | #JalddpaA[編集]
投稿者:[A'kkiy]さんURL
こんばんわ~
レオは主題歌の初っ端から燃えますよね(笑)
でもコイツはすっかり記憶から無くなってましたけど(;^_^A
パーツの画像を見ると別物の仕上がりですね~
まるでダイキャスト製のミニカーのような感じで、
自作のミサイルポットも当時のデザインっぽくてセンスいいなぁ、、と(^_^)
製作お疲れ様でした~(^_^)
2009/01/05(Mon) | #OaBoOaWY[編集]
投稿者:ToshikiさんURL
まずは駆け込み制作お疲れ様でした。
この頃は既にウルトラに愛想をつかしていましたので機体自体に愛着はありませんが、
後年全滅MACと称されるハードな展開やレオ自体のアヴァンギャルドなデザインを見直すにつけ、
再評価している次第です。
こうしてみるとZATとMACのファイターの双方を併せ持ったようなデザインはなかなか。
押入れから引っ張り出してみますか(在庫あるんかぃ)
2009/01/05(Mon) | #kLCZl7R6[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
>如何様鍼灸師さん
>>レオは たしか別の星の宇宙人で弟のアストラ(罪人だっけか)
私が幼年期に愛読してたウルトラ本(誌名失念)だと、
『レオの故郷、L77星はマグマ星人率いる宇宙怪獣軍団に滅ぼされ』
『レオの弟であるアストラは、マグマ星人に奴隷として連行された』
とかを漫画で描いていたとおぼろげに記憶にあります。

>>しかし、何を思いこれを完成させられるんでしょうか? 愛情? それとも業?
両方でしょうね(笑

>へてかるぴさん
>>小サイズキットの割りに手間かかりそうだなぁ。とか、ワタシ結構弱腰だったんですが、見事に仕上げられましたねぇ。
塗装する前は『こりゃ失敗したなぁ』と思いましたが、細部を塗り分けていくと、
仮組時のオモチャな感じが全然感じられなくなってたのは驚きでした。
ご指摘どうり、フォルム自体が良いからなんでしょう。

へたかるぴさんがZATメカプラモを発表されてたので、『タロウなら次はレオだろう』で今回はMACメカプラモを作りました。
懐コンで放送期に発売されていたメカプラモを網羅出来たら良いですね。
次回の第7回もMACかMATメカで参加・発表したいです。

>真キムさん
>>イマイ製でバンダイから再販されてる「ウルトラセブン」のシリーズ(?)と同類なんですよね?
バンダイ再販(1999年)のセブンシリーズは1972年発売で、元々は秘密基地とセットの物がオリジナル商品だそうです。
その後、単品発売したり、「ザ☆ウルトラマン」や第一次ガンプラブーム時にはミニ怪獣プラモがセットになって再販してました。
私はホーク2号持ってますが、デフォルメがキツくて出来はまずまずですね。
ただ、飛んでるポーズのセブン人形は嬉しいオマケですが。

>ばっちさん
>>箱絵が良いなぁ…って思いましたが。(箱綺麗ですねー再販もの?)
再販時のデッドストックものです。
下箱に検品チェックのハンコが押してるのですが、奇しくもその10年後に完成させた事に変な縁というのを感じました。
イマイという会社は存在してませんが、検品チェックをした方は今も元気にされてるのだろうか?
と思いました。

>[A'kkiy]さん
>>まるでダイキャスト製のミニカーのような感じで、
自作のミサイルポットも当時のデザインっぽくてセンスいいなぁ、、と(^_^)
本当は、ミサイルポッドはやや真四角な箱で赤色だったようです。
あまりスミ入れやヨゴシをいれず、ご指摘どうりダイキャストトイのような感じ
になるように仕上げてみました。
このように仕上げるのが良いみたいですね。

>Toshikiさん
>>後年全滅MACと称されるハードな展開やレオ自体のアヴァンギャルドなデザインを見直すにつけ、
再評価している次第です。
今のドラマ(大人向けも子供向けも)にはない骨太というか、悪くいえばドロ臭い展開がもう作れないのではないかな、と思ったりもします。
初期に登場する宇宙人が「侵略」でなく、無差別殺人鬼のようなヤツもいて、こういう設定が幼心に凄く怖かった思い出があります。

