懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.525 メロウリンクさん

「大怪獣ガメラ」より
1/350 ガメラ (バンダイ)

ガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラ
→電動、発光ギミックの動画!!(swf形式)
■作品概要
北極で水爆を搭載した軍用機が爆発。
氷河の下で8000年以上も眠り続けていた、大怪獣ガメラが復活した。
口から放射する火炎と自由自在に空中を飛行する能力を駆使し、東京を大破壊させたガメラは『Z計画』によって宇宙へ放逐される。
だが、隕石と衝突してガメラを搭載したカプセルミサイルは破壊され、再びガメラは地球へ帰還する。

ガメラには人類、特に子供と心を通わせる能力を持ち、ガメラの「正義の心」は子供たちからの「大変な事が起きてる、助けて」「悪い怪獣をやっつけて」という願いから来ているらしい。
宇宙から帰還したガメラは、目の前に現れる恐るべき武器を持つ強敵・・・・バルゴン・ギャオス・バイラスなどの怪獣・侵略宇宙人と戦うのであった。

ガメラが登場した1960年代中頃は俗にいう「怪獣ブーム」が起きた時期であった。


映画は東宝製作の「ゴジラ」などの円谷英二特技監督が特撮を担当する特撮映画シリーズが国内外でも評判であり、TVでは円谷プロの「ウルトラQ」「ウルトラマン」が子供たちに大人気であった。
このブームにより、今まで特撮怪獣映画を製作した事のない松竹・日活、そして大映もが製作を開始した。
だが、残ったのはギララ(松竹)ガッパ(日活)でなく、大映のガメラであった。
ガメラは1971年まで7作品作られ、大映倒産の為、シリーズは終了した。

■キット概要
バンダイから1984年6月ごろ発売。「ザ・特撮コレクションシリーズ」の一つ。
スケールは1/350で、シリーズNo.はNo.9である。
原型製作は当時、海洋堂で活躍していた速水仁司氏が担当。
氏にとってはNo.8のキングギドラに続いて原型を担当した。
なお、パッケージイラストはシリーズ全てを開田裕治氏が担当している。

頭部・両腕・両足・尻尾の元部が半球状になっており、好きな角度で接着してポーズが決められる。
また、飛行用のカバーパーツが付いており飛行形態が2種類作れる。
オマケは航空自衛隊が使用していたF-104ジェット機1個が付属。

背中の甲羅がスライド金型で成型されており、今の目で見ても高レベルなディテールを有している。
プロポーションは、やや頭部が小さめに作られているため、劇中のガメラより正直「カッコイイ」と言える。

■懐かしポイント
このプラモは発売当時に作りました。
HJ誌で村尾ゴジラ氏がゴムと針金で「可動モデル」にしていた記事を読み、チャレンジして失敗した記憶があります。
その後、90年ごろに再販されたのでこの時期に購入、そのままにしてました。
日東のプラモも作った事もあるので、それと比べて「相当リアルな怪獣プラモやね」と思いました。
発売から20年以上経っても色褪せない名キットと言えるでしょう。

■製作について
まず両腕・両足・尻尾を確実に本体に密着させるため、本体接続部のシワモールドを削りとります。
接着剤で仮付けした後、少量のエポパテで隙間を埋めるながらパーツを固定させます。


パテが固まったら再び、エポパテでシワ状のモールドを固まらないうちにデザインナイフで作って本体と馴染ませます。
他に足首・手首が細いので上記と同じような作業を行ないます。
口の部分もエポパテで生物的なモールドをエポパテとデザインナイフで行います(仮組画像をご覧ください)

飛行形態は発売当時に製作した物が本体(甲羅)のみ現存していたので、カバーパーツを付けて製作。
ムギ球を両腕・両足部に計4個取り付け。悪乗りしてマブチモーターを組み込んで回転出来るようにしました。
(この場合、モーターのシャフトが回転するのでなく、モーター本体を回転させるようにした)
ちなみに飛行形態では逆時計回りで回転します。
電池BOXが入手出来なかったので、やむなくセロハンテープで電池に直着けしてます。


塗装は、本体はMG百式の関節色を少し濃くして塗り、ネービーブルー・フラットブラック・ニュートラルグレーの混色でドライブラシ。
口内はモンザレッドに少量の黒を混ぜた色を塗り、モンザレッド・フラットホワイトで作ったピンクでドライブラシ。
その後、アクリルのクリアーレッドで凹部を塗って生物的に仕上げていきます。
爪・牙は最初にサンディブラウン+フラットホワイトで厚めに塗ります。
乾燥後、元部にブラウンを塗ります。乾燥後、ブラウンを少し残しながらつや有りホワイトをドライブラシします(若干、凸凹させます)
終了後、ブラウンとホワイトをシンナーで溶かしながら自然な感じにします。
仕上げはエナメルのフラットブラウンを塗り、ある程度、乾燥後したら拭き取ります。


