懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

NO.1012 如何様鍼灸師さん:ドンゴ

お懐かしゅうございますが これでラストということで名残惜しく
有終の美を飾るべく。 



○ドンゴ

劇場版クラッシャージョウより 
メーカー NITO スケールは1/16
キット価格 100円・・・

 正式名称 高性能汎用MABOT ドンゴ
 
 高千穂遥 著 小説クラッシャージョウが劇場版となり(小説のタイトルは「虹色の地獄」
前回に続き、時間あればの主役メカ(メカでは主。という意味で♪) 

 まぁヤマトでいうアナライザー的分析機的要素、に加え単独での機体操縦、留守番、修理と多岐にわたる性能。グラビア雑誌を読んでるところは他に類を見ないロボットなんですがー 声優の一成さんがいい味をだしてたなぁと。  

 キットはタカラの大きい物と、このニットーのミニサイズ そして食玩の3種が出てたのはさすが主役メカだからでしょうか。 


 ○改修箇所

 デザインではすごく良く出来ているので修正するところは何もないんですが、ものが小さいので少しインパクトに欠ける。 ということでLEDを仕込みライトアップを。

 目?を 丸くくりぬき裏もリューターで肉抜き。
あと、デカールの表側を瞬着でウェーブのレンズパーツに接着。 はめ込みました。
 ついでに額と後頭部も透明プラ棒や伸ばしランナーを使い透過するよう細工してます。

 電池はLR-44のボタン電池を自作BOXを作り、設定上の胴体伸縮ラインから上下に分割。 エポパテで補強したのちはめ合わせ。内蔵式に。

 頭のアンテナをピアノ線とアルミパイプでつくり直し(パーティングライン消すより作業が早かっただけ)や 手も、あまりに表情がないなぁと 上腕を切断少し外側を向くよう固定を変え、左右のひじの角度も変更してます。


 塗装は適当に ベースホワイトにシルバー ジャーマングレー。
キャタピラはタミヤのNATOブラックを塗ったのち、手でこすって艶を出すという暴挙に出てますが いい感じのゴム表現? 


  しかし まぁ 頭までの身長が7cmしかなく かつシンプルなデザインなので実物見ても目立たないんでしょうねぇwww

NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん NO.1012 如何様鍼灸師さん
スポンサーサイト

感想を書く(10件) | TOP▲

No.931 如何様鍼灸師さん:ハーピィ

劇場版クラッシャージョウより 
マーフィパイレーツ戦闘機 ハーピィ 

メーカー NITO スケールは1/144と明記されてます。

高千穂遥 著 小説クラッシャージョウが劇場版となり(小説のタイトルは「虹色の地獄」)

 もう、知ってる人も少なくなったかもれませんが 
主人公の乗る宇宙船「ミネルバ」はおもちゃが出たくらいなのでいまだ有名?

 そこにでてくる敵 海賊が乗る指揮官用?の一人乗り戦闘機で
出番そこそこに落とされて出番薄・・・

ノーマが乗る赤い機体と、ネロが乗る緑の機体があり今回はネロ機で。
なんですが、色指定が 
15イエローグリーン50% + 41レッドブラウン50%に 81蛍光オレンジ少々
(番号はタカラ水彩カラー指定、って持ってるやつがもういないかも)

なんじゃこりゃ? な色だしこんな小さな機体のために混色するのも大変だったので
Mrホビーの水性 81カーキにクリア入れて塗ってます。

ミサイルハッチもホワイトグレー70% + イエローグリーン30%という
どんな色だよww ってな具合なので昔作ったなんかの混色の
ペイルグリーンっぽいいろで塗りました。

 ○キット
当時100円のものなので 全長での11cmしかなく作るのにかなり難儀します・・・

 翼や尾翼を薄く削り、コクピット前のへさき等をエポキシパテを足して鋭角に修正。
フラップも作り直して 機首先もすこし細くしてます。

 ミサイルハッチは金型の構造上いびつになってましたので
一度全部削ってプラ板で作り直し。

後部エンジンは削って穴を開けてますが、言われりゃわかる程度という悲しい話で♪

 エンジンのスラスター等のノズルは穴を開け、
最後にガラスビーズを埋め込んでます。 

  あと 製作の重要ポイント(作るやついないか?)

