懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

オ・ノーレさん

キット製作者 オ・ノーレ
登場作品 マッドポリス
キット名  デストロイヤー
スケール MAD SCALE
メーカー フジミ

管理サイト オ・ノーレ
URL:http://kp0871.blog23.fc2.com/

キットについて
我等がフジミが1982年にドロップした神プラモ「マッドポリス」の記念すべき第一弾「デストロイヤー」です。
「懐コン」に投稿されてそうで投稿されてないキットということでこれを選びました。

映画「マッドマックス」の影響である事は言うまでもなく明らかなんですが、当時ロボットプラモ、ミリタリープラモと同じぐらい市民権を得ていた族車やパトカープラモの延長というか、行き過ぎたその先って雰囲気もありますね。「暴走Gメン」がさらに暴走した的な。自動車にゴテゴテしたパーツがくっついているという点では、グンゼの「おっとっと自動車」的な雰囲気もありつつ。

まぁ、とにかく、今の痛車など裸足で逃げ出すような、本当の意味で痛い自動車プラモデルを各社こぞって出していました。

今の痛車の「痛い」って自嘲的な意味で敢えてそう呼んでる感がありますが、この手のプラモは出す側にそういう客観性は皆無ですからね。

当時カーモデルに戦車や戦艦、ガンプラのパーツをくっつけて武装化して喜ぶというブームが少年たちの間でごく一部にあったりしたのも事実で、流行に敏感なフジミはそこに目をつけ、堂々商品化したのがこのプラモ・・・だったような気がしないでもないです。
事実、「プラモ狂四郎」にはホンダシティを武装化したパーフェクトコンバットビークルが登場し、当時の別冊コロコロコミックのプラモ特集ページにもマクロスに混じってそういった作例があったり、さらに少し後の時期にもホビージャパンにて武装自動車をテーマにしたSF3D的な読者参加フォトストーリー企画があったりしました(タイトル忘れた。次回までに調べておきます)。

そのあたりの逸話もちりばめたり、ちりばめたりしなかったりしつつ、AFVとして割と正攻法で仕上げていきたいと思います。

ちなみにスケール表記は「MAD SCALE」となっています。
我々の世界でいうところの1/24とほぼ同じみたいです。

マッドポリス マッドポリス マッドポリス マッドポリス
スポンサーサイト

感想を書く(0件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。