懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.415 だぼふぃっしゅ(スタジオひとり)さん

「太陽の牙ダグラム 」より
ビギナーズコレクション 1/80ソルティック(タカラ)

ソルティック ソルティック ソルティック ソルティック ソルティック ソルティック ソルティック ソルティック
作者名:だぼふぃっしゅ(スタジオひとり)
作品名:「太陽の牙ダグラム」
使用キット:ビギナーズコレクション 1/80ソルティック(タカラ)

■コメント

  ~戦場の夜明けに、真実は見えるか!?~

ダグラムを作りましたので、敵メカの「ソルティック」も一緒に作ってやりました。
「ソルティック」は、製造メーカーの社名で、正式な呼称は『ラウンドフェイサー』なんですが、劇中でもソルティックと呼ばれていて、「ラウンドフェイサー」と呼ばれたのは、自分の知る限り2回だけです。
「ソルティック」のほうがなんか響きがいいしね。

ソルティックはガンダムのザクのようなやられ役なんですが、序盤では、主人公が乗って主役機扱いだったのが印象的でした。
主人公のクリンは、フォン大佐のクーデターで人質になった父ドナンを救出しようと、『戦時特例法205号』によって、ソルティックのパイロットとして救出作戦に参加します。
しかし、このクーデターはドナンとフォン大佐の仕組んだ狂言で、
独立容認派のいぶり出しと、デロイアを植民星から地球連邦8番目の州に昇格させることで、独立運動を封じ込めようという策略だったのです。
それを知った主人公のクリンは父に反発し、独立運動に身を投じ、デロイアは540日に及ぶ「動乱の時代」をむかえることになります。

ソルティックは、地球連邦の最新鋭のコンバットアーマーとして登場しますが、デロイアでは、Ⅹネブラという帯電性ガス星雲の影響でコンピュータの性能が劣化してしまい、「Ⅹネブラ対応型」のダグラムには性能的に勝てません。
それでも結構活躍していたので人気があったようです。
1/72ソルティックのキットが発売されたとき、市内の店はどこも売り切れで買えなかったホロ苦い記憶が・・・

このキットも、ダグラムと同じ『ビギナーズコレクション』のもので、一応1/80となってますが、ノンスケールのようなものです。
下半身が貧弱なのと、リニアガンが小さい(これはSAKのキットも同じ)以外は、なかなかいいプロポーションをしています。
ただ・・・プラが硬くてもろく、オマケに関節が固いので、
仮組みして足を動かしたら股関節がボキッ!
肩を動かしたら肩の付け根がバキッ!!
と、製品名と裏腹にビギナーに優しくないキットです。

  
  ~高まる鼓動が、対決の瞬間を告げた!~

『製作コンセプト』は、せっかくダグラムと一緒に作ったので、対決シーンを再現するために、「リニアガンを両手で構えられる」ように可動を仕込みました。
ヒジを引き出し式にして、肩や腰をボールジョイントでスイング出来る様にしてあります。
上腕と肩は、切り離したときにバリバリ割れてしまったので、
サイズ・カタチが似ているHGUCザクのものをそのまま使用しています。
あと、ボディ側面のディテールが無く寂しかったので、設定画を参考に入れてやり、ヒザと足首のパネルラインもスジ彫りで再現してます。
リニアガンは、ジャンク箱にあった1/72のものをフォアグリップが可動するようにして、マグランチャーも有ったので、作り直して持たせてみました。
スカートの分割はしたくなかったので、股関節の位置をギリギリまで下げて、可動に支障がない範囲で太ももを太らせてムッチリした感じに。

塗装は、
キャノピーのツヤあり黒とシルバーの部分はラッカー系で、
それ以外は主に水性塗料(お気に入りのメタルクラフトペイントと田宮アクリル)で塗装し、エナメルでウォッシングとドライブラシ仕上げです。


  ~日本一短い戦士(おとこ)たちへの手紙~

ダグラムのキットの箱には、機体ごとに「クサくてカッコいい名文句」が必ず書かれていました。
(※ビギナーズコレクションにはありませんが)
昭和のテイストが漂う名文句を遊びで写真に加えてみました。
ちなみに、「戦士」と書いて「おとこ」と読みます。
う~んダサかっこイイ!!

ソルティック ソルティック
関連記事

【この作品へのコメント】

投稿者:CUGさんURL
ダグラムと同様に完成を楽しみにしていました。
 この年代のキットは時間経過でプラに含まれている油分が抜けているのかバキバキ割れますよね、製作に苦労されたと思います。私もこのキットを持っているので、色々と製作の参考にせさて頂きます。
2006/11/02(Thu) | #mQop/nM.[編集]
投稿者:ZeakさんURL
こちらも拝見させていただきました。
バキバキ壊れるキットのエピソードは、非常に同感できます。
ソルティックも、プロポーションが素晴らしいです。
ダグラムもですが、塗装がリアル感があって、お手本にしたい作品です。
2006/11/02(Thu) | #-[編集]
投稿者:[A'kkiy]さんURL
だぼふぃっしゅさんこんばんは~
こちらもダグラム同様素晴らしい作品ですね
上腕のザクパーツも全然違和感無く収まってますよね
一枚目の素立ちが大河原先生のイラスト立ちでカッコいいです♪

