懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

NO.1087 ろでむ:スカーツ

■作者名
ろでむ
管理サイト:ろでむの塔
http://blogs.yahoo.co.jp/rodem020079

■キット(メーカー名)
1/130 スカーツ(クラウン)

■登場作品名
機甲界ガリアン
■製作について

騎士っぽさを強調し、固定ポーズで仕上げました。

①首接続方法変更→首はUバーニアを使用し、角度をつけて接着
②足の接続変更→真鍮線
③胴体接続位置ずらし→若干前にずらして接着
④腰アーマー改造→右足を大きく前に出せるよう、干渉する右腰アーマーに切れ目を入れ、角度をつけて再接着。
⑤足首改造→接地性向上のために足を削りました
⑥武器をランスに変更。ベルガギロスより拝借。
⑦背中にマントを追加→ティッシュを使用し、両面テープで貼りました。
⑧モールド彫りなおし。
⑨鳥メカの製作。
劇中では背中のユニットが分 離して独立飛行する鳥メカに変形しますがキットでは再現されてません。
そこでキットのパーツをベースにパテやジャンクパーツでそれっぽく改造し、スカーツの肩に乗っけました。

塗装について
設定カラーが地味な為損してる印象があったので、茶色部分をガイアのパールカッパーに置き換えて塗装しました。
文様部分はGXレッドゴールドを筆塗り。シルバーはメタルカラーのクロームシルバーです。

アイラさんからこのキットを譲って頂かなければ、このキットを手に取ることも、作る事もおそらく「なかったでしょう。
この場を借りて感謝いたします。

スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ
スポンサーサイト

感想を書く(4件) | TOP▲

NO.1079 くろたけ:プロマキス・ジー

作品名    プロマキス・ジー

作者名    くろたけ

使用キット  タカラ 1/100 プロマキス・ジー(復刻版)

登場作品  機甲界ガリアン

概要
  ボーダー王国の遺児ジョジョ(ジョルディ)が探し求めていた伝説の巨人イデオンじゃなくガリアンを発見し
  仇敵である征服王マーダルとの戦いを始める。といった物語です。

懐かしポイント
  1話でボーダー王国を襲う人馬兵の格好良さといったら、もう最高の演出です!
  そして、急展開の物語終盤のマーダルの話など短い話数で終わったことが
  残念なぐらい好きな作品でした。作品内の中世騎士の様な雰囲気が良かったです。

キット概要
  当時のキットもあるんですがこの頃のタカラキットは今では割れやすく扱いが辛いので
  まだマシで、手に入りやすい復刻版の方がおいらは好きですね~。
  キット自体は設定画によく似ているんですが今回は劇中のシュッとした感じの人馬兵を
  目指しました。

改造点

  頭   特に気になるところは額のポッチぐらいなんですが
      カウンターウエイト?を不注意で割ってしまったので自作しています。

  胴体 ねじりができる様にボールジョイントを仕込み糸ハンダで外装を作ってます。
  
  馬体 全長で4mm伸ばしています。
 
  足   脛で2mm、付け根で2mm伸ばしています。

  武器 1.5倍に拡大して自作しています。


今回で懐コンは最後ですがばっち様、参加者の皆様、とても楽しい場所を今までありがとうございました。
これからもネットなどで見かけたらお声をお掛けください。


プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー プロマキス・ジー

感想を書く(6件) | TOP▲

NO.1074 iyahho:水機兵アゾルバ

■作者名
iyahho
管理サイト:岸壁のハ派
http://iyahho.girly.jp/index.html

■使用キット(メーカー名)
1/100 水機兵ザウエル(タカラ)
SAKシリーズ No.6

■登場作品名
機甲界ガリアン

■登場作品概要
ボトムズの後に製作されたSF+ファンタジーなロボットアニメです

■キット概要
投稿済みのザウエルと同じくタカラの再販物で、限定版クリアー成型です(価格不明ですが¥1,000円くらいとの話し)
スピアーガンと専用手首、水中航行用の頭部パーツが付属(モリは付属しません)

・製作
モナカ構造が面倒なのでそのままで問題ない首・肩・手首関節を残して市販関節に置き換え
プロポーションには変更を加えておりませんが、付属のスピアーガンはストックが前腕に干渉してポーズが決まらないので旧ヤクトドーガの可動手首に置き換えています
オマケでモリをプラ板で作成、付属の手首は右手のみ穴が開いているので未発売に終わったアゾルバ・ジーにはモリが付属する予定だったのかもしれません

