懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

メロウリンクさん

「ターミネーター2」より
1/9 サイバーダイン T800エンドスケルトン(ツクダホビー製)

『CYBERDYNE T800 ENDOSKELETON』
作者名:メロウリンク
使用キット:1/9 サイバーダイン T800エンドスケルトン(ツクダホビー製:92年)

■登場作品概要
『ターミネーター(The Terminator)』1985年5月25日日本公開 オライオン=ワーナー配給
監督 ジェームズ・キャメロン  SFX スタン・ウィンストン

低予算で製作され、当時流行していた「13金」「エルム街」シリーズ等のホラー風味も醸し出している異色SF映画。
主演のA・シュワルツェネッガーが、本作のヒットで人気俳優入りした。
監督のJ・キャメロンは、大抜擢された人気作品の続編『エイリアン2(Aliens)』の大ヒットにより、その手腕が注目される事となる。
殺人ロボット「ターミネーター」は、『銃火器類のプロフェショナルである』というアイデアはシュワルツェネッガーのアイデア。

『ターミネーター2(The Terminator2:Judgment Day)』1991年8月24日日本公開 東宝東和配給
監督 ジェームズ・キャメロン  SFX スタン・ウィンストン

前作の数倍以上の制作費を掛け、当時最新のCGを使って完成させた続編で完結編。
ほどよく使われるSFX、テンポよく続くアクション、そして感動のラストなど盛り沢山の内容で、日本ではビデオソフト・LD発売の
92年3月までのロングラン上映となった。

他に続編らしき作品もあるが、個人的に省略。

■ターミネーター(T800)の特徴
正式な名称は「Cyberdyne Systems Model101 Series800 Version2.4」通称、T800。
未来戦争において人類絶滅を目論むスーパーコンピューター「スカイネット」が開発した人型殺人ロボット。
人間そっくりに擬装し、ゲリラ内に潜入してゲリラメンバーの殲滅、ロボット状態で連隊を組んでゲリラと交戦したりする。

破損した場合は自ら修理を行い、人の言葉を理解してそれを応用して会話したり(「ターミネーター」)
自己学習能力で自我に目覚めたり(「ターミネーター2」)と、優れたロボットである。

「ターミネーター」のラスト、サラ・コナーがプレス機でターミネーターを破壊・起動停止させるが、
プレス機を所有していた会社が「サイバーダイン社」であり、この時に密かに回収した前腕とチップ(電子回路)が
「審判の日」と「ターミネーター2」の伏線となるのだが、完成作品ではカットされてしまった。
(特別編DVDの映像特典で視聴可能)

■キット概要
「ターミネーター2」劇場公開からしばらくして発売。
本国アメリカでもこれほど精密なプラモは発売されておらず、日本オリジナルのキットである。
全身銀メッキが施され、素組でも充分リアルに完成出来るが、シリンダーギミックが省略されている為、ほとんど固定モデルになる。
劇中冒頭に携帯して登場したパルスライフル付。後に2丁付属のキットも発売されたような記憶あり。

ツクダホビーは「ターミネーター」公開時にもキットを発売しており、「ターミネーター2」でも多数発売された。
両作公開時に発売された、ソフビキット版エンドスケルトンは冗談のような出来栄えで当時は大酷評されたが、
このプラキット版はまさに『名誉挽回』された商品といえるだろう。

■キットの思い出
このキットは発売当時作りました。後に従兄弟にプレゼントしてしまいました。
ツクダのソフビキット(T800&T1000)も作りましたが、出来はイマイチでした。
が、当時(90年代)、ツクダホビーはゴジラや「GS美神」のソフビキットを精力的に開発・発売していたので、
日に日に商品の出来が良くなっていくのが印象的でした。
その結実が、96年以降に発売された「エヴァンゲリオン」シリーズだと思います。

03年に惜しくも倒産したのですが、金型はどこに行ったのでしょうか・・・・・

■製作について
・銀メッキを落とす
・2丁パルスライフルを構えさせる

購入時、中古2キットセットで値段は1キット分でした。人気ないんですね。。。。
リンドバーグの骨格標本の方が人気があるのかなぁw

■資料
・ターミネーター特別編:DVD2枚組(旧版) MGMホームエンタテイメント
・スペシャルコレクション ターミネーター2特別編:DVD2枚組 パイオニアLDC

ターミネーター ターミネーター
スポンサーサイト

感想を書く(0件) | TOP▲

No.523 メロウリンクさん

「グリーン・ホーネット(THE GREEN HORNET)」より
ブラック・ビューティー【BLACK BEAUTY・黒美人号】 (POLAR LIGHTS社)

ブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティブラックビューティ
▼作者コメントを読む

感想を書く(11件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。