懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.512 へてかるぴさん

「ウルトラマンタロウ」より
ノンスケール コンドル-1 (バンダイ)

コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1
『コンドル1号』
作者名:へてかるぴ
使用キット:コンドル1号(バンダイ)ノンスケール(約1/100)

■登場作品概要
番組名:『ウルトラマンT(タロウ)
1973年(昭和48年)4月6日から、1974年(昭和49年)4月5日まで、TBS系で
毎週金曜日19:00~放送された。全53話。
前年、前々年の2作が比較的ハードな路線だったのとは打って変わって、明るいタッチの
作風となった。
前年の「怪獣を越えた怪物」超獣の生き残りを第一話で登場させ、それをほぼ瞬殺するという演出で「超獣を越えた怪物」大怪獣を登場させたが、以後、劇中では単に怪獣と呼称されたため、超獣に比べてその印象は薄い。

■機体設定
「宇宙科学警備隊」ZAT(Zariba of All Territory)が使用する戦闘攻撃機。
最高速度マッハ8.8 全長20m 全幅23m 全高9m 重量22t 最大定員2名
機首に連装の高出力ビーム砲を、両翼に高性能ミサイル(これまた装弾数、実に数百発!!)
さらに胴体下には大型ミサイル1発を持つ。(ただし未搭載での出撃も多い)
最近は、『ウルトラマンメビウス』にてメテオールという概念が設定されたため、本機の特徴であるリング状主翼は、『それまでのチームが撃墜したUFOなどの分析によって得られた、地球外技術解明の初期成果』の反重力コイルと言う事になってきているようだ。
本機はZAT最初の反重力コイル採用機であり、後発のスーパースワローと異なり単独大気圏離脱能力は持たないが、ブースターなどで一旦宇宙に上げてしまえば、その後の宇宙での作戦行動自体は問題なく可能らしい。
本機のボディ形状が「謎の円盤UFO」にでてきたインターセプターに酷似している事から、開発元はブリティッシュエアロスペースではないかと勝手に脳内設定しています。

■キット概要
バンダイマスコミシリーズ№65、これも当時モノです。
完成時全長約22cm、全幅約24cm。ゼンマイ走行し、主翼の折りたたみとミサイルギミックがあります。
同機のキットは当時イマイの『モデロック』でも発売されていましたが、こちらの方が少し大きめです。
機体は主に青いプラで構成されますが、そこへ赤色の模様パーツを貼り付けるようになっており、塗装しなくても組み立てた時点でほぼ劇中と同じ色分けが完了しています。この頃からもう「バンダイ的」だったんですね・・・
ただ、当時はCADなど無かった時代。この時点での部品色分けは、まだ決定的に経験値不足だったようで、とても合いが悪く、現在の私にとっては単にいらん手間を増やしてくれただけみたいなものでした。
(当時としては子供に親切な設計かもしれませんが)
また今回は当初、極力製品の原形をとどめた形にて仕上げようと思っていました。
ですが、肝心のゼンマイが自然劣化で使い物にならなくなっており、一転してディスプレイ仕様にする事にしました。
とはいえ、プロポーションは全く弄っていません。せいぜい垂直尾翼の形状を曲線基調から直線に変えたくらいです。
後は基本工作と、ジャンク類での極々若干のディテールアップのみ。
ボディ形状は基本的に良好なのですが、胴体下に箱型のゼンマイボックスを接着するようになっており、主翼基部と下部大型ミサイルの前後が、そのハコの中ほどから直接前後左右に生えている形状になっていたため、ハコをなくすとかなりの範囲にわたって重要部が欠損してしまいます。
そこで主翼基部を必要なだけ延長し、精度よく頑丈に胴体下に移植するのがまず最初の難関でした。その後は赤と青のパーツのケンカが激しくって刷り合わせに数ヶ月・・・
(いや、そればかりべったりって訳ではないんですが)
下部大型ミサイルは、中程の欠損区画を適当にジャンク合成ででっち上げました。
このキットで面白かったのがパイロットの人形です。全身1パーツの泥人形レベルのひとですが、服装がどう見ても「大戦中の搭乗員」だったのです。
なので、ZAT制服色でなく、カーキに白襟白マスクにしてみました。(キャノピーがあまりよくないんで判り難くなってますが)
最後に、付属のデカールにはZATマークがありませんでした。当時のレベルでは印刷できなかったのかな?今回はインクジェット用デカールシートというモノを入手できたので、それで再現しました。便利な世の中ですね。

