懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.553 Aceさん

「超電磁ロボ コン・バトラーV」より
バトルジェット (バンダイ)

バトルジェットバトルジェットバトルジェットバトルジェットバトルジェット
★登場作品概要
番組名:『超電磁ロボ コン・バトラーV』
1976年(昭和51年)4月17日~1977年(昭和52年)5月28日放送、全54話。
後に「長浜ロマンロボット3部作」と呼ばれる作品群の第1作目に数えられている。通称はコンV。

主役メカ「コン・バトラーV」
キャンベル星人の巨大戦闘メカ・どれい獣に対抗するため、南原博士が開発した。
5機のバトルマシンが合体、全長57.0メートル、重量550.0トンの巨大ロボットとなる。
バトルジェットはいわゆる1号メカで、合体後はコン・バトラーVの頭部となる高速戦闘機。
パイロットは葵豹馬(あおい ひょうま)主人公でチームリーダー。熱血少年だが、ひねくれた部分もある。
孤児院育ち、暴走族あがりでケンカの達人…という設定が時代を感じさせる。

★キット概要
なんと接着剤不要のスナップフィットキット!極太のダボによりパーツを固定。
アオシマ合体ロボ風の、張り合わせたパーツをリング状のパーツで止める構造も。
もちろん他のバトルマシンも発売されており、揃えるとコンバイン可能。
ゼンマイボックス内蔵で走ります。シール付属。

★懐かしポイント
当時、小学校低学年だった私に、サンタさんはコイツの超合金をプレゼントしてくれました。
従ってキット自体というより、コンVというアイテム自体に懐かしさを感じてしまいます。
私が巨大ロボ好きになってしまった、その原点とも言える作品です。

★製作コンセプト
「元キットの味を損なわず、ちゃんと作ろう」…です。要するに素組。なんにも弄ってません。
古いキットゆえ生じる隙間やらをちゃんと埋めて、普通に作っただけ。もちろんゼンマイ走行も活かしてます。

もちろんコレを作った以上、野望がありまして…最終目的は当然、「レェーーッツ、コンバイン!」です。

バトルジェットバトルジェットバトルジェットバトルジェット
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:真キムさんURL
キッチリ作るだけでもシンドそうですが(隙間やら・・)・・

>「レェーーッツ、コンバイン!」
是非ともこのクオリティでの合体した状態を作品を拝見したいです。

作るの大変そうですが(5体も・・)頑張ってください。

2008/01/02(Wed) | #-[編集]
投稿者:iyahhoさんURL
貴重そうなキットを惜しみなく完成させる所が素敵
プラモは作ってナンボ、という漢らしさを感じます
いつの日か完成を見る日をお待ちしております
2008/01/04(Fri) | #EBUSheBA[編集]
投稿者:みやこさんURL
家にも1セット在りますが、正直、どうした物かと頭抱えていたんですよ。
目からうろこで持ち味を活かした作り方でも在りかなと。
2008/01/09(Wed) | #-[編集]
投稿者:くろたけさんURL
おおっこの顔を見るとつい歌いたくなりますね~

早く合体した姿が見たい・・・
2008/05/28(Wed) | #vXeIqmFk[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。