歯の部分は、元部が普通のレッドになるだけで、塗装工程は爪と同じです。
目はガイヤカラーのホワイトで塗装して、乾燥後はグランプリホワイトを塗装。
本来、ガメラは黒目だけで瞳はないのですが、イマイチ格好悪いので瞳を入れてみました。
仕上げにアクリルのクリアーを厚く塗ってます。

■最後に
23年ぶりに同キットの製作になるのですが、爪の塗装法は当時から使っていた方法で、元々は誰の製作記事を参考にしたのだろう。
怪獣モデルは11年ぶりの完成となりますが、進歩してないなーと思いました(^^;


製作は塗装重視だったので結構、気楽に楽しめました。
今度は初代ゴジラをレストアしようと思います。というか、バンダイさん再販してね。

>ガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラガメラ
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:真キムさんURL
すいません。笑わせて頂きました。
モーター仕込んで回転・・・・
アイデアと工作にヤラレマシタ・・・・
「特撮コレクション」懐かしいです(遠い目・・)
2007/11/02(Fri) | #-[編集]
投稿者:OHjiroさんURL
毎度お世話になってます。OHjiroです。

事前に車と怪獣とアニメフィギュアを作っていて、電飾とモーター仕込んだと聞けば、普通車が点灯して走ると思いますよ。してやられました(笑)

頭手足でている方(本来はこっちがメイン?)も、そつがない出来です。ちょっと愛嬌があって可愛かったりもしますね。
2007/11/02(Fri) | #-[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
動画、堪能いたしました。
脳内で「ひぃ~~~~~ん」という効果音が聞こえましたよ。

ナマモノ系の模型が不得意な私は怪獣プラモはやった事が無いのですが、
怪獣としては、ゴジラよりガメラの方が好きでした。
このキット、F-104も付属してたんですか、結構ツボを押さえたオマケですね。
買っといたらよかったな・・・
2007/11/03(Sat) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
>真キムさん
>>アイデアと工作にヤラレマシタ・・・・
当初はムギ球発光だけだったのですが、どうせここまで来たら・・・・
という事で回転ギミックを入れました。
実は引越しの際に、甲羅は破棄しようと思ったのですが捨てずに良かったです。

>OHjiroさん
>>電飾とモーター仕込んだと聞けば、普通車が点灯して走ると思いますよ。
いや、走らせるより回すのです(笑
昔、日東のプラモで頭・両腕だけだしてゼンマイ走行するガメラのプラモって存在したのですよ。

>へてかるぴさん
>>脳内で「ひぃ~~~~~ん」という効果音が聞こえましたよ。
変換する前のオリジナル動画はBGMに「ガメラマーチ」(ガメラ~ガメラ~強いぞガメラ♪の方)が流れるのですが、変換した際に消えたみたいです^^;
モーターを組込んだのはイイのですが、問題は回転数を落とす事が出来なくて、モーターのシャフトを固定+台座への接続用の軸を太くして「摩擦」で回転数を落とそうとしたのですが、モーターが負荷の為に短時間で熱を持ってしまうために撮影は恐々しながらしてました。

>>このキット、F-104も付属してたんですか、結構ツボを押さえたオマケですね。
初代ゴジラはF-セイバーが2つ付いてます。
今回のガメラはF-104が2つあるのですが、これは今回使った再販キットと発売当時に作ったキットに付属していた物です。
コメントに書き忘れてますが、先頭部を真鍮線に変えてます。
2007/11/04(Sun) | #mzMb781o[編集]
投稿者:くろたけさんURL
やられた~こっちだったのか~
う~音付で見てみたい~