■懐かしポイント
当時は、「なんじゃこいつ変なカタチ」とか思ってて、正直ちっともカッコよいと思えませんでした。
ですが最近になって、“メテオールで反重力云々”という前提で見ると、
むしろ「こうでなければおかしい」とさえ思えてきます。勝手なモンですねw

■製作コンセプト
『レアキットも積んどくだけではガラクタ同然』
が私のポリシーですので、ノリに任せてどんどん手をつけます。
着手しといて、それで完成しないと、もったいないので意地でも進めます。
そういう事です。(懐コンが有って良かった・・・)
塗装は、今回も殆ど全て缶スプで行ないました。
(ベースホワイト・ブリリアントレッド・ライトメタリックブルー)
時間が足りなくって、少しばかり荒い仕上がりになってしまったのが心残りな点ですね。
今回間に合いませんでしたが、今後、専用の架台とターンテーブルを作ってみようとは思っています。

コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1号コンドル1号
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:真キムさんURL
自作デカール・・・そうきましたかー
しかし!!曲線美のマスキング等、製作乙でした。

>「レアキットも積んどくだけではガラクタ同然」

耳が痛いです・・・いやむしろ・・
此方は「製作途中(放置)品は未開封在庫よりタチが悪い」状態ですので・・・・
2007/11/02(Fri) | #-[編集]
投稿者:OHjiroさんURL
制作途中画像のパテ盛りが部品あわせのすさまじさを物語ってますね。で結局マスキングが必要になると(笑)マスキングって苦手なんですよね。一度コツを教えていただきたい物です。

丁寧な工作と美しい光沢、そしてビシッと決まった塗り分けライン。素晴らしいです。

『レアキットも積んどくだけではガラクタ同然』 というのは名言ですね。でもなかなか実行できないのも事実です。私の場合は勿体ないというよりも、むしろ自分の腕がイマイチ信用できなくて貴重なキットをただ無駄にしかねないという心配から手をつけられないんです。精進します(笑)
2007/11/03(Sat) | #-[編集]
投稿者:メロウリンクさんURL
パッケの怪獣はアストロモンスかな?

付属のZATマークが付属してなかったそうですが、BBSで書き込みされた時に調べてみました。
ZATマークのデカールは、同マスコミシリーズNo.70「ドラゴン」(高速ヘリコプター)から付属してたそうです。
ちなみにコンドル1は定価¥600から¥700値上げ(オイルショックの影響)、ウルトラシリーズで登場する戦闘機メカで初めて、「コクピット」が再現されたプラモだそうです。
(ウルトラマンプラモデル大鑑 竹書房刊より)

パーツ同士の処理や欠損パーツ自作には相当苦労されたそうですが、完成写真を見ると当時のプラモとは思えないほど完成度の高い作品に仕上がってますね。
お疲れ様でした。

金型が残っていたら再販して欲しいですね。
2007/11/03(Sat) | #mzMb781o[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
#真キムさん
>デカール
普通に、近所の某家電量販店の模型用具り場で発見しまして。
作成も容易く、なかなか便利でしたが、余白が目立ちます。
というのも真っ白なシートですので。ちょっとでも残ってると「浮き」ます。
かといって、ギリギリまで切り取ると切断端面からインクがにじみ出て、
輪郭が細くなってさらに酷くw
エプソン辺りの耐水性顔料インク使用のプリンタだったらベストマッチかも。
今回は苦肉の策で、余白をある程度残して貼り、
乾燥後にパーツの上で直に切り取りました(チョードキドキでしたw)

#OHjiroさん
>マスキング
新しい、キレイなテープを貼りこんで、弱い色から順に。ですので、普通です(^_^;
もちろん失敗→再塗装は、やりまくりました。
でも、最後にテープはがすときの快感がたまらんのですw

#メロウリンクさん
確かに、アストロモンスですね・・・コレは記憶に鮮明だったので判ったのですが、
そのせいで(?)スワローの方をなんとなくオイルドリンカーだと思い込んでしまってました。

>定価
そうか、それでコイツの定価は紙シールを貼り重ねて有ったんだ・・・
て事は、コイツは当時の追加生産・値上げ後Ver.てことですね。
流石に放映当時はそれなりに売れたってことですか・・・
2007/11/04(Sun) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:としさんURL
まさに懐コン用のアイテムですね、売ってるなら即買ってしまうかもしれません。
しかし、はめ合いの悪さが際だっており苦労が忍ばれます、でもその甲斐あって今風のキットに仕上がっていてすばらしいです。
ちなみに私もレアキットは、「失敗したらもったいないなー」と思ってなかなか作れないたちです。
2007/11/04(Sun) | #-[編集]
投稿者:kaniさんURL
ゼンマイキットがこうなりますか、って感じの仕上がりですね。劇中では正直「おもちゃっぽい」「子供だまし」という印象でしたが、なんだろう、このかっこよさ。尾翼のデザインはヒッポリト星人風ですね。

