懐コン・オッサン連中が懐かしがって昔のキット作っちゃうのかよ!コンペ

懐コンでは製作者が懐かしいと感じる古いプラモデル作品を投稿していただき、展示しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no-comment | TOP▲

NO.1035 ゆけむり:A級 HM バッシュ

● 作者名
yu_kemuri
ゆけむり WORKS → http://yukemuriworks.blog.fc2.com/


● 登場作品名
重戦機エルガイム


● 使用キット
バンダイ 1/144 A級 HM バッシュ (本編)


● キット概要
1984年発売の 1/144 ヘビーメタルシリーズ No.10 です。
総じてキットの出来は A級 よりも B級 HM の方が良いと言われていますw

チョーカコイイボックスアートに惹かれて買うと
箱に印刷された作例写真とキットの出来は少々残念でした。
ディティールの再現は非常に良いと思うのですが、
各パーツのバランスや位置・角度等を変えるだけで見違えるのですが、
当時の少年にはそんなテクはありませんでした。

また、キットにはバスターランチャーが付属していますが、
いわゆるバッシュの準備稿のデザインとは異なるエルガイム MK2 用
となっていたのも残念ポイントでしょうか。


● 制作
理想のプロポーションに近づくよう各所を切り貼り改造しました。
ところどころポリキャップ化を行いましたが、
可動範囲はあんまり変わっていません。

・頭
マスクをプラ板から新造。
頬のラインを滑らかに。頭頂部を尖らせ気味にパテで改修。

・胴体
胸・腹・腰が一体成形のため、分割。
ゴム製という設定の腹はキットを芯にヒートペンにてスクラッチ。
胸は3分割して横方向に幅詰め。
腰は股関節をボールジョイントに変更。
股間の隙間になんちゃってムーバブルフレーム的パーツを詰め込んでいます。

・腕
肘関節をアフターパーツの球体関節に置き換え。
下腕にロール軸を新設。ナガノ曲げ対応。
手首は HG ハンブラビのものをベースに削りこんで作成。
バインダーとミサイルランチャーはネオジム磁石にて接続。

・脚
股関節にボールジョイントの受けを埋め込み。
おしりアーマーの受けも 4mm ボールジョイントに変更。
太モモは2mm 延長。
膝関節フレームは全体的に細く思えたので、プラ板を張って幅増し。

・足首
脚との接続は引き出し式のボールジョイントに変更。
後ろツメは、短く切り詰め。また可動ギミックを新設。
つま先とフレーム部分はパテでボリュームアップ。
足裏はちょい MH 風味にプラ板等でスクラッチ。

・バスターランチャー
あちゃー。3本ケーブルを付けないまま写真撮っちゃいました(涙

・塗装
当時は(今も?)永野氏のコメントに因り、A級 HM はメタリック塗装で
ピカピカ仕上げとゆーのが多かったのですが、好みで筆塗りツヤ消し仕上げにしました。
エアブラシが途中から不調になってしまったからでは断じてありませんw
最近は筆目が見えないと、なんとなく物足りない感じがしてしまいますww


●懐かしポイント
バッシュはエルガイムよりも先にデザインされたそうですが、
今でも FSS に同じ名前・デザインコンセプトのロボットが出てくるので、
あまり懐かしさは感じられないカモしれませんねーw


●謝辞
ついに懐コンも FINAL ということで、主催のばっちさんお疲れ様でした。
エントリーされている皆様、見てくださっている皆様もありがとうございました。
今後も旧キットを作っていくと思いますので、よろしくお願いいたします。

A級 HM バッシュ A級 HM バッシュ A級 HM バッシュ A級 HM バッシュ A級 HM バッシュ A級 HM バッシュ A級 HM バッシュ A級 HM バッシュ A級 HM バッシュ
スポンサーサイト

感想を書く(8件) | TOP▲

No.903 iyahhoさん:ディザード

■作者名
iyahho

■使用キット(メーカー名)
1/144 ディザード(バンダイ社)