と思ってじっくり作品を見たらまぁすげ~技術のオンパレードってな作品ですね。
接着面なんてわかりゃ知ね~し皮膚なんか着ぐるみそのままみたいだし目なんか生きてるみたいだし・・・
ネタに隠れてる気がするけどすごい作品ですね。
2007/11/06(Tue) | #vXeIqmFk[編集]
投稿者:オシリナデール大佐さんURL
回転笑いました。世界初のアイデアですね^^
キングギドラは、子供の頃作った覚えがあります。ガメラが、こんな風に
飛んでいたのを見た記憶がありますね。楽しい作品ですw
2007/11/06(Tue) | #-[編集]
投稿者:みやこさんURL
おもちゃで床を回転しながら走るトイは在ったと思いますが、ガメラの飛行を
再現て盲点でした。
誰もがやりそうで誰もしてなったてやつですよ。
固定モデルの方もいつもながら丁重な塗装で重量感が出ていて素晴らしいと
思いました。
2007/12/05(Wed) | #-[編集]
投稿者:KAOLUさんURL
 ワハハと笑わせていただきました。ガメラの回転ジェットって、やっている人がいそうなものですが初めて見ましたよ。このまま飛んでいきそう~・・・とはさすがにいきませんか(笑)。
 「THE特撮コレクション」こんな凝った説明書が入っていたんですね。送り手側の熱意も伝わる好キットだったんですね。
2007/12/05(Wed) | #-[編集]
投稿者:やしんたさんURL
電動ギミックのインパクトに目がいってしまいがちですが、立っている方のガメラの質感と仕上げの絶妙さも素晴らしいものです。
同ジャンルでメロウリンクさんを超えるには火を吐くゴジラか完全変形物体Xぐらいしか思いつきません。ヒーローの愛車、拳法家、怪獣とものすごい振り幅ですね。
2007/12/05(Wed) | #u7mWjnu2[編集]
投稿者:如何様鍼灸師さんURL
生き物のモーターライズ、よく思いつきましたねぇ~
塗装も、爪の感じとかよく出てます。
ネタかぶりですが、静と動の違いか。こんなアレンジもあるのか。
対照的な味付け面白く拝見しましたです。
2007/12/07(Fri) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:ZeakさんURL
昔のキットで、こんなにカッコイイのがあったんですね。
ほんとに、今の目で見ても、すごい造型です。
子供の頃は、ガメラや、ゴジラの映画は定番でしたね。
よく見てました。
今回も、お見事な、製作と知識です。
2007/12/08(Sat) | #GBCQ9JKA[編集]
投稿者:ガメラ医師さんURL
 私は「ガメラ医師のBlog」管理人のガメラ医師と申します。2005年8月以来、映画ガメラに関する情報収集Blogを更新しており、こちらの記事にはガメラの検索から参りました。
 こちらのガメラは、静止版の仕上がり、可動Typeの工作ともに、素晴らしい出来の作品と思います。秀作を拝見でき誠に有難うございました。
 拙Blogでは従来より、ガメラのフィギュアに付いてのBlog記事をまとめており、この度12月7日付けの更新「12月上旬のフィギュア関連情報」
http://blog.goo.ne.jp/gameraishi/e/15e2e61088be7d3e6ccd42694d5ee36f
中にて、こちらの記事を引用・ご紹介させて頂きましたので、ご挨拶に参上しました。差し支えなければ拙Blogもご笑覧頂ければ幸いです。
 長文ご無礼致しました。それではこれにて失礼します。
2007/12/08(Sat) | #uzicl2Lc[編集]
投稿者:岩蝙蝠さんURL
お疲れ様です。これはいいですねぇ~このシリーズはゴジラの皮膚の表現に半田鏝を使って我乍ら上手くいったのに味を占めてガメラを筆頭に可也買い込んだ記憶が有ります。そして今も何処かに・・・・(涙)
2007/12/10(Mon) | #IiCmOo1o[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
>くろたけさん
>>まぁすげ~技術のオンパレードってな作品ですね。
プラモ・レジン・ソフビと怪獣キットを試行錯誤しながら我流で製作してきましたので(笑
それが生かせれたって事ですかね。20年前にも一度作ったキットですし、リベンジできて良かったです。

>オシリナデール大佐さん
>>ガメラが、こんな風に 飛んでいたのを見た記憶がありますね
着陸は胴体着陸なんですよね^^;
ビルやら建物を破壊しながら・・・・(苦笑

>みやこさん
>>誰もがやりそうで誰もしてなったてやつですよ。
このネタを「懐コン」で行なえて良かったです(笑
問題なのは、完成後の保管場所なんですけどね^^;
(今は本棚の本の上で転がってます)

>KAOLUさん
>>このまま飛んでいきそう~・・・とはさすがにいきませんか(笑)。
長時間廻してると、回転が速過ぎて台座から外れそうになります(マジで)
>> 送り手側の熱意も伝わる好キットだったんですね。
今の熱意とは違うものを感じますね。

>やしんたさん
>>ヒーローの愛車、拳法家、怪獣とものすごい振り幅ですね。
出来うるかぎりネタが被らないと言うか、「絶対に作らないだろう」と考えてチョイスしたのですが、みやこさんと亀が被ったのは驚きでした(笑
コンペとしては少しは盛り上げに協力出来たかな?

>如何様鍼灸師さん
>>生き物のモーターライズ、よく思いつきましたねぇ~
ノストラジックヒーローズの復刻電動プラモウルトラマン&ゴジラを持ってますが、動く怪獣プラモも楽しいものだと思いました。
ガッパとかガイガンとか作りたいですね。

>Zeakさん
>>子供の頃は、ガメラや、ゴジラの映画は定番でしたね。 よく見てました。
ゴジラはあまりTVでは放送しなかったのですが、ガメラはよく長期休暇の時に放送してました。
なのでよく、日東のガメラシリーズとか作ってましたよ。
ギャオスが蝙蝠傘みたいでガッカリした記憶があります。

>ガメラ医師さん
>>こちらの記事を引用・ご紹介させて頂きました
84年・90年に購入して、幾度の売却・破棄の危機を乗り越えて完成したのですが、こうして陽の目を見ることが出来て良かったです。有難う御座います。

>岩蝙蝠さん
>>ガメラを筆頭に可也買い込んだ記憶が有ります。
全シリーズ持ってたのですが、従兄弟にあげたりしたりしたので現存してるのはゴジラとガメラだけになりました。
が、Zeakさんの御協力で次回も怪獣ネタで行けそうです。
2007/12/13(Thu) | #mzMb781o[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。