2006/11/19(Sun) | #-[編集]
投稿者:SDFさんURL
ガンダムにザク、ダグラムにソルティクっていうくらい主人公メカに対して初期量産型敵役というのはキャラクター模型を作る上で燃えるシチュエーションですね。
この作品も最近発売された「リボルティック」版?と思うぐらいの完成度ですね。
ダグラムと違って連邦軍内で常に行き届いた整備を受けているCAという感じでまさに太陽の牙の前に立ちふさがる無数の敵のうちの1体という印象でかっこいいです。マジでダグラム系やりたくなってきたなぁ。
2006/11/19(Sun) | #R63KSl6.[編集]
投稿者:だぼふぃっしゅさんURL
みなさん、コメントありがとうございます。

>CUGさん
ホント、油分が抜けるともろくなりますね(苦笑)
それに、エッジをシャープにするためにプラ自体が硬めなので、
力掛けると弱いところからボキっとイってしまう感じでした。
でも、その分、エッジやモールドがシャープに成型されているのが良いところ。
懐プラ作るときの宿命みたいなものですから、仕方ないですね♪

>Zeakさん
プロポーションも塗装も「結果オーライ」みたいな感じなので、お恥ずかしいところです。
でも、少しずつ自分の考えていたプロポーションや塗装の質感が出ると、嬉しくなりますね。これは古いキット作るときの「楽しみ」のひとつですね。

>[A'kkiy]さん
やっぱり大河原氏のイラストは意識しちゃいます!
それっぽく見えてたら嬉しいです。
ザクの上腕と肩はプレーンなので、サイズがあえば結構使えそうです。
特に肩のポリキャップ隠し単純ですが良く考えられてるので、
以前作ったディルファムにも使ったりしています。

>SDFさん
ザクもソルティックも、劇中での武装バリエーションも多く、やっぱり作ってて燃えます!(笑)
ダグラムはトレーラーで転戦、ソルティックは基地で整備されててヘリで空輸される。という運用の違いは意識して、ダグラムのほうが汚しをきつめにしたり、ちょっと違いを出してみたつもりです。
その感じを読み取ってもらえて嬉しいな~!!
2006/11/19(Sun) | #-[編集]
投稿者:如何様鍼灸師さんURL
何とか部隊の青いのや、冬季迷彩の白いカッパ着たやつ(ソルティックで在ったと思ったけどビックフットだけかな?)バリエーションもガンダムとは違う泥臭さがあり。
しかし、ボトムズもこれもガンダムも みんな大河原さんデザインなんよね。。。

ダグラムよりこっちのほうがバランスとりにくそう・・・
ご苦労様でした。
当時、そんなに難解なキットだとは思わなかったんだけどね。
ちゃちいシールが入っていたと記憶しますが。。。
この辺が子供向け?
2006/11/19(Sun) | #SFo5/nok[編集]
投稿者:コマッピーさんURL
ビギナーズコレクションもこうなるんですね。
最近おいらは「サクっ」と組んでしまう事が多かったので、
ダグラム&ソルティックとも非常に刺激を受けました。
懐コン恐るべし!!
2006/11/20(Mon) | #-[編集]
投稿者:ToshikiさんURL
当時1/72を組んだ記憶があります。
ダグラムシリーズもバギーやらヘリやら物凄いラインアップが
あの時代の狂騒の中で育まれていましたね。
今は亡きデュアルマガジンと共に『リアルとは何か』を大きく
曲解されて刷り込まれた時代でもありました…。

日本シリーズの結果同様、忘れたい思い出も沢山です(笑)
2006/11/20(Mon) | #-[編集]
投稿者:こまちゃんさんURL
 こんにちは だぼふぃっしゅ様。

 ダグラムの完成度にはびっくらこきましたが、コイツもまたすごいですね。ブログを拝見しましたが、肘関節の処理に脱帽です。プロポーションもまた上々で。塗装もダグラムと敢えて変えてみたのですね。前作もですが、創作意欲を沸かせていただける作例、ありがとうございます!

 
2006/11/20(Mon) | #-[編集]
投稿者:ばっちさんURL
2作品の製作お疲れ様でした。

ダグラムもそうですが、小さい分、ディティールが余分にないのが良いと思います。おかげでアニメっぽいポーズをすんなり受け入れられ、キャラの個性がより強く伝わってくるように思います。
2006/11/21(Tue) | #-[編集]
投稿者:クワさんURL
ソルティックも凄いですねぇ
こちらの方がより好みかも~♪塗装の雰囲気が良いですね。
しかも、ダグラムと2体同時進行で大変だったとおもいます。
2006/11/22(Wed) | #-[編集]
投稿者:懐コンファンさんURL
ダグラムで寝た子を起こされた次は、このソルティックでハイオク燃料満タンにさせられました。
つうか、だからもうキットが我が家に残って無いんですってば!(TдT)
一ヵ月後、ダグプラを手にサイフを呆然と見詰める自分が容易に想像つきます。
責任とって下さい。w
2006/11/22(Wed) | #k9MHGdfk[編集]
投稿者:いけぽんさんURL
ソルティック好きなんですよ~。
こんなにきれいに作れないので参考になりました!
可動させるのはすきなのですが、腕が付いてこないもんで。。。
ダグラムキット、つ、つくりたい~!
2006/12/04(Mon) | #-[編集]
投稿者:tengudo-さんURL
ダグラム・ソルティックともにそうなのだけれど、元キットの
形状は決して悪くないと思います。
ただ関節固定なせいもあってガチガチの緊張ポーズ。

それをフル可動にしつつ、重力にそった自然なポージングに
持っていっている点が白眉かなあと。

この自然な感じを出せる人ってなかなか居ないと思いますね。
2006/12/09(Sat) | #-[編集]
【コメント投稿フォーム】
  


(↑パスワードを入力しておかないと後で修正できません。)
  管理者にだけ表示を許可する  
  


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。