 そのまま組むと下翼・後部エンジン・上エンジンのすべてが干渉して
取り付けできませんwww

ので、後部エンジンの取り付けを1mmほど下にずらし、
最後の組み立てで 下翼をすり合わせながら削るという所業になりまひた。
(削った塗面は隠れて見えない)


しかしコクピット周りの黒(タイヤブラック)を塗るとき
筆が震えるふるえる・・・


 買ったのはオクでジャンクセットでしたが
まぁ百円のキットにどんだけ手間かけてんだよってぇくらいあそんだあそんだ♪

ハーピィ ハーピィ ハーピィ ハーピィ ハーピィ ハーピィ ハーピィ

感想を書く(17件) | TOP▲

No.954 如何様鍼灸師:ガドフライ

ガドフライ GADFLY
タカラ 1/16 

 劇場版クラッシャージョウより 海賊が使うハンターメカで自動で侵入者を攻撃。
その後OVAの氷結監獄にオレンジ色で再登場していた(見たときゃ唖然としたが)

 でキットの話ですが 当時価格が300円。 
今はプレミア暴利かクズかで 上下の売値幅が二千円位かという価値のわからん状況にありww

 大きさが胴体直径6cm 羽根まで入れると20cm弱と作れば結構かさは食います。
ネットでも作ってる人がいましたが、まぁ徹底的なディティールアップをと製作。
いま バンダイで作ったらこんな感じ?くらいを目標か。

  ○改造箇所。

 四方に広がるアンテナか羽? を薄く飛びそう&軽そうな感じに。
接続部は1mmのスプリングで取り付け 芯がないので折れる心配もない と・・・
 胴体  まずふちを薄く。 アンテナ基部を3mm外側に広げ接着。
これにより見かけがすこし大きくなったような感じになります。
真ん中のカメラ? ひさしをつけ いかついイメージに。
上の丸いカメラ部(であろう)にエッチングでモールド、中を手芸店で購入の半円デコ部品でレンズにしました。

 そして今回の改造のめだま!
下部、オレンジの丸い部分ですが 映画設定では半重力もないしホバー浮遊だろうということで11mmの穴を開け 噴出しをエバーグリーンの波板(ポンチで打ち抜いた)と
プラパイプで作り直し別部品に。 これで塗装後の後はめが可能に。

上下の合わせ目は 艶黒の上にクリアブルーで透明度を持たせ てるつもりww

銃先のエッジを削り 基部はドリルで段差をつけ穴を修正。

上下アンテナは真鍮線。基部に1mmスプリングを使ってますので当たっても折れずに曲がります。


 塗装ですが どうせ消耗品やられメカ。
海賊は金もケチって使える部品は擦り切れてでも使うだろうと
一部新品 ほとんどは使いまわしという雰囲気が見てるみんなに伝わればOKかと。

 ってことで 再販もなくHG化するほどでもなく
いまや大半が 作るよりコレクターアイテムと化するくらいならと
大人気ない修正をしてみました。


 いやー 作りながらLD見直し  やっぱり面白いよね!
ってことで このたびの延長戦でクラッシャー キット製作のモチベあがってますわ♪

ガドフライ ガドフライ ガドフライ ガドフライ ガドフライ ガドフライ ガドフライ ガドフライ ガドフライ ガドフライ ガドフライ ガドフライ

感想を書く(11件) | TOP▲

No.962 如何様鍼灸師さん:シレーン

劇場版クラッシャージョウより 
マーフィパイレーツ戦闘機 シレーン
メーカー NITO スケールは1/144

高千穂遥 著 小説クラッシャージョウが劇場版となり(小説のタイトルは「虹色の地獄」)