次回もよろしく&お楽しみに。
2009/01/11(Sun) | #mzMb781o[編集]
投稿者:シツレンオーさんURL
はじめまして、シツレンオーと申します。
レオは再放送で良く見てました(私はザ☆ウルトラマンと80を見ていた世代なので)
それにしても、今井化学のロゴまで塗っているのは、恐れ入ります、、。
>私が幼年期に愛読してたウルトラ本(誌名失念)
うろ覚えですが、多分、今は亡きケイブンシャの大百科ではないかと、、。
ところで、最近本編が見られなくて、嘆いていたようだが。
Yahoo!動画で見たのかしら? それとも録画VHSを発掘?
まさか、モノサガシで英語名で検索(以下略)
帰省先で作ろうとしてた物も気になる、、。
次回作を楽しみにしています。
2009/01/12(Mon) | #g8Z8kEYQ[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
・お詫び
上のへてかるぴさん宛ての返信に「へたかるぴさん」と書いていました。。。。
心よりお詫び申し上げます。
まことにすいません。

>シツレンオーさん
>>レオは再放送で良く見てました(私はザ☆ウルトラマンと80を見ていた世代なので)
私と同世代なんですね。スカイライダー&スーパー1も観てましたか?(笑
80はスペースマミーを作りましたよ。
>>それにしても、今井化学のロゴまで塗っているのは、恐れ入ります、、。
不要パーツなんですが、捨てるには惜しい出来だったので・・・・
メーカーロゴシリーズとかしてみましょうか。
>>うろ覚えですが、多分、今は亡きケイブンシャの大百科ではないかと、、。
でしょうね。まんがレオ物語に出てくるベムスター?はよく覚えてるんですが。
>>ところで、最近本編が見られなくて、嘆いていたようだが。
ぶっちゃけて言うと、本編は中国の動画サイトで発見しました。
日本語オリジナル版でしたが、本編24分閲覧するのにダウンロードが約50分かかるという・・・・
結局、1話だけ観ました。
他に、ようつべだと何故か中国語(広東語?)の物が容易に観られるようで、他の国の動画サイトでもチラホラ観かけます。
2年前ぐらいだとババルウ星人編とか観掛けたんですけどね。
ニコ動だとプレッシャー星人と円盤生物ブニョの登場回とか、ファンの作ったPVとか良く観掛けます。
とまあ、資料探しに拝見したのですが役には立ちませんでしたね^^;
>>帰省先で作ろうとしてた物も気になる、、。
マルイのマットアロー1号&2号、「ロープラコンペ」用の作品、
ガンダムHGUCシリーズのガンダムアレックス&ザク改です。
2009/01/13(Tue) | #mzMb781o[編集]
投稿者:kmasaさんURL
ウルトラメカのプラモは時代の関係で遊びが盛り込まれた玩具のようなキットばかりですよね!それをプロップのような仕上がりに完成させる!凄いです。
今井のロゴはゼンマイケースのそこだったんですね。最初は何のパーツだかわかりませんでした。とにかくお疲れさまでした。
2009/01/15(Thu) | #RkYyCwXg[編集]
投稿者:みやこさんURL
遅ればせながら、完成お疲れ様でした。
タロウ・レオとどんどん奇天烈デザイン化して行った頃のキットですが、レオ関係は
何故かキットを持っているんですよね。多分HJのUWWのアレンジ版の影響?

作品の方は現物を持っているだけに苦労がしのばれます。
2009/01/15(Thu) | #-[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
>kmasaさん
>>ウルトラメカのプラモは時代の関係で遊びが盛り込まれた玩具のようなキットばかりですよね!
当時は「コレジャない」感なものばかりで不満があったのですが、80年以降の「リアル志向」のものだと遊びごころが無いなぁと複雑に思ったりします^^;

>みやこさん
>>レオ関係は 何故かキットを持っているんですよね。多分HJのUWWのアレンジ版の影響?
私はマッキー1号持ってないんですよね。
なんでこれだけ売れるんですかね、ほとんど劇中に出てないのに(苦笑)
>>作品の方は現物を持っているだけに苦労がしのばれます。
いじればいじる程、出来が良くなっていく楽しい作業でした。
ただ、後部球状パーツをクリアーパーツに出来なかったのが残念でしたけど。。。。
2009/01/17(Sat) | #-[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。