懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

NO.1036 iyahho:アンドロメダ

■作者名
iyahho
管理サイト:岸壁のハ派
http://iyahho.girly.jp/index.html

■使用キット(メーカー名)
メカ・コレクションNo.4 地球防衛軍旗艦 アンドロメダ(バンダイ)

■登場作品名
宇宙戦艦ヤマト2

■登場作品概要
宇宙戦艦ヤマトの続編
ヤマトにより地球は救われた
しかし平和は長く続かず、地球は彗星帝国の脅威に晒される事となる
地球防衛軍・そしてヤマトは彗星帝国の魔の手から地球を救う事が出来るのか?

■キット概要
友人からの頂きもののメカコレです、価格は200円(昔は100円でした)
1色成型、ディスプレイベース付属

・製作
基本ストレート組みですが、4基ある砲台を可動にしてます
パーツ数は少なめですが、細かい物が多い上に折ってしまうと再起不能になるので難易度はやや高め
小さいが故にディテールは控えめですがむしろその方がよいかもしれません
プロポーションは素晴らしく、手を入れる必要は無いと言えるでしょう
やや安定がよろしくないのでベースの底にオモリを詰めるとよいかもしれません

・塗装
適当にあったグレーとかフレッシュで筆塗り
スミ入れしてつや消しクリアでフィニッシュです

■懐かしポイント
安い・美味いのメカコレヤマトからアンドロメダです
初めて見たときはその力強さに惚れました
ヤマトを圧倒的に凌ぐその性能で白色彗星帝国の戦艦を壊滅させるも、白色彗星に拡散波動砲が全く通じず轟沈
見事に噛ませ犬を演じる事となりました
波動砲発射口を除いて暖色がなく、いかにも無機的なカラーリングで今から見るとその「冷たさ」が素敵です
その地味なカラーリングは無駄を全く感じさせず、強さと性能だけを追求した象徴だと思います
模型としては手順さえきちんと踏めばきちんと完成してくれる良いキットです
主力艦や護衛艦も作って並べるとよりいっそう楽しいかと思います

アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ アンドロメダ

感想を書く(5件) | TOP▲

NO.1011 iyahho:デスラー艦

■作者名
iyahho
管理サイト:岸壁のハ派
http://iyahho.girly.jp/index.html

■使用キット(メーカー名)
1/900 デスラー艦(バンダイ)

■登場作品名
宇宙戦艦ヤマト

■登場作品概要
解説不要な程に有名なので割愛

■キット概要
友人からの頂きもの(こればっかだな)で、価格は600円
1色成型、ディスプレイベースと「デスラー艦」と書いたゴールドと蛍光ピンクのステッカーが付属

・製作
ストレート組みです
本体の2パーツを接着すると仮組みがほぼ終わってしまう程のシンプルなパーツ構成です
ですがここからが難関で、合わせ目を消すのがなかなか難しいです
接着面で割れる事が多いので裏からプラ板を貼るなどして補強する事をオススメします

細くて折れやすいパーツが多いので、これらのパーツはギリギリまで別にしておくのが良いでしょう
無くしたり折ったりすると泣くに泣けませんので塗装後に接着するくらいでも良いかもしれません
エンジン部の筋が付属ステッカーのラインによる表現なのでスジ彫りに代えています

・塗装
配色は手元にあったガンダムカラー11と17を使用して筆塗り
ピンク部は蛍光オレンジとピンクを混ぜたものを塗布
スミ入れ後に半つや消しでトップコートを施しています
なお瞬間物質移送機のみ付属ステッカー使用です(ハニカム模様の再現が難しいため)

■懐かしポイント
前述したように合わせ目消しが大変ですがそれを乗り越えれば素晴らしい完成品が待っています
2割引ならワンコインで買えてしまうとかもう感動モノです
と言っても昔はメカコレが100円だったのに対しこちらは600円と高嶺の花でした(友人が持っててあこがれた覚えがあります)
当時高くて買えなかったと感じたものが今は安価と感じるようになるとは良い時代となったものです

NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho NO.1011 iyahho

感想を書く(8件) | TOP▲

No.939 如何様鍼灸師さん:コスモゼロ

コスモゼロ 
バンダイ キットではノンスケールですが1/72で修正。

 構想は去年からあったんですが、実現するのは難しい・・・
ってことで、今回は今までにない大改造になりました。

 前のコスモタイガーⅡと同じく、スケールキットのように作るのを目標に
今回はハセガワのF-20をほぼ丸ごと埋め込んでる? 

