懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

NO.1060 アイラ:ズバッカー

■作者名 
アイラ

■管理サイト
積みプラ賽の河原
http://blogs.yahoo.co.jp/ailakd

■キット概要
永大グリップ ズバッカー
NONスケール
スケール表記は無いですが、サイズ的にだいたい1/24~25ぐらいと思われます。

■登場作品概要
「怪傑ズバット」
1977年放送 東京12チャンネル 全32話
とある目的の為、各地を放浪しながら人助けをするニヒルな伊達男・さすらいの私立探偵早川健。
立ちはだかるる様々なその道のプロフェッショナルを簡単にやりこめる程の、ありとあらゆる体術を極めた彼には、もうひとつの隠された顔があった!
『ズバッ!と参上、ズバッ!と解決。人呼んでさすらいのヒーロー!怪傑ズバーット!!!』
親友の天才科学者・飛鳥五郎の遺した宇宙開発用の特殊強化服を自ら独力で完成させたズバットスーツに身を包み、飛鳥を殺した真犯人を追って、ズバットはさすらう。
その行く手に立ちふさがるのは、悪の秘密組織ダッカー!
旧友である東条刑事や飛鳥の妹ミドリ、押しかけ助手のオサム少年らと時にふれあい時につきはなしながら、早川…ズバットは、ダッカーの幹部を追い詰めていく。
『2月2日、飛鳥五郎という男を殺したのは貴様か!?』
追って、追って、追い詰めて、男は一人道を行く。たとえ地獄の底までも…。
…というワケで日活の渡り鳥シリーズをさらに酷い感じにアレンジして特撮ヒーローにしてしまった、70年代東映特撮の徒花、スパイダーマンと並ぶ珍作として有名な「怪傑ズバット」ですw
ズバットの搭乗車両であるズバッカーは、本来宇宙探検用車両として設計された物を、主人公が独自に完成させたモノ。
巨大なローターにコクピット左右のロケットエンジン、ボンネット上に取り付けられた独特なノーズコーンから2枚の主翼を展開する事で、飛行形態に変形することも出来るスーパーマシン…という事なんですが、あきらかに飛びそうにないデザインですねww

■製作について
前年の第9回に続いてまたまた永大グリップ製キットです。
70年代のキャラクターキットということで、ゼンマイ走行にミサイル発射ギミック、赤青黄色の派手な成型色にシール付属という、まぁある意味スタンダードなキットです。
前回のソロン号もですが、この時期の永大グリップのキットは設定画や劇中プロップの再現をするよりも、トイ的なアレンジが非常に強く、形状もかなり独特の解釈・アレンジが加えられています。
元のデザインの、特徴的な部分が極端にディフォルメされてる感じですね。
このズバッカーの場合、デザイン上の特徴であるローターやロケットエンジンなどが実車よりもかなり小さく、形状もまったく違ってしまってました。
劇中で使用された実車に近い物を作ろうとしたら、このキットを使用するよりもベース車と言われてるダットサンフェアレディSR-311辺りを改造して上にかぶせるパーツを作った方が遥かに容易だと思うのですが、そこはやはり懐コンのポリシーに準じて作るとなれば、キットを活かしつつ劇中イメージに近づけるのが正道。
元の形状がかなり残念な感じだったので苦戦しましたが、ローターの巨大化、ロケットエンジンおよび支柱の作り直し、タイヤの変更、コンソールとシートのディテールアップ、ボンネット上部のセンサーの作り直し、前部バンパーの新造で、どうにかこうにか、ズバッカーらしくなってくれました。
キットのままだと、ボディが上下に分割されていて、タイヤハウスが上下に分かれていびつな形に歪んでるという、なんとも酷い状態だったので、早い段階でボディをがっちり接着した後に下部のシャーシ部分のみ切り離し、タイヤハウスを整形しました。タイヤはタミヤのミニ四駆から流用。
ローター部分はプラ板で延長して大型化、ロケットエンジンはWaveのタンクパーツを使用してます。
ヘッドライトも、キットでは四角い穴をクリアパーツで覆うだけだったので、劇中イメージに合わせる形で内部スペースを作り、市販パーツで斜めに2つ並んだライトが入ってる様に作り直しました。
塗装は、車両モデルという事でツヤありのミスターカラーGXの初期基本カラーを使用。
マスキングが大変面倒くさかったですが、どうにかそれらしくなってくれました。
アクセサリーとして、バンダイのガシャポンHGのズバットを使用し、同じ物を2つ入手していたので、片方は切り貼りして運転席に座らせられる様に改造しました。
ややオーバースケールなんですが、やはり特撮車両はヒーローが乗ってこそ、より存在感が増すなぁ、と自己満足しておりますw
まさかの2年連続永大グリップキットで、正直苦労も多かったですが、無事に完成できて本当に良かったです。
この様な機会を与えてくれたばっち様と、懐コン参加モデラーの皆様、本当にありがとうございます。

ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー ズバッカー

スポンサーサイト

感想を書く(10件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。