懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

No.902 OHjiroさん:オモロイド サブロン

キット名:オモロイド サブロン
スケール:ノンスケール
登場作品:大河原邦男おもしろメカワールド オモロイド(プラモデルオリジナルシリーズ)
発売元:サニー
管理サイト:「ohjiroのひとりごとhttp://d.hatena.ne.jp/ohjiro/

今回も前回に引き続きオモロイドで参加します。

「アクレムリン軍がおくりこんだ水中型可変メカ・グリンクによって、ディフォルメ星の海底基地に危機が迫った。そこで、ポンタゴン軍が開発したのがこの可変潜水艦サブロンだ。新開発のハイドロエンジンはスピードもパワーもグリンクを上回ったぞ。最強の水中メカ・サブロンの誕生だ。」(箱横の解説より転載)

ということで前回参加したグリンクのライバル機可変潜水艦サブロンを製作しました。

<登場作品について>
オモロイドはガンダムのデザイナー大河原邦男先生が設定画を書き起こしたプラモ専用シリーズです。コミカルにデフォルメされた人型ロボットが乗り物や動物型ロボに変形します。

<キットについて>
今回作成したサブロンはポンタゴン軍の開発した水中型メカ。潜水艦からコミカルなロボに変形します。オモロイドは最初に日東科学がスタートさせましたが後半はサニーに移管されました。さらに金型が中国や韓国に流れたようです。今回作成したキットはサニー製のものです。前回の中国製グリンクは部品が合わないし、ポリキャップが足りないは、デカールが使い物にならないはで難儀したのですが、今回はさすがに国産w全く問題なくスムーズに組み立てることが出来ました。

潜水艦型の時がカワイイ造形でお気に入りです。変形は非常に簡易な物ですが、よく考えられています。

<製作について>
今回もほぼ素組みですw手首をガンプラ用のディテールアップパーツに変更。頭部のカメラシールドをくり抜き透明プラ板に変更し見えるようになった内部メカを適当にでっち上げました。

<まとめ>
ここのところ仕事が出張がちなこともあってなかなかプラモ作成の時間が取れません。そこで確実に参加するためにできるだけ短期間で完成できるキットを選んで作成しました。本当はもっと手の込んだ作品で参加したいとは思っているのですが、なかなかそうも行かなくて、他の皆さんの作品と並べるのは少々気が引けます。素組みですが一応丁寧に仕上げたつもりなのでご勘弁。

最後に、忙しい中楽しい場所を提供してくださったぱっちさんにお礼を。ありがとうございました。次回は最終回とのことですが早めに製作をスタートして、もう少し時間をかけて改造した作品で参加したいと思っています。

サブロン サブロン サブロン サブロン ザボーガー ザボーガー ザボーガー ザボーガー サブロン サブロン サブロン サブロン サブロン サブロン サブロン サブロン サブロン サブロン サブロン サブロン
スポンサーサイト

感想を書く(14件) | TOP▲

No.908 工場長さん:ピボット

キット名:オモロイド ピボット」
スケール:ノンスケール
登場作品:大河原邦男おもしろメカワールド オモロイド(プラモデルオリジナルシリーズ)
発売元:サニー

基本はキットをベースに、
1.プロポーションの変更と、
2.可動部分の拡大、
3.ディテールの追加
を行いました。
幅詰め&幅増し、ポリキャップパーツや1/144ジムの移植、
筋彫りなどが作業の内容となります。
どうぞよろしくお願いします。

ピボット ピボット ピボット ピボット ピボット ピボット ピボット ピボット ピボット ピボット

感想を書く(15件) | TOP▲

工場長さん:ピボット

キット名:オモロイド ピボット」
スケール:ノンスケール
登場作品:大河原邦男おもしろメカワールド オモロイド(プラモデルオリジナルシリーズ)
発売元:サニー
管理サイト:「CUSTOM FACTORY M5」  http://www.geocities.jp/jcshy767/index.html 

参加表明

皆様、初めまして。「工場長」と申します。
今回、数年前に作成した作品ですが、
オモロイドの主役機「ピボット」にて参加させて頂きます。
キットをベースにしつつ、今風にモデュファイしてみます。
どうぞ、よろしくお願いします。

ピボット ピボット ピボット ピボット

感想を書く(0件) | TOP▲

OHjiro:サブロン

キット名:オモロイド サブロン
スケール:ノンスケール
登場作品:大河原邦男おもしろメカワールド オモロイド(プラモデルオリジナルシリーズ)
発売元:サニー
管理サイト:「ohjiroのひとりごとhttp://d.hatena.ne.jp/ohjiro/