■登場作品名
重戦機エルガイム

■登場作品概要
エルガイムは皆さんご存知かとは思いますが、詳しくない方はwikiあたりをご参照に
私はダンバインの後番組という事で続けて見ておりました
当時はエルガイムかっこいい!と喜んで見ておりましたが最近観返すとそうでもなかったり
世界観やデザインなどは最高レベルではありますが、展開がちょいと遅い&理不尽だとか思いました
しかしながらメカニックはやはりすばらしいの一言に尽き、後番組である機動戦士Zガンダムに与えた影響は計り知れないかと思います
また、この作品を知っているかいないかで永野護のFSSの楽しめ方が変わってくるかと思います

■キット概要
永野氏による関節や内部パーツの再現が魅力ですが、各関節はプラスチックな上に後ハメが不可なので敷居は非常に高いかと思います
一方でプロポーションはすばらしいので関節の敷居を乗り越えれば非常に良い完成品が見られます

・頭
首関節をポリキャップに変えた以外はキットのままです

・胴体
肩の可動が「上下」だったので「左右」に変更

・腕
肩カバーを後ハメ加工、ヒジはイエサブの球体関節にしたのでヒジを外側に向けたまま曲げる事が可能になりました
手首はポリ製のものを他キットから

・足
股関節はボールジョイントに、ヒザはポリランナーを使用して後ハメ加工、足首は取り付け位置を工夫してプロポーションを変えずに前後に長く見えるようにしています
ランダムストレートの展開はキットのままでも再現されています

・付属品その他
パワーランチャーはキットのままだと取り付け用のダボを介して取り付ける形ですがカッコ悪いので直接取り付ける形に改造、対してシールドは付属のダボ+ボールジョイントで接続しています
セイバーは紛失したのでオミットです

・塗装
外装はシャインレッド、内部フレームはフレッシュをメインに塗装、細かい所は筆塗りです

■懐かしポイント
永野氏による「動く関節」そしてそれを再現しようとするバンダイの熱意が良い感じです
現実はほとんど動かなかったりプラ関節という事で保持力が弱かったりするのでそこの改修をメインに作業しました
前述しているように関節のみ手を入れており、プロポーションには一切手を加えていません
オマケで他の派生機と並べて見ましたが全く似ていません
そのうちマークIを作ったら並べてみようかと

ディザード ディザード ディザード ディザード ディザード ディザード ディザード ディザード ディザード ディザード ディザード ディザード

感想を書く(17件) | TOP▲

No.959 kopannさん:エルガイムマーク2

バンダイ製ロボチェンマン エルガイムマーク2

前述の亀仙人と同じく、同一ランナーから多色成型の「いろプラ」がウリのものです。

当時価格500円

初版モノです、年代クレジットが見当たらないんですが、亀仙人が1986年ですから同時期くらいかと~

簡易変形ゼンマイ走行のシリーズもの「ロボチェンマン」です、他に画像の種類のものがラインナップされてたようですが、私の持ってるのはこれっきりです。

概要としては、B社が出してた模型情報誌にディフォルメキャラとしての連動記事やら、他社のチョロQやチョロキャラ(ゴーグとかチョロダグラム)を受けての背景だったかと

小型ゼンマイ使用、部品分割も適度で作りやすいです。
小さいものながらモールドもしっかり入れられてます。
この当時のB社のキャラの再現度って物凄く高いんですよね、アラレチャンシリーズとかもしかりで、このマーク2ヘッドなんて本作のものを超えてるんじゃないかというような出来です。

開発になみなみならん力を注入してたんですかね?
今になると殆ど記憶の彼方に消えたアイテムですが、あの当時のとりまく状況とかを考えると感慨深いですね~

今よりも、あの当時の頃に、色んなプラモや模型雑誌を買ってたような気がします、今のようにガンプラ一色ではなかったですし(いや、今もスケールや多くのアイテムはありますが)、キャラとしてもダグラム、ボトムズ、あとなんでしたっけ?
模型雑誌も各種出てて、先行情報公開で読者をひきつけてました~
そのころにマシーネン(SF3D)や妖怪ものもあったように思います。

バラエティに溢れてた時代ですかね~

エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2

感想を書く(5件) | TOP▲

iyahhoさん:ディザード

■キット■
ディザード

■登場作品■
重戦機エルガイム

■発売元■
バンダイ

■管理サイト■
岸壁のハ派

■コメント■
重戦機エルガイムよりディザードです
今回もプロポーションを変更せずに関節のポリ化のみで工作を行います
塗装はプロトタイプの赤を予定しています

ヌーベルディザード ヌーベルディザード ヌーベルディザード ヌーベルディザード

感想を書く(0件) | TOP▲

NO.B18 如何様鍼灸師さん

○オージェガール スクラッチ部門 参加作品 

AUGE(オージェ)+GIRL(ガール)=AUGIRLオーガール?