コクピットブロックだけを使うつもりが、機体のライン取りの都合で中心からぶった切り
そのせいでゼロのキットより胴体で15mm エンジンノズル部で10mmと
かなり延長。

エンジンは機体に、というよりコトブキヤのノズルの直径に合わせ十文字でカット
1mmプラ板を挟み 一回り大きくしました。

尾翼はF-16
翼はF-20をカット加工してそれらしくし
装備は指揮官用?ってことで ハセガワのエアクラフトウエポンセットのものから
センサーポッド類をメインに装着。

胴体真ん中にある翼(下尾翼?)
アニメでは着陸時に伸縮するんですがー どうしても再現できないので
なかったことにww

 時間もなかったのでデスクトップか とも思いましたが
そこはそれ やっぱり飛行機は駐機されてないと飾りにくい(そっちかよ!)
ってことで、裏側を切り取りプラ板箱組とジャンク等で何とか主脚をでっち上げました。

後はエバーグリー^ンの板やらでデコレート。

ゼロじゃない! っと言われればごもっともなんですが
まぁそれらしき戦闘機ってことでご容赦のほどを。

でも実写映画よりは大丈夫でしょ?

毎回ぎりぎり 

特に今回は7月より野暮用で模型が出来ず
しゃれならん状態でしたが。。。

結婚後 初完成品ってことで いい記念かww 

反省&教訓 
切り貼りは適当、ではなくちゃんと計って切りましょう。
貼り付けた後左右の長さや角度の調整で異常なほろ労力をとられます・・・ 


さ~て 次は区切りの10回目。


どうなりますやら先のことはわかりませんが  ご拝読ありがとさんでした。 

コスモゼロ コスモゼロ コスモゼロ コスモゼロ コスモゼロ コスモゼロ コスモゼロ コスモゼロ コスモゼロ コスモゼロ コスモゼロ

感想を書く(19件) | TOP▲

No.943 メロウリンクさん:宇宙戦艦ヤマト

『宇宙戦艦ヤマト』
作者名:メロウリンク
使用キット:宇宙戦艦ヤマト(バンダイ製)1/1000スケール

■登場作品概要

番組名:『宇宙戦艦ヤマト』
昭和49年(1974年)10月6日~昭和50年(1975年)3月30日 全26話 読売テレビ系

番組名:『宇宙戦艦ヤマト2』
昭和53年(1978年)10月14日~昭和54年(1979年)4月7日 全26話 読売テレビ系

他(有名なので説明は不要でしょう)

■キットの特徴

本放送時(74年12月)にバンダイのキャクタープラモシリーズである「マスコミシリーズ」から発売。
あまりにも有名な第3艦橋がオミットされたゼンマイ動力版(波動砲からミサイル発射)が、初のヤマトプラモである。

再放送により人気が盛り上がり、再編集劇場版が公開された77年に限定再販。
「設定に近いリアルなものを」とのユーザーの声から金型改修により第3艦橋再現、ディスプレイモデルとして新発売。
カッパーで塗装された『銀河モデル』としての販売(78年3月)

劇場版2作目に、テレサと地球のイラスト背景ベースの「壁掛け」ディスプレイモデルとして発売(78年7月)

劇場版3作目に、砲塔の形状改修と参戦章デカール付きとして発売(80年8月)

劇場版4作目(完結編)、完全新規金型で新発売(83年3月)

時は「ガンダム」より始まった「サンライズリアルロボット」が全盛の頃であり、ウォーカーマシン(ザブングル)・
ガンダムMSVによって培われた技術が1/1000ヤマトに反映されている。

それまでは塗装されていた船底部が別パーツとなり「色プラ」化されているが、形状を維持するための骨格(竜骨)がないため、
デッキ・船体上部・船底と複雑にパーツ分解されたこのキットは非常に組み難く、隙間が異常に目立つ。
左右舷のパルスレーザー砲身もバリ・ズレが目立ち、パーツも細いため修正が難しい。