 そこにでてくる敵 海賊が乗る一人乗り戦闘機で先に出したハーピィは指揮官用でこっちは一般量産?型。


 ○キット
当時100円 全長11cm はハーピィと同じなんですが、途中で設定と形が違うことが気になり
よせばいいのにかなりの修正を行いました。


 大きくはコクピット下から翼にかけてのラインで、かなりの違いがあるのでポキシパテと肉厚があることを願いつつ削って修正。
 次に機首のバーニア周りの膨らみを再現、ミサイルハッチも一度全部削ってプラ板で作り直し。

ちなみに、タカラの1/100もキットも同じで設定と相違アリww


 あー きりが無いとはわかりつつ、エンジンはかなり変わってまして 元は枠くらいにしかなってませんなww

 あと各部エンジンのスラスター等のノズルは穴を開け、最後にガラスビーズを埋め込んでます。 

 翼等を薄く削りフラップはプラ板で作り直し。


カラーはタカラの1/100を見ると
ホワイト5% 
オレンジイエロー30%
デイトナグリーン65%に蛍光オレンジ少々と こっちもめんどくせぇので
MrホビーのH58 機体内部色で。

 機体が単色でシンプルなので、なんか完成の見栄えが薄い・・・
  
 が、まぁ最初のお約束が出来て胸なでおろし。
 
毎回ですが こういう発表と制作意欲の機会を設けていただいてる管理人さまに感謝し
眠った在庫に重い腰 に、がんばれ自分でも不思議なくらい 動かない手ww 

シレーン シレーン シレーン シレーン シレーン シレーン シレーン シレーン シレーン シレーン

感想を書く(8件) | TOP▲

No.963 アイラさん:スケートボーイ

■作者名 
アイラ

■管理サイト
積みプラ賽の河原
http://blogs.yahoo.co.jp/ailakd

■キット概要
タカラ 「クラッシャージョウ」 1/20スケートボーイ

1983年公開の劇場アニメ「クラッシャージョウ」に登場した、無人攻撃メカ「ハンター」の一種で水上用。
登場作品本編の紹介は、如何様鍼灸師さんの記事ですでにされてるので、そちらにお任せ致します。
劇中ではあっさり破壊された上に、主人公にバラされて使える武器が無いか漁られたりしてましたw
単発映画作品でありながら、こんな端役メカまでキット化されたというのは、本当に良い時代だったんだなぁ、と改めて思います。
クラッシャージョウシリーズのキットは、タカラから13種、ニットーから26種(うち5種はパッケージ絵と成型色違いのバリエーション)発売されましたが、元の設定の都合もありキットごとにスケールがバラバラで、特にこのハンター関係はすべて300円の箱スケール扱いでした。
まぁ、本編ではほんのわずかに出ただけで、300円という価格ですら全然売れず、近年まで老舗模型店などでは売れ残り在庫が残っていたぐらいなので、これが他の人気キットとスケールを合わせて大サイズで出てたところで余計売れなかっただろうとは思いますがw
このスケートボーイは1/20というスケールから見てもわかるとおり、かなりの小型サイズメカで、細い3本の足の先に付いたスキーで水上をアメンボのように滑走し、侵入者を追います。
実は、ニットー版のガドフライと並んで数少ない、当時発売されていたメインキャラのメタルフィギュアと絡ませられるキットではあるんですけどね。

■製作について
基本的にはほとんど素組です。
古いキットながら形状再現は抜群で、細部のディテールも非常にシャープです。もともと固定ポーズのキットなので、今回ポーズ変更などは無し。
本体下部に取り付けられた機銃の銃身が、やや成型時の段差が目立っててキレイに処理するのが面倒だったので、真鍮パイプに置き換えました。
塗装は、取説には完成見本写真やパッケージイラストを参考にしてください、という非常にざっくりとした指示しか書かれて無かったので在庫を持ってる色で適当に対応w
完成見本やカラーの設定画を見ると、本体はもっと明るい肌色っぽい色なのですが、あまり明るすぎるより少し暗い色の方がミリタリーっぽいかな?と思い、タンを調色無しで塗装。
脚部は、完成見本では本体と同じ色の上に適当にシルバーを吹いてる感じで、パッケージだと銀一色というイメージでしたが、こちらは全体を明灰白色、ポイントで部分的にシルバーにしました。
墨入れはジャーマングレーを中心に、追加で泥汚れのイメージでブラウンを足回り中心にウォッシング。
水上用という設定ながら、劇中では綺麗な池や川ではなく沼地で登場してきてたので、それならば足回りや本体下部は当然跳ねた泥で汚れるだろう、と泥汚れ、土汚れをイメージして脚部中心に茶系の色でウェザリングしました。