2007/11/04(Sun) | #64owOXpE[編集]
投稿者:くろたけさんURL
2作品同時コメントさせてください!
うひゃ~これほし~ママ、ママコレ買って~
って駄々こねたいぐらい2機ともかっこいいです。
コンドルの方は確かタロウの変身アイテムに似てた様な気が・・・このキットで変身ポーズをとっていた気がする・・・(バカ?)
スーパースワローは羽を曲げた技術がとてもすばらしいです。
マスキングなんてもうどうしてこんなことが出来るんだろうって感じです。
当時のキットでも技術しだいでどうとでも成るもんなんだと思える作品達ですね。
2007/11/06(Tue) | #vXeIqmFk[編集]
投稿者:如何様鍼灸師さんURL
わしも2作品同時コメですが。。。マスキング&自作デカール、ご苦労さんです。つぎはラビットパンダを希望しましょうが。個人的にタロウメカでは あれが一番印象強いんで♪
しかし、微妙なカラーバランスですなぁ~ 赤までメタリック調だときついんですかね。
2007/11/07(Wed) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:ZeakさんURL
お疲れ様です♪
スーパースワローとまとめて。
機体設定が楽しいです。
そうか、反重力なのか~と、感心w
そういえば、よく撃墜されていたな~とか思い出したりw
センマイキットとはいえ、なかなか、優秀なプロポーションで、面白いキットだったんですね。
とはいえ、整形するだけで、とてつもない労力がかかったと思います。
塗装も、イメージにぴったりで、素晴らしい作品です。
2007/11/22(Thu) | #GBCQ9JKA[編集]
投稿者:SDFさんURL
スーパースワローに続いて、これも超絶完成品!プロップが大好きなオイラとしてはKO状態です。懐コン恐るべし!曲面のラインとかはやはりプリンター等が重宝しますよね。インクジェット用のデカールがこれだ!というのがなかなか出てきてくれなくてもうちょっと待てばまた出てくるのかなぁ?
とは言いながら、へてかるぴさんの「コンドル1号」、もう、かっこいい!としか言葉がありません。2機同時Upお疲れ様でした。
2007/11/22(Thu) | #R63KSl6.[編集]
投稿者:あきら式改さんURL
いや、すばらしい出来。
驚きなのは缶スプレー塗装とは。
そうは思えない美しさですね。エアブラシ&コンプ持ちなんですけど、宝の持ち腐れに思えてしかたないです。
在庫にマッキー3号(再販版)があるので、次回にでも作りたくなってしまいました。
2007/11/23(Fri) | #z.Jczy7U[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
♪としさん
>まさに懐コン用
ネタを選定する際に「メジャーなハズなのに、意外に完成品を見ない」ヤツって事でこれに。
次回は何にしましょうか・・・
>レアキット
カッコ付けてあんな事書いてしまいましたが、判りやすく要約すると
『組みたくなったら我慢できない』
という、単なる精神的ガキンチョなのですw
下手すると、今でも公園辺りで手もぎで作っちゃうかもしれません

♪kaniさん
自分で言うのもなんですが、箇所によってはプロップより精度でてるかも知れませんw
劇中では翼があらぬ方向を向いて曲がってましたから・・・そりゃおもちゃっぽく見えもしますよね。
もし仮に現在、CGとか使用してリメイクすれば、こいつも案外マシに見えるのかも?(ホントか?)

♪くろたけさん
>変身ポーズ
そりゃバカとは言いませんよ。「想像力が豊か」なんです(^_^)
私なんか、バロムクロスでお互いクロスカウンター入るような、絵に描いたような「アホの子」でしたよw
いまどきのコ達は、そもそも「変身」するんだろうか?

>当時のキットでも
最近はキャラモノ新製品といえばガンプラか食玩が殆どで
どれもデキがよいので「可愛げ」がないですw
今回のように、パーツ2個張り合わせるだけで数日以上の作業が要ると、イヤでも愛着が湧きますね(どM?)