・塗装
クリア整形の色透けを防ぐため裏側からパープルを塗布
銀を下地にしてガンダムカラーのレッド(7)を筆塗り、白は明灰白色、関節はニュートラルグレーです
最後にエナメルのグレーでウォッシング、半つや消しクリアでトップコートです

■懐かしポイント
シリアルナンバーはNo.6ですからシリーズの中では後発ではあるのですが、既出のキットと比べると関節がイマイチです
と言っても他と比べるとというだけの話なので少し手を加えればそれなりの出来になります

たしかマーダル城のお堀に潜んで警備をしてたかと思います
確か出番はその2、3話だけだったかと思うのですがなぜかキット化されているアゾルバです
モノコットェ・・・

前回の懐コンで既出にも関わらず出してしまって申し訳ありません(´・ω・`)

ザウエル ザウエル ザウエル ザウエル ザウエルアゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ アゾルバ

感想を書く(7件) | TOP▲

NO.1028 iyahho:飛甲兵ウインガル

■作者名
iyahho
管理サイト:岸壁のハ派
http://iyahho.girly.jp/index.html

■使用キット(メーカー名)
1/100 (タカラ)

■登場作品名
機甲界ガリアン

■登場作品概要
先にアップロードしていただいたザウエルの説明をご覧下さい

■キット概要
先のザウエルと仕様は同じです(クリア成型)
ザウエルより先発だけあって完全なモナカで、肘やひざなどのパーツを先に色を塗るところまで持っていく必要があります
ガリアンと比べると肩・ヒジ・股関節・足首にボールジョイントが採用されているなどかなり優遇されています
プロポーションは非常に美しく、手を加える必要はありません
ギミックとしては飛行形態へ変形可能となっており、ベースも付属します
カラバリとして指揮官用のウィンガル・ジーと、銀メッキのハイシャルタット仕様があるようですが本機は一般用です

・製作
説明書通りの完全無改造ですが、肩のカバーとスネ部分は設計不良と思われますので手を入れています
どう見ても幅が足りず、接着しようにも隙間が1mm程開いてしまいますのでプラ板を間に挟んで対応しています
羽根は展開可能ですが組んだら中で固まってしまいました・・・

・塗装
箱を参考にして(クリア版にはカラーの塗装ガイドが付属しません)濃緑色、コクピット色(中島系)を筆で塗装
ザウエルと同じくクリア成型ですので下地を銀で一度塗装しています
胸と腕のレリーフはアニメだと黄色ですが、箱絵を見るともっと暗い色だったのでカッパーで塗りました
最後に茶色でスミ入れしています

■懐かしポイント
活躍しているようで意外にあんまり見なかった覚えがあります
ガリアンが飛んでる時は別ですが、陸戦がメインですから仕方ないのかもしれませんね
キットはめんどくさい作りですがとても良いプロポーションですのでお持ちの方は是非チャレンジしてみてください

飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル 飛甲兵ウインガル

感想を書く(5件) | TOP▲

NO.1008 iyahho: 機甲猟兵ザウエル

■作者名
iyahho
管理サイト:岸壁のハ派
http://iyahho.girly.jp/index.html

■使用キット(メーカー名)
1/100 機甲猟兵ザウエル(タカラ)

■登場作品名
機甲界ガリアン

■登場作品概要
ボトムズの後に製作されたSF+ファンタジーなロボットアニメです
同時期に放送されてたダンバインとはまた違った世界観で、ボトムズが有名すぎてあまり知られていませんが高橋臭あふれる名作です
ボトムズ最高で最低~とか言ってる方で未見の方は是非ご覧になってその世界観を広げていただきたいかと思います

■キット概要
タカラの再販物で、限定版クリアー成型です
クリア成型のせいかインストラクションが白黒だったりします
当時としては設計がかなり練られており、なんと足首以外は全て後ハメ加工不要という作りやすさ
プロポーションは賛否両論あるようですが悪くないかと思います
キットにはザウエル最大の特徴である回転剣(手動で回転可)とシールド、それぞれの手首が付属します
残念ながらパイロットであるランベルのフィギアは付属しません

・製作
プロポーションをそのままに足首のみ後ハメ加工
股関節はキットのままでも3軸が取られておりボールジョイントと同じ動きをしますが、軸がもろくて折れやすいです
案の定製作中に折れてしまい、仕方なく市販のボールジョイントに置き換えています
今回はストレート組みですが、そのままだとヒザ関節がほとんど曲がらないのでそこは手を入れる余地があるかと思います