本当を言うと、自分としてはスカイハイヤーで打ち止めのつもりだったんですが、ロスタイムが日々延びていく中、如何様さんのひとりクラッシャージョウ祭りが非常に楽しそうだったので、この際便乗するかwと思い立ち、持ってるキットの中で簡単に作れてかつ、ネタ被りしなさそうな物という事で、スケートボーイを選びました。持ってるハンターキットがこれとガドフライ、オストールだったので、如何様さんのオストールと被らなくてホッとしてますww

スケートボーイ スケートボーイ スケートボーイ スケートボーイ スケートボーイ スケートボーイ スケートボーイ スケートボーイ スケートボーイ

感想を書く(6件) | TOP▲

No.965 如何様鍼灸師さん:オストール

○オストール

劇場版クラッシャージョウより 
メーカー タカラ スケールは1/32(何で35じゃないんだ・・・)
キット価格300円(今もそれほど変わらないww)

 高千穂遥 著 小説クラッシャージョウが劇場版となり(小説のタイトルは「虹色の地獄」って もういいか)
マーフィパイレーツの無人哨戒メカでダチョウ型のデザインは本編でもコミカルな動きだった。

今回作るに当たり、スケールが32という大きなサイズなので 注意書きデカールをいれ
ベースもジオラマ風に。


 改修点

 大きく変わってるのは足先。
BOXアートにあわせ片足を上げるため&足つき良くするためにつめ等切り離し
上げてる方は真鍮線でつなぎ関節部をエポパテで蛇腹モールド追加。

胴体の後ろ噴出しやミサイルポッドにブキヤのパーツでデコレート。

腹のレーザー横や足先に赤いセンサーが在ったので2mmのメタルボールを埋めこむ。(インテーク後ろのボールもメタルに交換)
足のコードは基部を真鍮パイプ、コードは電線。


 カラーですが、すみれ一色は地味でメリハリも無く面白くないので
今回メカニックアート集を参考に赤のアクセントを。
メインカメラはシルバーにクリアオレンジ。

本体はMrカラーのすみれ色に タミヤのライトグレー+白少々でトーンを抑えました。

後はエナメルの艶なしの黒&茶 タミヤのウエザリングマスターBは今回一連のクラッシャー一連 大助かりでした。

 ベース
今回初めてアクリル板にジオラマ作ってみました(毎回実験すんなよww)

 まずふちにマスキングし、塩ビボンドを塗りたくり 上から砂をまぶして固着。
これで食いつきが良くなりますので あと上から木工ボンドで石膏と砂利をつけてベースに。

持ちはわかりませんが 結構きれいなような?


ってことで 次の10回。
リフレッシュしてお会いしましょう。

オストール オストール オストール オストール オストール オストール オストール オストール オストール オストール オストール オストール

感想を書く(7件) | TOP▲

No.970 如何様鍼灸師さん:ディスクハウンド

○ディスクハウンド

劇場版クラッシャージョウより 
メーカー タカラ スケールは1/25
キット価格300円

 高千穂遥 著 小説クラッシャージョウが劇場版となり(小説のタイトルは「虹色の地獄」
とりあえず 終わりといいつつまた作って時間延ばしてすいませんww

名前の由来は円盤型の猟犬 らしいですが、ネットで探すとフリスビー犬が多くちょっと弱そう♪

ハンターシリーズをコンプ! ってことで再会しましたが、やはり出すなら自分の納得できるものをしてると
やっぱりいじり完成が遅れ つくずく量産に向かない性格はどうにかしないと迷惑しか無いですね・・・