また、第2砲塔下部が凹んでいる(設定だと面一らしい)設計は、
初代ゼンマイヤマトを初めとする当時全てのヤマト立体物(ポピーのポピニカ&野村トーイのダイキャストトイ含む)に共通するもので、
この1/1000キットも同様である。

後部カタパルトが上下逆になっているのは有名(笑

■宇宙戦艦ヤマトのプラモの思い出

劇場2作目公開当時に発売されたゼンマイ改修版ヤマトを作った記憶がありますね。
コスモゼロ・ブラックタイガー・アナライザーのマスコットモデルが、艦内に収納出来るようになっていたと思います。
3作目公開時に発売された参戦章付ヤマトも作った事もあります。一緒に撮影した写真があるし(笑
自由帳にこのヤマトを見ながら絵を描きました。
なのでいまだに「宇宙戦艦ヤマト」というと、このプラモで焼き付けられたサツマイモみたいなずんぐりむっくりなイメージしかありません。

後はなぜかデスラー戦闘空母(大きい方)と、パトロール艦「ゆうなぎ」とメカコレのヤマトは作りました。
でも、なぜかアンドロメダだけは買えなくて作ってません。

ヤフオクでゼンマイ改修版ヤマトを落札しようと頑張ったのですが、結局落とせませんでした。

■製作

上で述べたように、船体の整形に苦労します。
サフ缶でも1缶使いましたか。それほどパテを盛って削る、サフを吹く、確認する。
それの繰り返しです(結局、微かにキズが残っている)

艦首部分の形状修正と波動砲付近の削りこみ、砲内にプラ材を張って溝を作ったり(数少ないけど)
カタパルトを上下逆にしたぐらいで改造を止めてます。
これ以上いじるなら、最近発売された1/500の方を作った方がメンタル的に良いです。

あと、両舷についてる安定翼はつけていません。
私が幼少期からヤマトで一番嫌いな個所ですので(ゼンマイ改修版ヤマトでもつけなかった)

■塗装

第1作目のヤマト風に、というか、誰もかれもがリアルタッチにしてるので、私はアニメ仕様。

ヤマトは色が少ない割にはバリエーションが無駄に豊富で、しかも1作目は回によって違うという鬼仕様だったりする。
特に前部左右舷のミサイル発射口の塗り分けが回によって異なる
(上二つを除いて下1つから船底部のレッドに塗り分けされてるかと思えば、二つ目半分から塗り分けとされていたりする時もある)

私は09年の年末に地方局(RSK)で放送された劇場版1作目しか映像資料がないので、そのうち「発動~地球出発パート」「ガミラス星戦闘パート」を参考とした。
で、もっともレアとされる(かも知れんけど)船体上部+船底+デッキの3色で塗られたバージョンにしてみた。

船体(デッキ以外)→ミディアムブルー+軍艦色2+ニュートラルグレー(メインはミディアムブルーで他の調合は適当)
船底&煙突上部→あづき色
デッキ→エアクラフトグレー

調合はメディアワークスの本を参考としましたが、金銭的な問題で塗料は新規購入せず、ストックしているものから近似色を選んで使用しました。
台座は面倒臭かったので、塗ってません(黒で塗るのもグレーで塗るのも芸がないというか、品がないというか自分が無能という個人的な感情)

■最後に

本当はゼンマイ改修版キットをストレートで組んで、アニメ仕様のカラーリングで塗りたかったですね。
夢が叶わず残念ですが、まあそれはそれでいいような気もします。

■参考資料

・宇宙戦艦ヤマト モデリングガイド(メディアワークス)
・バンダイ キャラクタープラモ年代記(学研)

ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト ヤマト

感想を書く(14件) | TOP▲

如何様鍼灸師さん:コスモゼロ

まだ嫁の引越し荷物の整理が落ち着かず集中した作業に入れておりませんが
エントリーしておきます。

バンダイ コスモゼロ ノンスケール

EX そして実写映画と出てきて まぁこいつがいちばん問題児かも。
 キットはいつ買ったかも覚えてませんが 
とりあえず何回目かの再販品ですし 思い切った改造をするつもり。。。

構想プランは出来てますが あとはそれが実現できるか ですなww

コスモゼロ コスモゼロ

感想を書く(0件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。