前回に引き続きオモロイドで参加します。キットは、潜水艦型ロボ「サブロン」です。

「アクレムリン軍がおくりこんだ水中型可変メカ・グリンクによって、ディフォルメ星の海底基地に危機が迫った。そこで、ポンタゴン軍が開発したのがこの可変潜水艦サブロンだ。新開発のハイドロエンジンはスピードもパワーもグリンクを上回ったぞ。最強の水中メカ・サブロンの誕生だ。」(箱横の解説より転載)

当時価格400円。

今回もよろしくお願いします。

サブロン サブロン

感想を書く(0件) | TOP▲

No.804 OHjiroさん

グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク グリンク

キット名:オモロイド グリンク
スケール:ノンスケール
登場作品:大河原邦男おもしろメカワールド オモロイド(プラモデルオリジナルシリーズ)
発売元:Kitech(中国製再販 オリジナル金型は日東科学)
管理サイト:「ohjiroのひとりごと」http://d.hatena.ne.jp/ohjiro/

今回は懐かしプラモの在庫の中から、完成品をまだ見たことがなくまた見てみたいものということで、オモロイドを5体仮組み。その中で締め切りまで時間がなかったこともあって、出来がよいグリンクを選びました。

<登場作品について>
オモロイドは日東科学のプラモ専用シリーズ。ガンダムのデザイナー大河原邦男先生デザインのコミカルにデフォルメされたメカシリーズで、人型ロボットから乗り物や動物型ロボに変形するのが特徴です。発表当時作ってはいないのですが、コミックボンボン(多分)の記事に掲載された設定画をみてワクワクしたのを覚えています。

アニメ化などはされていませんが一応ストーリーや設定があります。キット付属の広告によると主人公の少年「オーク・カワラス」(wデザイナーである大河原邦夫先生の名前のもじり)はポンタゴン軍に所属し主人公メカ「ピボット」を駆って、敵の帝王ビュアリン率いるアクレムリン軍と戦います。ア軍にはガンダムのシャアの立ち位置のキャラとしてカブトムシ型メカ「ヴィーグル」にのる「ドルテモ・ランク」も設定されています。

<キットについて>
今回作成したグリンクは敵のア軍に属する水中型メカ。ボトムズ風カメラのデフォルメロボから、大きな胸ビレをもった水棲恐竜型メカに変形します。オモロイドの金型は、シリーズ前半は日東科学が製造、シリーズ後半は途中で移管されたサニーが設計製造したそうです。従ってシリーズ前半と後半でキットの出来が違う。前半の日当科学設計のキットによいものが多い。今回のグリンクは多分日東科学設計によるもので出来はよい。ただし私が入手したキットは、サニーからさらに金型が中国に流れた後製造されたもの。部品が合わないは、ポリキャップが足りないは、デカールが使い物にならないはで少々難儀しました。

<製作について>
素組みですw改造は市販パーツによるディテールアップのみ。

<まとめ>
裏テーマは自作デカール。5月に製造終了と同時に注文し夏に入手した後放置してあったALPSマイクロドライプリンタMD5500をつかってデカールを印刷してみること。MD5500は白印刷、ページ合成、また印刷が水に強いなど、いわば唯一無二のデカール自作用プリンタです。今回はこのプリンタの使いこなしに悪戦苦闘。結局マーキングの7割は塗装とマスキングで対応しました。数少ない自作デカールを使用したところも何とかギリギリ合格点といった処。正直まだまだノウハウが必要ですね。ただ一通りの手順は経験しましたので、一応当初の目的はクリアしたことにしておきます。

最後に、忙しい中楽しい場所を提供してくださったぱっちさんにお礼を。ありがとうございました。次回も是非。

グリンク グリンク グリンク グリンク

感想を書く(18件) | TOP▲

OHjiroさん:オモロイド

キット名:オモロイド グリンク
スケール:ノンスケール
登場作品:大河原邦男おもしろメカワールド オモロイド(プラモデルオリジナルシリーズ)
発売元:Kitech(中国製再販 オリジナル金型は日東科学)
管理サイト:「ohjiroのひとりごと」http://d.hatena.ne.jp/ohjiro/

今回は、懐かしプラモの在庫の中から、完成品をみたことがなく、またみてみたいものということで、オモロイドを選びました。

手持ちの5種類すべて仮組みしてみたのですが、締め切りまでの時間がないので、まずは出来がよく手がかからないと思われる「グリンク」をまず完成させます。残りは余裕があれば追々w

今回もよろしくお願いします。

クリンク クリンク クリンク 

感想を書く(0件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。