 ○修正箇所

本体のふちやビームの基部を薄くしてシャープさを無理やり強調。
よせばいいのに、後方3箇所の排気ダクトをくりぬきエバーグリーンの波板でモールド再現。
足のホバーダクトもくりぬき フィンの作り直し。

上のアンテナや丸いレーダー?を真鍮線等でつくり直し(パーティングライン消すより作業が早かっただけだが)など。

 サクサク作れるオストールを先に作ってるからかもしんないですが
デザインがどれも独創的過ぎて ディティールアップに別パーツ、があんまり使えずめんどいはなしじゃ。


塗装は適当に ダークグレーをベースにそれらしく。


しかし これがいくらホバーでも 水上に浮くとは考えにくい形ですな。

ディスクハウンド ディスクハウンド ディスクハウンド ディスクハウンド ディスクハウンド ディスクハウンド ディスクハウンド ディスクハウンド ディスクハウンド ディスクハウンド

感想を書く(7件) | TOP▲

No.971 如何様鍼灸師さん:クローラ

○クローラ

メーカー タカラ 1/48

 劇場版クラッシャージョウより 対人用 無人偵察攻撃車両。
車高が高く、タイヤで動く戦車でしょうか。

砲塔が10cm位ですので、48というスケールからしたらかなり大型?

 とりあえず 
ハンターシリーズのコンプ目指して記録的急ピッチ工作なのでまぁ いろいろ突っ込みところもあるでしょうが勘弁してねと。


 ○改造?修正箇所
 砲塔 レーダーおよびミサイル発射機の基部を1mm真鍮線で作り直し強化。
アンテナもスプリングと洋白線にて製作。
後ろの排気口を削り コトブキヤのパーツに交換。

下部のオレンジのブロック状部分、型抜きの関係か 設定と違うので上の部分を削りデザインどおりに。 
 

 ○塗装
 基本をMrカラーのRLM82ライトグリーン 保護色という意味もあり タイヤホイルのシルバーはなしでww

ってことで これにて ホントに今回は終了!

クローラ クローラ クローラ クローラ クローラ クローラ クローラ クローラ クローラ

感想を書く(9件) | TOP▲

如何様鍼灸師さん:シレーン&ハーピィ

年末嫁受け入れの為 かたずけやら準備やらで今年は模型制作が遅くなりコスモゼロがどうなるかわからないので保険を。

てか、ちょっとネタにと思って始めたんですが こっちの方が一気に完成しそうww

4から参加させていただき 振り返れば結構作ったなぁとか思いつつ自分としては年末の恒例行事と化してたところが♪

創る楽しみと見せる喜びを より大きくさせていただいたことを感謝しつつこいつはまた自分でも古き良き思い出と 模型の原点のようなもんかなと。


〇キット名 「クラッシャージョウ」より シレーン&ハーピィ
スケール 1/144
 NITTO(ニットー)

原作 高千穂 遥 小説クラッシャージョウより 劇場版として1983年に公開当時高校生だったわしは映画館に、、、行けなかったような?

ですが それから20年過ぎてもいまだ大好きな作品として小説も読破。

当時ニットーの100円シリーズとタカラ(現 タカラトミー)のキットがありましたが金型残ってないとかで再販は絶望的・・・
(ファイター1はトミーのゾイドシリーズの改造パーツとして出たことがある)

今回の二つのキットは数年前 ヤ〇オク ジャンクのセット買い。

作る機会というか、思い入れがありすぎていたからかなかなか腰が上がらなかったんですが 縁があり作成。

あ、この二つ マーフィーパイレーツという敵側の戦闘機です。


ちなみに 昔からこんな小さなキットを ゴチャゴチャ弄ってるのが大好きで。。。
ついでに現在の進行状況を。

シレーン&ハーピィ シレーン&ハーピィ シレーン&ハーピィ


 

感想を書く(0件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。