懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

NO.1005 ymth613:ダイターン3

ダイターン3 アオシマ ノンスケール

【概要】
 ご存じ、サンライズ初期の傑作、噂のダイターン3です。中古ショップで、定価で購入できました。
 キットは、アオシマの変形機構を持たせたもので、差し替えで、ダイファイター、ダイタンクに変形します。全長は、ロボ形態で20センチくらい。ガンプラ1/100シリーズより少し大きめです。当時の、いわゆる“アオシマクオリティー”というやつで、パーツの精度、デザイン、色分けなど、どれをとってもトホホな感じです。特に、変形を優先させたため、ロボ形態はとても残念な状態です。しかし、このサイズで出ている唯一のキットであり、武器も豊富に(ダイターンファンは無いけど)付いています。世のため人のため、大好きなダイターンを手元に置くという野望を抱き、制作に取りかかりました。

【基本方針】
 変形機構には無理があるため、変形をオミットし、プロポーションを優先させたロボモデルとして制作しました。可動も考慮し、今回はMGジム2.0を芯として使用しました。そのため、ダウンサイジングする方向での制作となりました。また、変形のための無用な穴が多く空いているため、これを埋めていくことも課題となりました。

【脚部】
 足首は、もともとのデザインもかなり無理のある形ですが、キットもサイズが小さく難しい部分でした。ジムの足のつま先に、ダイターンの部品を取り付け、パテで修正しました。その他については、色の塗り分けでごまかしました。くるぶしの解釈など、かなりずれてますよね…(苦)

 臑は、キットを途中でカットして短縮し、ジムの足の長さに合わせました。腿はジムのまま。膝からつま先までのブレード状のパーツは2分割し、可動に対応しました。ふくらはぎは、ジャンクから適当に着けました。短足胴長になってしまったなー…

【胴体】
 腰は、ほぼジムのまま。ふんどし部に、ダイターンの部品を貼り付けました。
 腹と胸は、ジムのフレームに、ダイターンのキットを切り詰めながら貼り付けました。かなりギリギリの苦しい作業となりました。胸の十字部分は、全体のバランスを考え、1/920(300円のアニメスケール)のキットから流用しました。 

 両肩に乗っているパーツは、キットのものにボールジョイントを埋め込み、本体に取り付けました。横から見ると空洞なので、シャッター状のプラ板を張りました。

【腕部】
 前腕は、ダイターンのパーツを、ジムの上からかぶせるように着けました。黄色い十字パーツは、1/920からの流用です。上腕部はジムのまま。肩パーツは、ジムの肩の上からダイターンのパーツをかぶせました。

【頭部】
 基本的にはキットまま、首の付け根にジムのジョイントパーツを埋め込んであります。日輪(サンアタック発射口)は、サンアタックが発射できそうなもの?に変えてあります。

【バックパック】
 こちらもバランスを考え、1/920のものをそのまま使用しています。下の部分は、本来キャタピラの端が見えるはずですが、「パックパックにはバーニアがないとね」と、無理矢理着けてしまいました。

【武器】
 ダイターン付属の武器は、そのまま塗り分けました。ジムの武器もそののまま制作しました。シールドとバズーカーを持たせ、ア・バオア・クー決戦のジム部隊に紛れ込んでいた、“あの”シーンを再現してみました。

【塗装】
 アニメの配色をベースに塗り分けました。マスキングの必要な箇所も多く、顔の塗り分けは難しかったです。汚しはあまり行わず、全体にパール塗装を施して仕上げました。何せ全長120メートル。実感がつかめないですね。

【総括】
 毎度毎度、丁寧に作ろうと心がけているのですが、ついつい慌てて、雑になってしまうことが多く反省しています。今回はミスやトラブルが多く、部品の破損や紛失を連発してしまいました。
 とはいえ、やはり欲しいものが手に入ることは嬉しいことで、色々な決めポーズにしては遊んでいる毎日です。

NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613 NO.1005 ymth613
スポンサーサイト

感想を書く(11件) | TOP▲

真キムさん:ダイターン3

アオシマ 1/920(アニメスケール)
無敵鋼人ダイターン3よりダイターン3

かの大河原邦夫大先生とサンライズが組んだ最初の作品だったかと。
(ザンボット3でも参加はされてる様ですが・・クレジット表記なし   まあ、ダイターン本体もクロ〇バー社内のデザイン  かもですが)
ザンボットでの(当時の子供の?)評判を吹き飛ばすようかのギャグありスピーデイな展開はある意味、トミノ監督の新境地だったのでわ?

・・・・とまあ本編の感想やらは置いときまして、、、
今年、「超合金魂」でも商品化され何かと話題(?)なダイターン!!
今回は(間にあえば・・・)
変形を再現しようと思います

但し、、魂 でも差し替えでしたし、、、、「組み換え変形」でやろうかと、、、、

(仮組等)画像が用意できず申し訳ないです

ダイターン3

感想を書く(0件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。