♪如何様鍼灸師さん
>ラビットパンダ
おぉ!!それなら手持ちありますぞ。イマイのモデロックなんで小さいですけど。
バンダイマスコミシリーズのもしばしばヤフオクに出てますが、数千円から数万円と相場は有ってなきが如しw
数千円で取れるなら、折をみて買ってみましょうかね。
(平面・直線構成なので割と作りやすそう)

♪Zeakさん
>機体設定
コメントでは、私が受信したデムパとオフィシャルが混ざってますけど(^_^;
当時からの設定ではそんな記述(地球外技術の流用)は無いのですが、
おそらく80年代半ば頃のHJ別冊「U.W.W.」辺りが端緒になってると思います。

数年前に出版されたウルトラメカのムック本では
上記のような設定が円谷監修の元で記載されているので、現状では「後付けオフィシャル」設定みたいです。
ガンダムだって設定の根幹部分は、あらかた「ガンダムセンチュリー」辺りを起源とする、
ファン後付け設定の追認オフィシャルを土台にしてますから、
コイツも、まぁそれらしく理屈が通ってカッコよければいいかな?とw

♪SDFさん
今回使用したインクジェット用デカールシート、結構良いですよ。
ウチのボロプリンタでも充分作成可能ですし、耐水性インクの使えるプリンタなら、人の写真デカールでも作れそうです。
現在、余分に作ったZATマークをケータイに貼ってあるんですが、
トップコートもせずに1ヶ月以上になるのに、ちっともはげたりめくれたりしてませんから、シートも糊も結構丈夫そうです。

♪あきら式改さん
>缶スプレー
前回(懐コン4)のゼロテスター1号でもそうでしたが、グラデとか細部塗装はともかく、
クルマとか単調な面の全面塗装(特にグロス)の場合、缶スプの方が均一に塗れます。
もちろん、エアブラシとは若干感覚が違いますので、これはコレで多少慣れが要りますが・・・
(やっと、少し慣れてきたかな)
コツといえば、一回に厚塗りしない(そのときムラになってても気にしない)
塗り残し部分は、先に塗った部分がある程度乾いてから重ねる。
という、ごく基本を忠実に守る。位でしょうか?

私のようなせっかちな人間(関西では”いらち”といいますが)には、実は結構苦痛なんですがw
2007/11/23(Fri) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:yu_kemuriさんURL
冷静に見るとスワローと同じくビミョーなデザインですが、完成するとカッコいいですな。
キットのプロポーションもこの時代としてはよく出来ていると思いました。
摺り合わせと表面処理は大変だったと想像します。お疲れ様でした。
2007/11/23(Fri) | #wSAUQXH6[編集]
投稿者:やしんたさんURL
スーパースワローに続いてコンドル1号
私こちらの方が記憶に残っています。
缶スプレー仕上げなんですね。スプレーですと中身が少なると出が悪くなりますが、そんな時は思い切って捨てていますか。(私は温めたりしてなんとか頑張ってみた過去があります)
何かの機会でタロウのOPを見た事がありまして、航空メカのデザインに目がいってしまう中にも格納庫周りの美術も今では考えられないような具合になっていて驚かされました。
良い物を見させていただきました。
2007/11/23(Fri) | #u7mWjnu2[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
♪yu_kemuriさん
「スワロー」の方でも書きましたが、70年代のバンダイプラモはミサイルとゼンマイさえどうにかできれば、
当時の業界トップ、イマイのものより形状把握がしっかりしてる気がします。
>刷り合わせ
正直に言って、もうこんな刷り合わせは二度としたくないですねw

♪やしんたさん
>スプレー
私の場合、出が悪くなってからではスプレーとしては使いませんね。
空きスプレー缶廃棄前のガス抜きを兼ねて、空ボトルなんかに噴き出しておいて、筆でのリタッチやどうしても缶スプでは厳しい、入り組んだ細部のエアブラシ塗装用の塗料に使用します
2007/11/24(Sat) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:みやこさんURL
実際に飛びそうにも無いトンでも航空機がウルトラメカの魅力ですが、タロウ以降のメカに魅力を感じ始めたのはHJの連載からでしょうかね。
他のメカからすれば一番飛びそうなフォルムでそれが良く再現されていてただただ、
脱帽です。
2007/11/29(Thu) | #-[編集]
投稿者:へてかるぴさんURL
♪みやこさん
他の方の作品ばっか見に行ってて、自分宛のコメントに気付いてませんでした(^_^;
遅くなってごめんなさい。

>一番飛びそうなフォルム
そう見ていただけたなら、とても嬉しいです。写真ではバレない様に撮りましたが、
現物は所々気になる部分がありますので、静岡HSまでにもう少し磨きこんでおきたいトコですが…はたして?
2007/12/22(Sat) | #SHLDkvn6[編集]
投稿者:さん
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/05/17(Sat) | #[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。