懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

No.803 portalflowさん

百獣王ゴライオン 百獣王ゴライオン 百獣王ゴライオン 百獣王ゴライオン 百獣王ゴライオン 百獣王ゴライオン 

キット名:ゴライオン
登場作品:
発売元:バンダイ
コメント:
はじめましてportalflowと申します。毎年楽しく拝見させていただいております。今年は恐れ多くも参加させていただこうと思います。宜しくお願いいたします。
ゴライオンはコンバトラーVから始まる八手三郎シリーズ弟6弾。同シリーズの合体ロボットのコンセプトは今でも戦隊ロボを中心に影響を与えています。
製作したキットはバンダイベストコレクションの近年再販されたものです。
インストの完成写真は辛いものがありますが、仮組みしてみるとそこまで悪い印象はありません。最大の問題は、エンブレムにシールすらないことと、塗り分けでしょうか。製作はキットを活かしながらの最小限の加工で行いました。関節は固定しています。改修点ですが、
頭; 顔の接着位置を上方にずらしました。またライオンの下顎を新造し、ライオンの口の中に顔があるイメージを強めました。
胴体; 横方向に胸で8mm、胴で4mm幅詰め、前後方向に全体で2mm幅増ししました。デカール自作のテクニックは持ち合わせていないので、エンブレムはプラ板から自作しました。またパンツの形状変更もしています。
腕; 塗装しやすいように後ハメ加工した以外は、胴体との接続を上方にずらしたのみです。
脚; 大腿で7mm延長、2mm幅増ししました。後は塗装しやすいように後ハメ加工のみです。
そして最大の難関の塗装はマスキングを逃れるため塗装は全て筆塗りで行いましたので見苦しい点もあるかとは思いますがご了承ください。配色に関しては決定的なものは分かりませんでしたので、各部分ごとに最も塗りわけの少ない資料をチョイスしました。
最後に、今回このような素晴らしいコンペに参加をお許しくださいました主催者様ありがとうございました。
スポンサーサイト

感想を書く(24件) | TOP▲

portalflowさん:ゴライオン

キット名:ゴライオン
登場作品:百獣王ゴライオン
発売元:バンダイ
管理サイト:http://blogs.yahoo.co.jp/portalflow

はじめましてportalflowと申します。毎年楽しく拝見させていただいております。
今年は恐れ多くも参加させていただこうと思います。宜しくお願いいたします。

折角なので有名ドコロのリアルロボット系ではなく、あまり完成品の見かけないものはないかと探し、これを選択しました。作品内容はあまり記憶にはありませんが、その意匠は大変印象的でした。

キットは、ツライ部位も多々ありますが、顔はハンサムです。製作の最大の難所は胸のエンブレムでしょうか(説明書の一部を切り抜いて貼れとは泣けますね)。

固定派で筆塗り多用と、腕は大変未熟ですが、今後とも宜しくお願いいたします。

ゴライオン ゴライオン ゴライオン 

感想を書く(2件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。