ツクダ1/12 イクサー1(以後イク) とバンダイ1/114オージェ(以後オー)のミキシングビルド(ニコイチ)
どころか1/100オージェの頭やらこまかな部品を取ってきてるので
限りなくもったいないお化けの三個一・・・

 発想は単純 昔からのMS少女(明貴美加でなく ずっと昔の模型情報。)を自分で作る。
から始まり ようやく最初の一人目が完成。(めちゃ難産!)



 == 製作 ==

 オージェのキットが 素直に合うだろうと思ったところが甘かった。
切った貼ったは当たり前で 半分は使えない部品(イクは手首と前髪以外はすべてキットの芯となるが。)
で、バランスがとれず 結局エポキシパテでスクラッチしてるのとかわらないような。。。

 ○頭 
前髪はパテでつくり イクの後ろ髪とつなぎ合わす。
どうせならと 操縦者(ヘッドライナー はFSSか)のネイ・モーハンをイメージし
自分としてはうまくいってる気はしますがどんなもんでしょ?

ヘルメット?は1/100を中央で5mm延長やらスカートをパテで延長作り直すやらで
これが最初に失敗だったかなぁとか。

 
 ○胴体
ウエストラインからあわせ オーを切りちゃちゃくり。
腰は前後の部品を使い 後はパテの削りたおし。

 腕は 肩からバインダーをほぼキットのまま移植。
前腕は、結局変な2重関節のため 加工したイクの腕にはめ込む形に。

両手の先は リボルテックの可動人形から3mmのプラ棒でそのまま挿してあります。
(二作目は こっちを芯にと構想 計画中♪)

 ○足
塗装の都合上 ひざ 足首でカット。
オージェのすね部品はひざアーマーを先に切り 
ひざの隙間を少なく を足首が広がるように角度をつけ 中央で約5mm幅詰め。 

足首は オージェの部品にあわせパテやら何やらで成型 
ヘビーメタルといえば やっぱりシリンダー! ってわけで 1/100から部品を取ってきましたが
大きいのでむりむり足首に積めてます・・・

 
== 塗装 ==

 金色部分 グンゼラッカーの金を下地に、Mrホビーのスーパーゴールドをハイライトに上塗り。

 茶色部分 レッドブラウンにカッパーを混ぜ下地に。 その上からブラックスモークを吹き トーン調整。

 設定上での青い部分(バインダーの先や正面インテークみたいなやつ)
グンゼメタルブラック+Mrスーパーシルバー+ブモークブルーを混色。
みんな金属色なのに、ここだけ青いのはおかしい! っというこだわりでした。


ランサー ウエーブのサーベル こいつのために買ってきましただよっ!


 ベースはライトニングベース を分解し 透明板の下に オーロラ色の色紙をひく。
そうするとライトが力尽きても結構きれい♪(どうでもいいがな。。。)


ウエストと手はタミヤアクリルのミディアムブルーの混色。


ぎりぎりまで試行錯誤の作品
でした。

オージェ オージェ DSC_0019_20100115005853.jpg DSC_0024_20100115005853.jpg DSC_0025.jpg オージェ オージェ オージェ DSC_0096_20100115005852.jpg DSC_0035_20100115005852.jpg オージェ オージェ

感想を書く(11件) | TOP▲

如何様鍼灸師さん

スクラッチ・改造部門

仮名 オージェのガールで AUGir (オーガール?)