・塗装
実際の映像を見つつテキトーに調色して筆で塗装しました(クリア版にはカラーの塗装ガイドが付属しません)
クリア成型と言う事でそのままだとどうしても透明感が出すぎてしまうので、下地を銀で一度塗装してなるべく透けないようにしています
装甲の裏側はミッドナイトブルーなどを塗装してプラ感を軽減しています

■懐かしポイント
アニメではありがちな「強力な敵が主人公に負けて仲間になるパターン」で、パイロットのランベルと共に美味しい所を取りまくってたザウエルです
劇中の活躍は無双そのもので、主人公補正で一度ジョルディに負けた以外は無敗、ラストはライバル(笑)なハイシャルタットにすら圧勝しています

イメージは猫科の猛獣といったところでしょうか
頭の左右のツノは耳、黄色いラインは虎模様、体中のスパイクは爪を連想させます
スパイクは全身で14箇所あり、作ってると手にちくちく刺さって痛いです

回転剣という特徴的な武器を装備していること、そしてローラーダッシュという共通点がガリアンにあり、設計思想こそ違うものの設計者は同じなのでは?とか思ったりします(この2機をデザインした人は別人ですが)

玉数が少ないせいか作ってる方は少ないようですが、意外に簡単なので是非作って欲しい名キットです

NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho NO.1008 iyahho

感想を書く(8件) | TOP▲

No.915 真キムさん:水騎兵アゾルバ・ジー

タカラ1/100
「機甲界ガリアン」より
「水騎兵アゾルバ・ジー」

本来は一般機のアゾルバなんですが(赤い奴)
色が違うのと武装が異なるだけなので・・・
指揮官機にしてみました。

限定かなにかでこのジー用の追加パーツ(鉾?)のついた奴もあったようですが・・
持ってないので一般機からの制作になりました。

箱に小さく(すいません、、放置中のやつだったので箱も見つからず・・・)
完成見本画像が載ってまして・・それを見た感じだと出来が悪そうでしたが・・
組んでみたらそんなに酷く感じなかったのでほぼ素組です。

お約束改修として、、、
股関節と足首にB/Jを入れてます。
ただ、膝の可動がほぼ壊滅的だったのであまり派手なポーズはとれません(汗)
あとは動力パイプをスプリングに交換したくらいです。

手首は懐かしの(!)ブキヤのメタルハンド「てっちゃん」です。

キットのまんまの頭部の付け替えによる「水中航行状態」も可能です。
ジー専用の武装はネットで設定画像を拾ってきてプラ材からてきとーに作成(爆)

イメージが違う感じですが・・・まあ、雰囲気だけということで・・・・

アゾルバ・ジー アゾルバ・ジー アゾルバ・ジー アゾルバ・ジー アゾルバ・ジー アゾルバ・ジー アゾルバ・ジー

感想を書く(15件) | TOP▲

No.975 真キムさん:スカーツ

タカラ「機甲界ガリアン」より
1/100機甲猟兵スカーツ

元キットの出来はけっこう良いと思います
デカい手首と頭部(顔)と一体成型の首をなんとかするだけでも充分化けます。

顔と首を分離して首を新造。
肘の可動部にB/Jを仕込んで「ガワラ曲げ?」できるようにしたつもりでしたが
クリアランス不足でB/J効果なし
拳はブキヤの1/100サイズの複製品にキットのトゲを貼り付けしてます
腹を延長してB/J組み込み
股関節と足首にB/J
足首を2mmほど幅詰めしてつま先を分離して(真鍮線軸にて)可動化
キット最大のギミックの「バックインバネス」ですが・・・
羽の可動軸が塗装の際、割れましたので(プラが脆い・・)
プラ板と真鍮線で補修・・・
手持ち武器の「ランサー」はキットのモノは小さい感じだったので
「さいばし」を切ってパテで目止めして塗装しました(笑

スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ スカーツ

感想を書く(4件) | TOP▲

真キムさん:水騎兵アゾルバ・ジー

タカラ1/100
「機甲界ガリアン」より
「水騎兵アゾルバ・ジー」

感想を書く(0件) | TOP▲

No.402 こまちゃんさん

「機甲界ガリアン」より
1/100 ガリアン(タカラ)

ガリアン ガリアン ガリアン ガリアン ガリアン ガリアン ガリアン
▼作者コメントを読む

感想を書く(17件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。