使用キット
バンダイ 1/144 オージェ
バンダイ 1/100 オージェのあたまのみ・・・
ツクダ  1/12  イクサー1(キットは加納渚とセット)

 改造、と言うよりはミキシングビルド(今は言い方違うのかな?)
というキットを合わせた複合製作物です。

懐かし度合いは キット自体も古いものですが メカと女の子の融合というのも懐かしかったりして。。。
(古くはガンダム少女、最近は戦車と飛行機の擬人化もあるけど。)

上手くいけばセットでエルガイムもとの構想はありますが けっこう合わせに時間がかかり 途中で作業が止まってました。

今回番外編ということなので、如何様的模型表現フルパワーで参戦しますだよ。

オージェ オージェ オージェ オージェ オージェ

感想を書く(4件) | TOP▲

NO.717 Toshikiさん

「重戦機エルガイム」より
1/144 ヌーベル・ディザード (バンダイ)
ヌーベル・ディザード ヌーベル・ディザード ヌーベル・ディザード ヌーベル・ディザード ヌーベル・ディザード ヌーベル・ディザード ヌーベル・ディザード ヌーベル・ディザード 


▼作者コメントを読む

感想を書く(12件) | TOP▲

如何様鍼灸師さん

開催が早くなってるので、思案して 早めにテンションあげるためにも排水の陣?ww 実際は完成するかちょっと微妙なんですが勢いで参加表明します。

バンダイ エルガイムmkⅡ  1/144

ダンバインの後番組として放送、キャラ&メカデザイナーの永野護を世に知らすべき作品となった。

そして見かけがまったく同じのチャム・ファウ=リリス・ファウの平行移動キャラも 当時は転げまわって驚いたもんですが この声優の川村万梨阿(ガウハレッシィと2役)と結婚。 

は、どうでもいい話だが このエルガイムの設定の中に数々の裏設定(MkⅡの額にはファティマがいたり)があり その後複線がファイブスターストーリーズとして 月刊ニュータイプで漫画で連載 映画の1本出来たが その難解なストーりーと模型にするのは原型泣かせなメカデザインは いまも進化しつつファンもおおい。



キット説明。

見て頂けるとわかりますが 実は作りかけ。
このスケールで完全変形を目指してましたが設定とポリ部品等の違和感がありすぎ挫折。

1/100のMk2や144のエルガイムが新金型で発売され 旧キットが不燃ゴミ同然の扱いになり 泣きながらたんすの肥やしになった人も少なくないはず(わしは2つも持っている。。。)


ってことで、目指すは無変形。
目指すはハセガワバルキリーのような プローラー!

けっこう(てか、かなりか?)ハードルが高く 完成できるか いまだ構想だけで 未だ頭にビジョンが浮かんでませんが・・・

今回がんばって見ます。

これで見通しつけば、1/100にもシフトできるから・・・

エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2 エルガイムマーク2

感想を書く(2件) | TOP▲

NO.614 akicyanさん

重戦機エルガイム」より
1/24 フロッサー スパイラルフロー (BANDAI)

スパイラルフロー スパイラルフロー スパイラルフロー スパイラルフロー スパイラルフロー スパイラルフロー スパイラルフロー スパイラルフロー スパイラルフロー スパイラルフロー スパイラルフロー
▼作者コメントを読む

感想を書く(22件) | TOP▲

Toshikiさん

【登場作品】重戦機エルガイム
【キット名】ヌーベル・ディザード
【スケール】1/144
【メーカー】バンダイ
【メインサイト】]模型深夜最終便 http://ameblo.jp/mokei/

新進気鋭若手デザイナー(当時)だった永野護氏のデザインワークス(だけ?)
が高評価だった『重戦機エルガイム』より、後半せくしぃな出で立ちで再登場し
たガウ・ハ・レッシィ姉さん(当時)の愛機です。

プラモデルシリーズでは最後発(当時)となったため、Heavy Metal独特のプロ
ポーションや構造解釈等は煮詰まったものになったようで大枠では良好です。

実はこの機体、劇中には登場しませんが『飛行形態に変形する』というウラ設定
(当時)があったらしく、『誰も見たことがないが実在するらしい』というイエ
ティや原人バーゴンのような扱いを受けているフシギな存在でもあります。
永野氏の小さな描き下ろしイラスト1点しか現存しないその姿を、イマジネー
ション全開で白日の下に晒そうと今日も我々製作隊は作業を続けるのだった…
(年末まで続く)

ヌーベルディザード ヌーベルディザード ヌーベルディザード

感想を書く(2件) | TOP▲


当ウェブサイトは、正しく表示する為に以下のウェブブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。

また当ウェブサイトでは、JavaScriptを使用しています。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを無効にしている場合、正しく表示されなかったり機能しない場合があります。ウェブブラウザの設定でJavaScriptを有効にしてご覧ください。

懐コン・ナツコン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。